自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

自動車保険の等級引継ぎ方法

投稿日:

自動車保険の等級は保険会社を乗り換えても引き継ぐことができます。また、一定の条件を満たせば家族間で等級の引き継ぎをすることができます。ただし、等級の引き継ぎにはいくつかの注意事項があります。引き継ぎに失敗すると再び6等級から始めないといけないので、無事故で進めた等級を無駄にしないようにしましょう。

等級とは

改めて自動車保険の等級について説明しておきます。等級とは保険会社各社が導入して共同で運用している、契約者の事故歴に応じた保険料の割引・割増を適用する制度です。

等級は1等級から20等級まであり、20等級に近づくほど割引率があがります。新規契約時は基本的に6等級から始まりますが、セカンドカー割引が適用される場合は7等級からスタートします。1年間事故を起こさなければ翌年に1等級上がり、逆に事故を起こして保険を使うと1事故につき3等級または1等級下がります。なお、起こした事故の内容によっては事故の件数としてカウントされず、等級が下がらない場合もあります(ノーカウント事故)。

1年間、保険を使わなければ次年度に等級が一つ上がります

自動車保険を乗り換える場合の等級引継ぎ方法

一部共済を除き、自動車保険を乗り換える場合でも問題なく等級を引き継ぐことができます。満期日を迎えるのを機に乗り換える場合でも、契約期間の途中で解約して乗り換える場合でも等級を引き継ぐことができます。なお、契約期間の途中で解約して乗り換える場合、それまで無事故であっても等級は上がりません。等級を上げるには乗り換えてから1年間無事故である必要があります。また、乗り換え前に事故を起こしていた場合、切り替えのタイミングで等級が下がってしまします。もちろん事故有係数適用期間も引き継がれます。

自動車保険を乗り換える場合、無保険期間を作らないように現在の保険満期日と次の契約の保険始期日を同日にすることが多いです。この場合は等級の引き継ぎは特に問題ありません。ただし、次の契約の始期日まで日にちを開ける場合は注意が必要です。解約日(満期日)の翌日から7日以内に次の契約の保険始期日がないと原則として等級を引き継ぐことができません。

次の契約までに期間が開いてしまう場合の等級引き継ぎ方法

自動車保険の等級は、解約日(満期日)の翌日から7日以内に次の契約の保険始期日がないと原則とし引き継ぐことができません。車を手放す、海外に渡航するなどの理由で次の契約まで期間が開いてしまう場合は、前の契約の保険会社に連絡して「中断証明書」を取得しましょう。中断証明書の発行によって、10年間等級を保存することができます。

ただし、中断証明書の発行には以下のような条件があるのでご注意ください。(※条件については保険会社によって異なる場合があります。詳細については保険会社にご確認ください。)

  1. 中断する契約の次の等級が7等級以上であること(中断する契約の保険期間中に事故を起こしていた場合、事故内容によって下がる次の等級が7等級以上である必要があります。)
  2. 中断日(解約日または満期日)以前に以下のいずれかに該当すること
    • 廃車・売却(譲渡)・リース会社への返却
    • 車検切れ
    • 車両入れ替えにより、他の保険契約の対象となる
    • 車両の盗難
    • 災害による滅失
  3. 中断日(解約日または満期日)の翌日から13カ月以内に中断証明書の発行の請求をすること

ただし、海外転勤等で日本を離れる場合は以下のような条件となり、車を手放す必要はありません。

  1. 中断する契約の次の等級が7等級以上であること(中断する契約の保険期間中に事故を起こしていた場合、事故内容によって下がる次の等級が7等級以上である必要があります。)
  2. 中断日(解約日または満期日)から6カ月以内に記名被保険者が出国またはその予定であること
  3. 中断した契約が帰国(再入国)前の最後の契約であること
  4. 中断日(解約日または満期日)の翌日から13カ月以内に中断証明書の発行の請求をすること

また、中断証明書を利用して自動車保険を契約する際にも、中断証明書の有効期限内であること、中断日の翌日から10年以内に新規取得自動車に新契約を締結すること(国内特約)、記名被保険者の出国日の翌日から10年以内、かつ、帰国日の翌日から1年以内に新しい契約を締結すること(海外特約)などの条件があります。こちらについても、詳細は保険会社にお確かめください。

家族間の等級引継ぎ方法

自動車保険の等級はいくつかの条件を満たせば家族間でも引き継ぐことができます。条件について確認しておきましょう。

等級を引き継げる続柄

等級を引き継ぐことができるのは、「記名被保険者の配偶者」「記名被保険者の同居親族」「記名被保険者の配偶者の同居親族」です。友人や知り合い、会社の後輩などには引き継ぐことはできません。ちなみに、親族とは、「6親等以内の血族」および「3親等以内の姻族」を指します。配偶者は内縁関係でも認められますが、保険会社に内縁関係であることを証明する必要があります。

一つ注意が必要なのは、親族が等級を引き継ぐには記名被保険者または配偶者と同居している必要があるということです。子供が車を購入したので等級を引き継ごうとしたが、進学や就職のために別居していたので引き継げなかったということがよくあります。進学、就職、結婚などを機に別居となる予定があるのであれば、同居しているうちに等級の引き継ぎをしておきましょう。

等級を引き継げるタイミング

等級の引き継ぎができるタイミングも限られています。家庭で利用する車を増車するか、自動車保険に加入中の自動車を廃車・譲渡・返却するタイミングであれば等級の引き継ぎができます。これは、車両入替を利用して等級の引き継ぎを行っているからです。等級の引き継ぎでよくあるパターンとしては、同居する子供が車を購入するので、等級が進んだ親から子供に等級を引き継ぎ、等級を譲った親は新規契約するというものです。

自動車保険は、事故率が高い10代や20代の保険料が高くなっています。さらに子供の契約では年齢条件は厳しくできず、ゴールド免許割引の適用なども難しいです。そこで、親の等級を譲渡して、親は「年齢条件」の設定を厳しくするなどして新規契約することで、親の契約の保険料は上がってしまいますが、子供の契約の保険料を大きく抑えられ、保険料の総額を抑えることができるのです。

自動車保険一括見積もりでさらに節約

親の等級を子供に引き継ぎ、親が再び新規契約する場合、親が新規契約する保険会社は今までと同じ保険会社である必要はありません。そこで、自動車保険の一括見積もりで保険料をさらに節約しましょう。

自動車保険の一括見積もりは、一度の情報入力で複数の保険会社から自動車保険の見積もりを取ることができるサービスです。これを使うことで、少ない労力でより保険料が安い保険会社を見つけることができます。譲渡前の保険会社を吟味して選んでいたとしても、新しく契約する際は契約の条件が変わっているので保険料が安い保険会社も変わっている可能性があります。ぜひ一度、自動車保険の一括見積もりを利用して、保険料を比較してみてはいかがでしょうか。

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.