地震による車両損害、保険はどうなるの!?

地震大国の日本。今や、いつどこで大地震に巻き込まれても不思議ではない状況です。万一の事態に備えて、自宅の建物や家財に「地震保険」をかけている人は大勢いらっしゃると思いますが、残念ながら、車は「家財」ではないため、地震で車が損傷を受けても、対象外です。 では、大切なマイカーが地震で被害を受けてしまった場合、自動車保険で守ることはできるのでしょうか。 早速、いくつかの損害保険会社の自動車保険パンフレットを確認してみたところ、車両本体の補償は、火災・爆発・落書き・いたずら・窓ガラスの破損・台風・洪水・盗難・飛来物などが担保されると記載されていましたが、「地震」という文字は見当たりませんでした。つまり、通常の車両保険の場合は、地震でマイカーが破損したとしても保険金はおりず、自腹で修理するか、買い替えなければならないということになります。 しかし、パンフレットでは大々的に謳っていないものの、実は国内損害保険会社の中には、車両保険の担保範囲を「地震・津波・噴火」まで、広げることが可能な会社もあるのです。ちなみに、20等級の軽自動車で補償範囲を拡大させた見積もりを取ったところ、約2,000円しか値上がりしませんでした。意外に安いですね。

ただし、車両保険の補償範囲の拡大は、無条件にOKというわけではありません。地域によっては引受制限が厳しくされているようですので、まずは代理店に確認してみることをおすすめします。 一方、自動車保険以外に目を向けてみると、こんな保険もありました。たとえば、自宅が地震で損壊した場合、その損壊度合いと保険の契約内容によっては、用途が自由な保険金(100万円)が支払われるという「地震費用保険」です。これは、地震の被害で車の修理や買い替えが必要になった場合に、即、役に立ちそうですね。

近年、大規模な地震が相次いでいます。地震被害が心配という方は、次の自動車保険の更改時には、車両保険の補償範囲を「地震・津波・噴火」まで拡大できるか、もしくは、「地震費用保険」をつけることはできるか、などを代理店に確認してみてはでしょうか。

ジャーナリスト:柳原三佳

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大