対物超過(対物全損特約)

対物超過修理費用ってなんですか?

対物賠償を無制限に入っていたのにも関わらず、自腹をきって賠償をしたという話を耳にしたことはないでしょうか。自動車保険はあくまでも、法律上の損害賠償責任の部分しか補償をしてくれません。
例えばこのようなケースあなたは自腹で相手に賠償する必要性があるかもしれません。

[例]
時価額20万円の軽自動車に追突。修理をするには30万円かかるという修理の見積もり。

時価額 < 修理代

このようなケースの場合、保険の対物賠償では20万円しか支払われません。法律上においても、損害賠償義務は20万円までとなります。ただし、道義的な問題などもあるため、残りの10万円の部分に関しては手出しをするか、もしくは保険会社の特約(対物超過修理費特約/対物全損時修理差額費用)でカバーすることもあるようです。対物賠償で無制限に入っているから、全て保険でカバー出来るかというとそうでもないようです。

あくまでも相手の車の修理代が時価額を超えた場合です。一般的には全損扱いとなってしまうのですが、クラシックカーなど古い車などにぶつけることを考えると、加入したほうが安心かもしれませんね。

※補償内容は損害保険会社およびその商品等によっても異なりますので、詳細につきましては各保険会社または代理店に必ずご確認ください。

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大