自動車保険加入・更新・見直しの流れ

自動車保険に加入するにあたり、新規での加入や現在加入している保険会社を変更する場合等には必ず保険会社に見積もりを取らなければなりません。現在の保険を継続する場合でも契約内容の確認をおこないます。保険会社にもよりますが、満期日の3〜4ヶ月前から加入手続きが可能です。
早めに準備をするに越したことはありませんが、満期日の何日前に見積もりをする人が多いのでしょうか。

インズウェブ利用者の割合(2015年11月利用者)

インズウェブ利用者の割合
契約開始までの日数 自動車保険に
初めて加入する
自動車保険に
現在加入している
7日前 56.6% 6.8%
7〜30日前 32.3% 25.6%
31〜60日前 7.9% 41.1%
61〜90日前 2.3% 22.1%
90日以上 0.9% 4.4%

インズウェブの利用者では、初めて自動車保険に加入する人の56.6%は1週間前、既に保険に加入している人の41.1%は1〜2か月前に一括見積もり請求サービスを利用しています。自動車保険の契約手続きだけでなく、各社の見積もりの比較・検討する時間を含めて、余裕を持って準備をすすめたほうがいいでしょう。
また、保険会社を変更する場合は、前契約が満了して7日経つと等級が引き継げなくなります。7等級以上の方は6等級からのスタートとなってしまいますので、注意してください。

初めて自動車保険に加入する場合、保険会社を変更する場合、同じ保険会社に継続する場合の見積もりから契約までの流れを紹介します。

見積もりから契約までの流れ

見積もりや加入に必要な書類

見積もりや保険契約をおこなう場合、保険に加入する車の情報や、契約している保険内容が必須になります。主に車検証・運転免許証・保険証券の3つですが、初めて保険に加入する人は保険証券は不要になります。
ここでは、必要な時にすぐに確認できるよう、各書類に記載されている内容や管理方法を紹介します。

・車検証

自動車に関する情報(車のナンバーや、車台番号、型式、所有者・使用者の氏名、車検の有効期間等)が記載されています。各種手続きをおこなう上で必要になる書類です。
<管理方法>
運転時の携帯が義務付けられているため、車内(ダッシュボード等)に保管する人が多いようです。ただし、車上荒らし等には注意しましょう。

・運転免許証

免許証の色や取得日が記載されています。
<管理方法>
運転時の携帯が義務付けられています。身分証明書としても利用できるため、財布内など常に携帯している人が多いようです。

・保険証券(初めて加入する場合は不要)

保険内容に関する情報(自動車保険の契約者名、保険期間、ノンフリート等級、補償内容等)が記載されています。
なお、インターネットで契約すると、証券不発行割引で保険証券が発行されない場合があります。その場合は自分で印刷・保管しましょう。
<管理方法>
運転時に携帯する必要はありませんが、車内(ダッシュボード等)に保管しておくと事故が起きても保険会社に連絡する時にスムーズになります。保険証券は家に保管し、保険会社への連絡用に証券番号を控える人もいるようです。

その他必要な書類

車検証・運転免許証・保険証券以外にも、見積もりや保険会社の登録情報の変更手続きなどに必要になる書類があります。引越しした場合や、車を運転する人が変更した場合などにスムーズに手続きができるよう、チェックしておきましょう。

・中断証明書

以前に車を廃車や譲渡等をしても、中断証明書を発行していた場合、自動車保険を中断する前の等級を引き継ぐことができます。見積もりをするときには、以前の契約情報が必要になるので、しっかり保管しておきましょう。

・車両入替

車を買い換えた場合、新しい車での車検証が必要になります。

・車の所有者の変更

車の譲渡等で車の所有者が変更になった場合、名義変更後の車検証が必要になります。

・引越し

引越し等で住所が変更になった場合、保険会社によっては、変更後の住所が記載されている車検証や免許証が必要になる場合があるので、手元にあった方がいいかもしれません。

・運転者範囲、年齢条件などの変更

新たに子供を運転者に加えたい時など、年齢条件が変更になる場合があります。「●歳以上補償特約」など運転者の年齢を限定する特約をつけていた場合、年齢条件に当てはまらない人は補償の対象になりませんので注意しましょう。 変更時に特に必要書類はありませんが、保険会社独自の申込書などが必要な場合あります。また、保険会社によっては、インターネットから各種変更手続きが可能です。

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大