自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

三井ダイレクト損保の自動車保険

基礎知識

20等級の割引率は?事故を起こしたらどれだけ高くなる?

投稿日:

自動車保険には等級制度というものがあり、保険を使うと等級が下がり、保険を使わないでいると等級が上がります。そして、等級が上がるほど保険料の割引率が高くなっていきます。割引率が最も高いのは20等級ですが、どれくらいの割引率となるのでしょうか?また、事故を起こしてしまった場合、どれくらい高くなるのでしょうか?

※一部の共済では22等級まであります。

自動車保険の20等級の割引率は?

自動車保険の各等級の割増引率は以下の表の通りです。20等級の割引率は、事故なしの場合は-63%、事故ありの場合は-44%となっています。

※保険会社・共済によって異なる場合があります。詳細は契約する保険会社・共済でご確認ください。

 事故なし事故あり
20等級-63%-44%
19等級-55%-42%
18等級-54%-40%
17等級-53%-38%
16等級-52%-36%
15等級-51%-33%
14等級-50%-31%
13等級-49%-29%
12等級-48%-27%
11等級-47%-25%
10等級-45%-23%
9等級-43%-22%
8等級-40%-21%
7F等級-30%-20%
6F等級-19%
5等級-13%
4等級-2%
3等級+12%
2等級+28%
1等級+64%

※「6F等級」「7F等級」は前年に契約のある「6等級」、「7等級」を意味します。

「事故あり」「事故なし」とは?

同じ等級でも事故ありと事故なしで保険料の割引率が異なっています。自動車保険には等級以外に事故有係数適用期間というものがあり、事故有係数適用期間が0年の場合は事故なしの割引率を、1年以上の場合は事故ありの割引率を用います。

事故有係数適用期間は、同じ等級であっても前年契約で事故があった契約者となかった契約者を比べた場合に、事故があった契約者の方がリスクが高い傾向にあったため、これを是正する目的で導入されました。3等級ダウン事故を起こすと3年、1等級ダウン事故を起こすと1年加算され、1年ごとに1年減算されます。事故有係数適用期間の上限は6年で下限は0年です。

事故有係数適用期間とは何?
自動車保険は同じ等級であっても無事故の場合と事故有の場合とで保険料が異なります。事故有の場合、無事故の時より低い割引率が適用されます。この低い割引率が適用される期間のことを「事故有係数適用期間(じこあ ...

続きを見る

事故ありの20等級って?

1等級ダウン事故で1年加算、3等級ダウン事故で3年加算で1年ごとに1年減算という計算方法を考えると、事故ありの20等級はあり得ないように感じられます。しかし、上で紹介した表のように20等級にも事故ありの割引率が用意されています。これはどういうことなのでしょうか。

実は、代理店型の自動車保険で契約できる長期契約の場合に事故ありの20等級というケースが出てきます。保険会社によって計算方法が異なる場合がありますが、等級および事故有係数適用期間の計算式は以下のようになっているので、事故ありの20等級というケースが出てくるのです。

長期契約後の等級の計算式

前契約の等級+(前契約の保険期間の年数-3等級ダウン事故の事故件数-1等級ダウン事故の事故件数)- 3×3等級ダウン事故の事故件数 - 1×1等級ダウン事故の事故件数

事故有係数適用期間の計算式

(前契約の事故有係数適用期間 - 前契約の保険期間の年数 / 2)+ 3 × 3等級ダウン事故件数 + 1 × 1等級ダウン事故の事故件数 - 前契約の保険期間の年数 / 2

※「等級」および「事故有係数適用期間」の計算式で( )内がマイナスになる場合は、( )内は「0」になります。
※事故有係数適用期間の計算結果に1年未満の端数が生じた場合は、その値の小数点以下第1位は切り上げとなります。また、計算結果がマイナスとなる場合は、0年となります。
※等級の上限は「20等級」、下限は「1等級」です。事故有係数適用期間の上限は「6年」、下限は「0年」です。

例えば、事故なし20等級の3年契約で3等級ダウン事故を1回起こした場合、次の契約では事故有係数適用期間が2年の19等級となります。次の契約は1年契約にし、その1年間無事故であったとすると、その次の契約では等級が1上がり、事故有係数適用期間が1年減るので、事故有係数適用期間が1年の20等級という契約が出来上がるのです。

20等級で事故を起こしたら保険料はどれくらい高くなる?

