自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

無保険車傷害保険とは

投稿日:2018年8月20日 更新日:

残念ながら公道を走る車のすべてが自動車保険に加入しているというわけではありません。また、相手の保険金額が十分に設定していないこともあります。そのような無保険車が事故の相手となってしまった場合は無保険車傷害保険が頼りになります。

無保険車傷害保険とは

無保険車傷害保険とは、自分に対して補償をする事故の相手が「自動車保険に入っていない」「補償内容が不十分」な場合に保険金を受け取れる保険です。
支払われる金額は一般的には上限2億円(被保険者1名につき)となり自賠責保険等の保険金額分は差し引かれます。
また、人身傷害保険を請求出来る場合には人身傷害保険から優先して支払われるのが一般的です。
任意保険に入っていない車だけでなく、事故の相手が加入している自動車保険の補償内容が不十分な場合や、事故の相手の過失(飲酒等)によって事故の相手の自動車保険が出ない場合でもお金が出るのが特徴です。

無保険車傷害保険とは

無保険車傷害保険が頼りになるケースとは

無保険車とは一般的には自動車保険(対人賠償責任保険)に契約をしていない車の事です。
自賠責保険は強制保険として加入は強制ですが、自動車保険は任意保険であり加入をしていない車が世の中には存在しており、こういった自動車保険に加入していない車の事を無保険車といいます。

<参考>自動車保険の加入率

自動車保険の加入率はどのくらい?
強制保険ともいわれる自賠責保険に対して、自動車保険は任意での加入となっています。自賠責保険では補償が十分でないことが多いため、多くの方が自動車保険に加入していますが、実際のところ自動車保険の加入率はど ...

続きを見る

無保険車傷害保険ではこういった自動車保険への未加入の車だけでなく、当て逃げなどで相手の自動車が分からない場合、運転者限定違反や飲酒等などの理由で事故の相手の車の自動車保険の保険金が出ない場合、保険金額が足りない場合も無保険車として扱います。
どのような場合を無保険車として扱うかというのは保険会社によって異なりますので、契約を検討する際などには必ず確認しましょう。

無保険車傷害保険を使える場合とは

無保険車障害保険は契約している車に乗っている時しか使える保険ではありません。
他の方の車に乗っている場合や、歩行中での自動車との事故の場合にも使えます。

相手の車が
無保険車の時
契約中の車
に搭乗中
他の車
に搭乗中
歩行中
(車に未搭乗)
記名保険者・家族○補償される○補償される○補償される
上記以外(友人等)○補償される×補償されない×補償されない

※記名保険者・家族とは、記名保険者と配偶者またはこれらの同居の親族もしくは別居の未婚の子を指します。

特に歩行中の場合においても無保険車との事故でも補償されるのが特徴です。
また、ひき逃げの場合で加害者が分からない場合でも保険金が出ますので、お金の面で辛い事にはならない点は大変助かります。

まとめ

無保険車傷害保険は、自動車保険(任意保険)に入っていない車との事故の場合に特に重宝します。自動車保険に加入していない車は世の中に存在しますので、自分や同乗者を守るためにもこの無保険車傷害保険は必ず付けましょう。
※自動附帯になる場合もあり、詳細は検討中の保険会社の情報を必ず確認しましょう。

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.