自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

自動車保険を安くするには

20代の自動車保険料は高くなりがち… 安くする方法は?

投稿日:

20代のうちは30代~50代と比べて自動車保険の保険料は高くなりがちです。しかし、20代は給料もまだ少なく余裕があまりないことも多く、できる限り保険料は安くしたいものです。20代の自動車保険料がなぜ高くなってしまうのか、安くする方法はあるのか説明します。

20代の自動車保険料はなぜ高い?

20代の自動車保険料は総じて高い傾向にあります。なぜ20代の保険料が高いのか説明します。

事故率が高いから

10代や20代は統計的に他の年代と比べて事故率が高いので保険料も高く設定されています。自動車保険の保険料は事故率が高く保険金を支払う可能性が高い層の保険料は高く、逆に事故率が低く保険金を支払う可能性が低い層の保険料は低くなっています。事故率が高い20代という集団に属しているうちはどうしても保険料は高くなってしまいます。

等級が進んでいないから

自動車保険料を決める重要な要素の一つに等級制度があります。等級は1等級から20等級まであり、等級が高いほど保険料の割引率も高くなります。新規契約時は6等級(セカンドカー割引適用時は7等級)から始まり、1年間保険を使う事故を起こさなければ翌年度に1等級上がり、逆に保険を使うと事故の内容によって翌年度から事故ごとに3等級あるいは1等級下がります。20代のうちはまだ等級が進んでいないことが多く、割引率もそれほど高くなっていないので保険料が高くなってしまうのです。

自動車保険の等級制度とは?無事故で保険料が安くなる!
自動車保険には等級制度というものがあり、保険料を決めるうえで重要な役割を果たしています。事故を起こさない人の保険料が安く、事故を起こした人の保険料が高くなるようになっています。保険料を安く抑えたいので ...

続きを見る

保険料を安くするには?

20代でも工夫次第でいくらかは自動車保険料を安くすることができます。20代でもできる自動車保険料を安くする方法を紹介します。

同居親族から等級を引き継ぐ

車購入時などタイミングが限られますが、高い等級を持っている同居親族がいれば等級を引き継げないか相談してみましょう。例えば、親が20等級を持っている場合、親の自動車保険で新しく購入した車に車両入替を行い、さらに子供の名前に名義変更することで20代でも割引率が高い20等級を手に入れることができます。親は新規で自動車保険に入り直さなければなりませんが、年齢が進んでいるので20代が新規に入るよりも親と子の合計の保険料は安くなることが多いです。親の自動車保険の方は運転者限定や年齢条件を厳しくするなどできる限り保険料を安くする工夫を行いましょう。

書類に捺印
自動車保険の名義変更のポイントと等級引継ぎ
自動車の所有者が変わった場合や、使用状況が変わった場合など、自動車保険の名義を変更する必要がある場面がいくつかあります。ただし、新規の契約ではなく、等級をそのままに名義の変更をするのにはいくつかの条件 ...

続きを見る

一つ注意が必要なのは、この方法を使うには高い等級を持っている親族と同居している必要があるということです。大学進学や就職を機に一人暮らしをしている場合には使えないので気を付けましょう。

運転者限定・年齢条件を厳しくする

運転者限定や年齢条件を厳しくすることで保険料を安くすることができます。運転者限定は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)を中心とした補償される人の範囲で、本人限定や本人・配偶者限定などがあります。自分一人しか運転しないのであれば本人限定などの厳しい条件にすることで保険料を安くすることができます。

自動車保険は運転者の限定で安くなる
自動車保険料を節約する方法の一つに、自動車保険に「運転者限定特約」をつけることがあります。だれが運転してもよい状態から運転する人を限定することでリスクを減らし、結果として保険料を安くすることができるの ...

続きを見る

また、年齢条件で補償される年齢を限定することでも保険料を安くできます。全年齢補償よりも21歳以上補償、21歳以上補償よりも26歳以上補償が安くなりますので、運転する同居親族で一番若い人の年齢に合わせて適宜年齢条件を見直していきましょう。なお、年齢条件の対象となるのは記名被保険者と配偶者および同居の親族のみです。年下の友人や後輩などが運転するという場合でも年齢条件を設定する際には考える必要はありません。

保険料を安くする「年齢条件」の適切な設定方法とは?
10代・20代は交通事故を起こしやすいという統計データがあります。年齢条件を設定して事故を起こしやすい年代の人を保険の補償範囲から外せば保険料を安く抑えることができるのですが、その設定方法には少し間違 ...