自動車保険は事故を起こして保険を使うと保険料が高くなります。20等級のときに事故を起こすとどれくらい高くなってしまうのでしょうか。

3等級ダウン事故を1回起こした場合

3等級ダウン事故を1回起こし、翌年度の等級が20等級から17等級に下がる場合についてです。対人賠償や対物賠償、自損事故で車両保険を使う場合など、多くの事故が3等級ダウン事故に該当します。

この場合、等級別の割増引率に従って計算すると、保険料のイメージは以下のようになります。

等級割増引率保険料(イメージ)
事故なし20等級-63%30,000円
翌年度事故あり17等級-38%50,270円
2年後事故あり18等級-40%48,650円
3年後事故あり19等級-42%47,030円
4年後事故なし20等級-63%30,000円

※等級の割増引率に従って計算した保険料のイメージであり、実際の保険料とは異なります。
※保険料や割増引率の改定がないと仮定して計算しています。

1等級ダウン事故を1回起こした場合

続いて、1等級ダウン事故を1回起こし、翌年度の等級が20等級から19等級に下がる場合についてです。車がイタズラの被害に遭った場合、台風や洪水などの災害の被害に遭った場合、盗難の被害に遭った場合などで車両保険を使ったケースが1等級ダウン事故に該当します。

この場合、等級別の割増引率に従って計算すると、保険料のイメージは以下のようになります。

等級割増引率保険料(イメージ)
事故なし20等級-63%30,000円
翌年度事故あり19等級-42%47,030円
2年後事故なし20等級-63%30,000円

※等級の割増引率に従って計算した保険料のイメージであり、実際の保険料とは異なります。
※保険料や割増引率の改定がないと仮定して計算しています。

20等級の引継ぎはできる?

無事故を続けて到達した20等級ですが、保険会社を変えても引き継がれるのでしょうか?また、この等級を別の人に引継ぐことはできるのでしょうか。

保険会社の変更の場合

自動車保険の等級は契約する保険会社を変更したとしてもそのまま引き継がれます。A社で20等級まで上げたらB社に契約を変更しても20等級で契約することができるのです。なお、一部の共済については等級を引き継ぐことができないのでご注意ください。

もう一つ注意すべき点として、事故を起こした年に満期を待たずに保険会社を変更する場合、保険会社を変更した時点で事故あり17等級などの等級が下がった状態での契約となるということです。保険料が上がるのが早くなってしまうのでご注意ください。

他の人への引継ぎの場合

自動車保険は記名被保険者(主な運転者)が変わったら基本的に等級の引継ぎはできないのですが、記名被保険者が配偶者または同居の親族に変わる場合については等級を引き継ぐことが可能です。これを活用する場面として多いのが、子供が車に乗るようになって新たに車を購入する場合です。

10代や20代を記名被保険者として自動車保険を契約する場合、この年代は事故率が高いのと、年齢条件で制限をかけることもできないので保険料が高くなってしまいます。そこで、割引率の高い20等級の契約を子供に引継ぎ、年齢的に保険料が安くなる親は新規で契約することで、家族全体での保険料を抑えることができます。大まかな手順としては以下の通りです。(記名被保険者:親、契約車両:Aという状態にB車を新たに購入したとします。)

  1. 親の契約で新しい車に車両入替をする(A車:親、20等級 B車:無保険→A車:無保険 B車:親、20等級)
  2. 記名被保険者を子に変更する(A車:無保険 B車:親、20等級→A車:無保険 B車:子、20等級)
  3. 補償内容を子に合わせて変更する
  4. A車が無保険となっているので、親を記名被保険者として新規契約する(A車:無保険 B車:子、20等級→A車:親、7等級 B車:子、20等級)

※上手順で親が新規契約する際、セカンドカー割引が適用されて6等級からではなく7等級からの開始となっています。

この等級引継ぎで注意が必要なのが、等級を引き継げるのが配偶者または同居の親族であるということです。子供に等級を引き継ぐには子供が自分または配偶者と同居している必要があります。進学や就職等で別居している場合は等級を引き継ぐことはできません。また、上手順は車両入替を利用しているので車両入替ができるタイミング、つまり増車や減車などのあったタイミングでのみ可能です。すでに契約のある2台の車の等級を入れ替えるというようなこともできないので注意しましょう。

自動車保険で「親の等級をもらう」とはどういうこと?
初めて免許を取得したら車でいろんなところに出かけたいと思うものです。子供が免許を取得したら万が一の事故の備えのために家族が所有する車の自動車保険の補償範囲を見直しておく必要があります。更に、子供が自分 ...

続きを見る

20等級でさらに安くするには?

一部共済を除いて20等級が最高の等級であり、等級制度上はこれ以上高い割引率はありません。しかし、20等級であっても保険料をさらに安くしたいと思う人は多くいるのではないでしょうか。

運転者限定を本人限定にする、契約車両を保険料の安い車にするというような方法もありますが、運転者の条件や車は安くなるからといって変更しては不便になることも考えられます。そこで現在の契約条件を変えずに保険料を安くできるかもしれない方法を紹介します。それは保険会社を変更することです。

自動車保険は保険会社によって保険料が異なります。特に、代理店型とダイレクト型(ネット型)の自動車保険を比較すると、代理店手数料などの費用を圧縮できるのでダイレクト型自動車保険の方が保険料が安くなる傾向にあります。また、ダイレクト型自動車保険間でも保険料に差がある場合もあります。20等級でも保険料をさらに安くしたいという場合は複数の保険会社を比較してみるのがよいでしょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

  • この記事を書いた人
アバター

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。

-基礎知識

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.