自損事故保険

自損事故保険はどんな時に活躍をする?

交通事故には、必ず相手がいるとは限りません。 たとえば、

「ハンドル操作をあやまってガードレールに突っ込んでしまった」
「コーナーを曲がりきれずガケから転落した」といった単独事故も多く発生しています。

こうした事故の場合、他人である同乗者についてはその車についている自賠責保険が支払われますが、運転者本人の死亡や傷害については、自賠責保険から保険金は支払われません。

また、車対車の事故でも、「信号待ちで停車している車への追突」や「センターラインをはみ出して対向車と衝突」といったケースのように、すべての過失が一方の運転者にある事故も少なくありません。相手の車の過失がゼロならば、たとえ運転者がケガをしたり死亡しても、相手の車の自賠責保険や任意の対人保険は支払われないのです。

こういう事故が起こったときに最低限の補償をしてくれるのが、任意保険の「自損事故保険」です。運転者(被保険者)が自らの責任で起こした自動車事故によって死亡したり、傷害または後遺障害を被った場合に保険金が支払われます。

この自損事故保険は一般的には自動付帯となっておりますが、人身傷害保険と補償が重複する部分もあることから、人身傷害保険が付帯される場合には、不担保となる商品が多いようです。自損事故保険は、自賠責保険などから補償を受けられない場合のみ支払われますのでご注意ください。

ドライバー自身を守る最低限の補償

自損事故保険の上限は、死亡保険金が1名につき1,500万円、後遺障害保険金が1名につき50万円〜2,000万円といった必要最低限のものとなっています。また、入院や通院があった場合については

入院時
入院日数1日につき・・・6,000円
通院時
通院日数1日につき・・・4,000円
(入院・通院合わせて1名ごとに100万円限度
が支払われます。

※特約については、その内容が保険会社各社によって異なる場合があります。詳細については、該当商品の約款等で必ずご確認ください。

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大