ドライバーの「年齢条件」に要注意

先日、ある女性から、私の元にこんなメールが入ってきました。

「20歳になったばかりの弟が、私の車を運転して追突事故を起こしてしまいました。すぐに自分の車の保険会社に事故報告を入れたのですが、なんと、“運転者の年齢条件に当てはまらない”と言われ、自動車保険は使えないことになりました。証券を確認してみたら、確かに『21歳未満不担保』でした。そういえば、私は去年21歳になったので、年齢条件を変更していたのです。本当にうっかりしていました…」

相手のドライバーにケガがなかったのが不幸中の幸いでしたが、車の修理代は、結局、弟さんが自腹で払うことになったそうです。お姉さんとはわずか1歳違いですが、1歳でも条件から外れていれば、それは仕方ありません。

「年齢条件」を決めるときの注意点

自動車保険(任意保険)には、下記のような「年齢条件」があり、それによって保険料にかなりの開きが生じてきます。一言で言うと、若年層は事故率が高いため保険料も高く、逆に、年齢が上がるにしたがって保険料も安くなる、という仕組みです。

主な年齢条件

※保険会社や契約内容によっても条件は異なります
年齢問わず担保
何歳の人が運転しても保険の対象になる
21歳未満不担保
21歳以上のドライバーが対象
26歳未満不担保
26歳以上のドライバーが対象
30歳未満不担保
30歳以上のドライバーが対象
35歳未満不担保
35歳以上のドライバーが対象

つまり、上記のような条件が設定されている保険商品の場合、21、26、30、35歳の各誕生日を迎えたら、その都度自動車保険の年齢条件を変更すればよいのです。年齢条件の変更を忘れて、高い保険料のまま契約を続けている人は意外に多いので、この機会にぜひチェックをしてみてください。

「子供特約」を有効活用

しかし、年齢条件変更の際に気をつけなければならないのは、その車を運転する可能性のある他のドライバーの年齢です。基本的には、家族の中で最も低い年齢の人に条件を合わせておくことが第一ですが、それをしないのであれば、“年齢条件の合わない人にはハンドルを握らせない”ということを徹底しなければなりません。兄弟や親子でも、そこはシビアにならざるを得ないでしょう。

よくあるのが、免許を取ったばかりの子供が、ある日から親の車を借りて乗るというパターンです。この場合、両親だけが乗っていたときは、「35歳未満不担保」でよかったのですが、子供が20歳以下の場合は、「年齢問わず担保」に変更しておく必要があります。

現在は「子供特約」というものが登場し、子供の年齢条件を他の運転者とは別に定めることが出来るようになりました。ですから、年齢条件を元から変更する前に、まず保険会社にこうした特約があるかどうかを問い合わせてみてください。ただし、この特約は、子供自身が所有する車や、主に使用する車には適用されませんので、気をつけましょう。

ジャーナリスト:柳原三佳

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大