自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

事故有係数適用期間とは何?

投稿日:2018年8月8日 更新日:

自動車保険は同じ等級であっても無事故の場合と事故有の場合とで保険料が異なります。事故有の場合、無事故の時より低い割引率が適用されます。この低い割引率が適用される期間のことを「事故有係数適用期間」といいます。

事故有係数適用期間とは

事故有係数適用期間とは、ノンフリート等級の割引率を計算する際に使用する「事故有係数」を「適用する期間」の事を言います。
この適用する期間については、等級ダウン事故で何等級下がったかがそのまま積算され最長6年になります。

  • 事故無契約者(事故有係数適用期間が無い契約者)
  • 事故有契約者(事故有係数適用期間が有る契約者)

事故有契約者の場合には、事故無契約者と比べて同じ等級であっても保険料は高くなります。例えば、同じ17等級であっても、事故なしで16等級から17等級に上がった場合の保険料よりも、20等級から事故を起こして17等級に下がった場合の保険料の方が高くなります。

事故有係数適用期間の事例

例① 18等級で3等級ダウン事故があった場合の等級係数と適用期間

事故有係数適用期間は事故を起こした翌年に事故有契約者として3年(3等級ダウンの場合)になり、以後無事故であれば毎年減っていき、最終的には0(無事故契約者)になります。

例② 18等級で1等級ダウン事故があった場合の等級係数と適用期間

事故有係数適用期間は事故を起こした翌年に事故有契約者として1年(1等級ダウンの場合)になり、1年間無事故であれば翌年には無事故契約者になります。

例③ 18等級で3等級ダウン事故1件、その翌年および2年後にそれぞれ3等級ダウン事故1件があった場合の等級係数と適用期間

事故有契約の間にさらに事故を起こした場合、事故有係数適用期間がその分追加になります。ただし、上限は6年です。

例④ 18等級で1等級ダウン事故1件、その翌年に3等級ダウン事故1件があった場合の等級係数と適用期間

例③の事故の初回が1等級ダウン事故だった場合のケースです。
事故有係数適用期間1年の間に、3等級ダウン事故を起こすと事故有係数適用期間は翌年3年になります。

保険料負担が高くなる「事故有係数」とは

事故有係数とは、ノンフリート等級制度における事故有契約者の場合の割引増率の事です。

同じ等級であっても、前年契約で事故があった契約者と無かった契約者を比べた場合において、事故があった契約者の方がリスクが高い傾向にあったため、これを是正する目的で事故有係数が導入されました。

事故有係数の有無による割引増率の詳細はノンフリート等級のページをご参照ください。

自動車保険のノンフリート等級とは何?
自動車保険の保険料を決めるうえで重要な要素となるのが等級制度です。1年間保険を使用する事故を起こさなければ等級が上がって保険料が安くなっていき、逆に保険を使うと等級が下がって保険料が高くなっていきます ...

続きを見る

まとめ

事故有係数適用期間は、事故有係数という事故有契約者に適用される割引率をどれだけ適用するかという期間を示す言葉です。
事故を起こしてからしばらくの間は保険料が上がる期間になっており、この期間の間にさらに事故を起こすと保険料が上がる期間がより長くなっていきます。

事故有になってしまった場合に保険料を安くするには、安全運転を心掛けて事故を重ねないようにするのが大切です。また、それと同時に、一括見積もりで少しでも保険料が安い保険会社を探してみるのもよいでしょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.