自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

保険期間の途中に運転者限定・年齢条件の変更はできる?

投稿日:

自動車保険料は運転者限定や年齢条件を付けることによって安くすることができます。しかし、運転者限定や年齢条件の範囲外の方が運転中に事故を起こしてしまったら補償を受けることができません。子供が帰省時に運転するなど範囲外の人が運転する必要性が生じた場合に、保険期間の途中でも条件の変更はできるのでしょうか。

運転者限定・年齢条件とは

そもそも運転者限定や年齢条件とはどのようなものなのか説明します。いずれも補償される運転者を限定することで事故のリスクを減らし、それによって保険料を安くできるという仕組みとなっています。

運転者限定特約とは

運転者限定特約とは、補償される運転者の範囲を限定する特約のことです。例えば、運転する人を本人・配偶者に限定した場合、子供や友人など記名被保険者本人やその配偶者以外の人がその車を運転して事故を起こしても補償されません。記名被保険者(主に車を運転する人)を中心として誰が運転しても補償される状態から、運転する人を限定する(=保険金請求のリスクを小さくする)ことで保険料を安くすることができるのです。

限定できる範囲

運転する人を限定するといっても、自分と友だちのAさんといとこのBさんに限定するというように好き勝手に限定範囲を決められるわけではありません。限定できる範囲はおおむね、本人限定、本人・配偶者限定、家族限定の3つです。保険会社によっては本人限定や家族限定がない場合もあります。最近の流れとしては核家族化や単身世帯の増加などから家族限定が廃止され、代わりに本人限定が新設される形となっています。

限定する範囲運転できる人保険料
限定なし誰が運転しても補償される高い↑保険料↓安い
家族限定本人+本人の配偶者+同居の親族+別居の未婚の子
本人・配偶者限定本人+本人の配偶者
本人限定本人のみ

※家族限定について、保険会社によって限定できる範囲が異なる場合があります。

自動車保険は運転者の限定で安くなる
自動車保険料を節約する方法の一つに、自動車保険に「運転者限定特約」をつけることがあります。だれが運転してもよい状態から運転する人を限定することでリスクを減らし、結果として保険料を安くすることができるの ...

続きを見る

年齢条件とは

運転者の年齢条件とは、自動車保険を契約する際にあらかじめ契約対象の車を運転する人の年齢を制限する事で保険料が安くなる仕組みです。10代や20代前半などの若年層は事故率が高いという統計データがあり、そうした年齢代の人を補償対象外とすることで保険料を安くすることができるのです。また逆に、全年齢を対象とすると保険料は高くなります。

限定できる範囲

年齢条件で限定できる範囲は保険会社によって違いがありますが、おおむね全年齢補償と21歳以上補償、26歳以上補償、30歳以上補償、35歳以上補償の中のいくつかとなっています。家族内の運転する人の中で一番若い人に合わせて設定するとよいでしょう。各条件で補償される人の範囲は以下の表のようになっています。

限定する範囲運転する人の年齢保険料
20歳以下21歳~25歳26歳~29歳30歳~34歳35歳以上
限定なし高い↑保険料↓安い
21歳以上×
26歳以上××
30歳以上×××
35歳以上××××

年齢条件が適用される範囲

年齢条件が適用される範囲は記名被保険者(主に車を運転する人)と配偶者および同居の親族です。それ以外で運転する人がいてもその人の年齢は年齢条件の設定で考慮に入れる必要はありません。例えば、下宿している大学生の子供が帰省時に運転するという場合でも年齢条件は大学生の息子に合わせて設定する必要はないのです。ただし、年齢条件は問題なくとも運転者限定で制限されていた場合は補償の対象外となるので注意してください。

運転者の年齢条件って何?
10代、20代は他の年代と比べて事故の当事者となる確率が高いことが統計データよりわかっています。運転者の年齢条件で自動車保険の補償の範囲に入る下限の年齢をあげることによって、事故を起こす確率が小さくな ...

続きを見る

保険期間の途中で付け外しや変更はできる?