続きを見る

車両保険の免責金額を大きくする

車両保険をつける場合は免責金額を大きくすることを考えましょう。免責金額とは、いわば自己負担金額のことで、事故等で車両保険を使うときに免責金額の分は保険金が支払われずに自己負担する必要があります。保険会社が支払わなければならない保険金が減るので保険料も安くなります。万が一の事故の際にいくらの自己負担なら問題ないかを考えたうえで、無理のない範囲で免責金額を大きくすることも考えてみましょう。

自動車保険
車両保険の免責金額とは?いくらに設定する?
自動車保険に車両保険を付帯するときに決める必要があるものに「免責金額」があります。何やら硬い感じの言葉と「0-10万円」のような二つの数字が書いてあり、意味がよくわからないという方もいるのではないでし ...

続きを見る

また、車が中古車の場合などはそもそも車両保険が必要なのかも考えてみましょう。車両保険をつけると保険料が大きく上がってしまう上に、保険金額(支払われる保険金の上限額)は時価相当額なので中古車の場合はあまり大きな金額で設定できないです。ローンで購入した場合などは中古車でも車両保険の必要性は高いですが、そうでなければ車両保険の必要性についても考えてみましょう。

中古車
中古車でも車両保険は必要?つけた方がよい人とは?
新車を購入した場合、車両保険をつける人は多くいますが、中古車を購入した場合は車両保険をつけるべきか迷う人も多いようです。中古車であっても車両保険をつけた方がよいのはどのような場合か紹介します。また、車 ...

続きを見る

月払ではなく年払にする

まとまったお金を支払う余裕があるのであれば月払ではなく年払で保険料を支払いましょう。一般に、月払の保険料は年払の保険料よりも5%高くなります。一度に大きなお金を支払うのは厳しいという場合や家計の管理のしやすさから月払のほうがよいという場合などを除いて年払で支払うことも検討してみましょう。ただし、契約の途中で解約する予定が立っているのであれば、月払の方がお得なことが多いです。年払もいくらかは保険料が返ってきますが、返ってくるのは月割りした未経過分の保険料よりも少ない額であることがほとんどです。

割引制度を活用する

保険会社によって様々な割引制度が用意されています。それらをうまく活用すれば保険料を安くすることができるかもしれません。満期日よりも45日など一定の日数以上早く契約することで割引を受けられる早期契約割引、紙の保険証券を発行せずにWebページで見る形にする証券不発行割引、Webサイトから契約することで適用されるインターネット割引などがあります。保険会社によって用意されている割引や割引率・割引額が異なるので、複数の保険会社の自動車保険を比較してみましょう。

保険会社を見直す

自動車保険は同じ条件であっても保険会社によって保険料が異なります。現在保険代理店を介して契約する代理店型自動車保険に契約しているのであれば、主にインターネットで契約するダイレクト型自動車保険(ネット型自動車保険、通販型自動車保険)に変更するだけで保険料を安くできるかもしれません。ダイレクト型自動車保険は間に代理店を挟まないので、代理店手数料がかからない分、保険料を安くすることができるのです。

パソコンを見て悩むカップル
ネット自動車保険はなぜ安い?デメリットは何かある?
テレビCMなどでもネット自動車保険の広告をよく見かけるようになってきました。ネット自動車保険は「ダイレクト型」、「通販型」などとも呼ばれますが、「代理店型」の自動車保険よりも保険料が安いことが特徴です ...

続きを見る

また、ダイレクト型自動車保険の間でも契約する年齢や補償内容などでどこの保険会社が一番安いのか変わってきます。しかし、一社一社見積もりを取って安い会社を探すのは大変です。そこで、一番安い自動車保険を探すには一括見積もりサービスが有効です。運転者の情報や車の情報、希望する補償内容などの情報を入力することで、一度に同じ条件で複数の保険会社から見積もりを取ることができます。一括見積もりサービスを利用して複数の保険会社の見積もり結果を比較し、保険料が安い保険会社を探しましょう。

まとめ

20代は事故率が高く、等級が進んでいないことから自動車保険料は高くなってしまいます。保険料を安くするためにも、等級を引き継ぐ、運転者限定・年齢条件を厳しくする、保険会社を見直すなどの方法を実施してみましょう。保険会社を見直す場合は自動車保険一括見積もりサービスが便利です。一度に複数社の見積もりが取れるので一社一社個別に見積もりを取るよりも楽に比較ができます。ぜひ、一度活用してみてはいかがでしょうか。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

-自動車保険を安くするには

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.