SBIホールディングス運営 自動車保険一括見積もり比較サイト

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

自動車保険の車両入替は納車日当日でもできる?

投稿日:2022年8月16日 更新日:

車を買い替えたら自動車保険で車両入替の手続きが必要です。自動車保険は「人」単位の契約ではなく「車」単位の契約なので、契約対象の車両が変わったのであれば保険会社に連絡して手続きを行う必要があるのです。しかし、ついつい手続きを忘れたまま納車日当日になってしまったということもあるかもしれません。そうした場合、納車日当日でも車両入替を行うことはできるのでしょうか?

マチカフェドリンク(120円) ×2プレゼント中!!

キャンペーン概要はこちら

納車日当日でも車両入替は可能

車両入替は納車日当日になってしまっても手続きを行うことは可能です。最近はWeb上のマイページで車両入替の連絡ができる場合も多いので、新しい車で補償を受けるためにも気が付いた時点で早めに手続きを行いましょう。Web上での手続きが難しい場合、保険会社にもよりますが、コールセンターへの電話や代理店での手続きでも車両入替を行うことが可能です。

納車日前に手続きを行うのが理想

車両入替は納車日当日に行うことも可能ですが、納車日が決まった時点で手続きを進めておくことが理想です。車両入替を行わないと原則として新しい車で事故時の補償を受けることができません(多くの会社で猶予期間がありますが、一定の条件を満たす必要があります)。納車日当日に手続きに時間を取られないように、また、確実に新しい車で補償を受けられるように、事前に保険会社に連絡して手続きを進めておくことをおすすめします。

補償対象の車はいつ切り替わる?

車両入替が完了すると補償の対象が古い車から新しい車へと切り替わります。それでは具体的に切り替わるタイミングはいつなのでしょうか?納車日前に手続きを行った場合と納車日以降に手続きを行った場合とに分けて説明します。

納車日前に手続きを行った場合

納車日前に車両入替の手続きを行った場合、車両入替を行う日として指定した日付に補償の対象が切り替わります。この日付は普通、納車日を指定します。

それでは納車日当日のいつに切り替わるかというと、新しい車が納車され、新しい車に乗った時点です。例えば、ディーラーまで古い車に乗って引き取りに行き、帰りは新しい車に乗って帰るという場合では、行きは古い車の方が補償の対象となり、帰りは新しい車の方が補償の対象となります。

新しい車を運転した時点で補償対象が切り替わります

納車日以降に手続きを行った場合

納車日以降に車両入替の手続きを行った場合は変更手続きをした時点で新しい車の方に補償の対象が切り替わります。ただし、次の段落で詳細を説明しますが、納車日以降に車両入替ができるのは一定の期間内のみです。それを過ぎると車両入替を行えず、新しい車での自動車保険の補償がなくなってしまいます。補償を受けるためには新しく自動車保険を契約する必要があり、これまで進めてきた等級が無駄になってしまうので気をつけましょう。

車両入替を忘れてしまっていた場合、猶予期間はある?

納車後も車両入替を忘れてしまっていたという場合でも、多くの保険会社では猶予期間が設けられています。猶予期間は「新しい車の取得日から30日以内」というような期間で設定されていることが多いです。あくまでも猶予期間であり、いつまでも待ってくれるわけではないので注意しましょう。納車日前に手続きを進めるのが基本です。

車両入替の手続き完了前に事故を起こしたら?

車両入替前の事故では原則としては補償を受けられませんが、猶予期間が設けられている保険会社であれば一定の条件の下で古い車と同じ補償内容で補償を受けることができます。なお、車両保険については古い車の保険金額ではなく、新しい車での保険金額で補償されます。

条件というのは、入替後の車が新たに取得した車であり、新しい車の取得日から30日以内など保険会社が定める期間内に車両入替の手続きを完了した場合などの内容です。猶予期間ギリギリで事故を起こしてしまった場合、急いで手続きを終わらせる必要があります。

また、車両保険については注意が必要です。対人賠償や対物賠償などは基本的に車を変えても補償内容は変更しないので問題ありませんが、車両保険については「古い車にはつけていなかったけど、新しい車にはつけたい」ということがあると思います。しかし、猶予期間で受けられる補償は古い車での補償内容です。古い車での契約で車両保険をつけていなければ新しい車でも車両保険の補償を受けることはできません。

まとめ

車両入替の手続きが納車日当日になってしまった場合でも手続きを行うことは可能です。しかし、納車日からしっかりと新しい車で補償を受けるためにも、納車日当日にバタバタとしないためにも、納車日が分かった段階で事前に車両入替の手続きを行っておくことが理想であることは忘れないようにしましょう。

納車後も車両入替の手続きを忘れてしまっていた場合でも、多くの会社では車の取得後30日以内などの猶予期間が設けられています。この期間内であれば車両入替を行うことができ、車両入替前に新しい車で事故を起こしても、一定の条件の下で古い車の補償内容で補償を受けることができます。

しかし、車両保険など補償内容の見直しを行うべきであること、猶予期間を過ぎると新しい車での補償がなくなり、等級が無駄になってしまうことなどを考えると事前に手続きを進めておきたいです。最近では多くの会社でWeb上のマイページで車両入替の連絡を行うことができるので、納車日が分かった時点で手早く手続きを進めてしまいましょう。


堀田健太

著者情報

堀田 健太
東京大学経済学部金融学科を卒業後、2015年にSBIホールディングス株式会社に入社、インズウェブ事業部に配属。以後、一貫して保険に関する業務にかかわる。年間で100本近くの保険に関するコンテンツを制作中。

マチカフェドリンク(120円)プレゼント中!!

自動車保険は比較で安くなる!

キャンペーン概要をご確認ください。

個人情報不要!自動車保険料相場Check!

3つの質問で簡単に自動車保険料相場が分かります!
まずは手軽に相場を知りたいという方はぜひ利用してみてください!

LINEで確認したい方はこちら

友だち追加

テレマティクス保険特集

テレマティクス保険特集

(注)当ページは自動車保険に関する一般的な内容を記載しています。個別の保険会社に関する内容は各保険会社様へお問い合わせください。

この記事の感想や自動車保険に関する質問などをX(Twitter)のDMより募集しています!
※一括見積もりサービスのご利用に関するご質問や、保険商品や保険会社に関するお問い合わせはこちらでは受付できません!

インズウェブSNS公式アカウント

  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note
  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • youtube
  • pinterest
  • note
\インズウェブのお得情報を発信!/友だち追加

記事が参考になったらシェアお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。(保険の窓口インズウェブとは

-基礎知識
-

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.

\自動車保険は比較で安くなる!/

このボタンから限定!マチカフェドリンク(120円)×2プレゼント中!
キャンペーン概要を必ずご確認ください

マチカフェドリンク(120円)×2プレゼント中!
キャンペーン概要を必ずご確認ください