保険期間の途中であっても運転者限定や年齢条件の付け外しや限定範囲の変更は可能です。運転者限定を本人・配偶者限定にしているけど、子供が帰省してくるので一時的に運転者限定を解除したいという場合や、逆に高齢の親が乗らなくなったり子供が独立して乗らなくなったりして限定を付け加えたい、変更したいという場合は保険会社や代理店に連絡してみましょう。保険会社の中にはWeb上での手続きが可能なところもあります。

変更によって保険料が変更となる場合もありますので、金融機関の口座の情報(限定を強くするなどして保険料の返還が生じた場合)やクレジットカードの情報(限定を解除するなどして保険料の追加が発生した場合)を用意しておくとスムーズでしょう。

注意点はある?

保険期間の途中で運転者限定や年齢条件を変更する場合の注意点について紹介します。

補償開始日を確認する

条件の変更がいつから適用されるのかしっかりと確認しておきましょう。手続きした当日から適用される場合もあれば翌日からという場合もあります。変更が適用されていないうちに運転して事故を起こし、補償を受けられなかったということがないように注意が必要です。

年齢条件は変更の必要がない場合も

先も書きましたが、年齢条件が適用されるのは記名被保険者・配偶者・同居の親族です。別居の子供が帰省するという場合や年下の友人が運転するというような場合でも年齢条件を変える必要はありません。勘違いして保険料を無駄払いしないように注意しましょう。

元に戻す場合も連絡が必要

子供が帰省している間だけ条件を変更するというような場合、元の契約内容に戻すのにも再度保険会社に連絡して手続きをする必要があります。一時的に条件を緩めているという場合では保険料が高いままとなり、一時的に条件を厳しくしているという場合は補償範囲から外した人が運転するときに補償を受けることができません。元の条件に戻す必要がある場合には忘れずに保険会社に連絡して変更手続きを行うようにしましょう。

1日自動車保険という手も

一時的に自動車保険の補償範囲外の人が運転するという場合、その人に1日自動車保険に入ってもらうという手もあります。1日自動車保険とは、その名の通り1日単位で加入することができる自動車保険です。友人・知人の車を借りて運転するという場合や実家の帰省時に親の車を借りて運転するという場合など他の人の車を借りて運転する際に加入できます。

自分の自動車保険の補償範囲を緩めた場合、その間の保険料が値上がりしてしまいますし、さらに事故を起こして保険を使ったら自分の自動車保険の等級が下がって保険料が高くなってしまいます。1日自動車保険に加入してもらえば、自分の保険の保険料は変わりませんし、万が一事故を起こしても加入した1日自動車保険の方を使うので自分の自動車保険の等級は下がりません。

自分の子供や友人に車を貸すという場合でも事故時の取り決めをどうするのかはなかなか面倒な問題だと思います。そうした面倒ごとを避ける意味でも1日自動車保険に加入するというのは意味があるでしょう。

車のキーの受け渡し
1日自動車保険はどんな保険?補償内容は?
1日だけあるいは数日だけ友人や実家の車を借りて運転したいというときに便利なのが1日自動車保険です。ここ数年で多く名前を聞くようになってきましたが、どのような保険なのでしょうか。1日自動車保険の基礎知識 ...

続きを見る

まとめ

保険期間の途中であっても運転者限定や年齢条件を付け外ししたり範囲の変更をしたりすることはできます。保険会社に連絡して変更の手続きを行いましょう。その際には変更がいつから適用になるのかはしっかりと確認して無保険の状態で運転することがないように注意が必要です。

また、子供の帰省など数日だけ車に乗る人が増えるというような場合では1日自動車保険も有効です。自分の保険の変更手続きは必要なく、万が一事故を起こしても1日自動車保険の方を使うので自分の等級は下がりません。

いずれにしても、誰がどの保険の補償範囲に含まれているのかをしっかりと確認し、万が一のときに補償を受けられないということがないように注意するようにしましょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

  • この記事を書いた人
アバター

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供します。

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.