自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

自動車保険を安くするには

対人・対物賠償は保険料よりも保険金額を優先に

投稿日:2018年5月30日 更新日:

自動車保険を契約する際に、保険料の安さだけを優先して肝心の保険金額を必要以上に削ってしまっては、万が一のための備えとして意味がありません。特にメインとなる対人賠償、対物賠償は無制限とするのが基本です。

対人・対物賠償は無制限が基本

自動車保険の補償内容の中でもメインとなる対人賠償と対物賠償ですが、これらの保険金額は無制限とすることが基本です。以下に対人賠償と対物賠償とに分けてその理由を説明します。

対人賠償保険

対人賠償保険は契約している車の事故で第三者を死傷させた場合に発生する法的賠償責任に対応する保険です。自賠責保険から支払われる保険金額を超過した部分について補償されます。

自賠責保険の補償額は必ずしも十分ではなく、死亡の場合は最高3,000万円、後遺障害の場合は最高4,000万円、ケガの場合は最高120万円となっています。一方で、交通事故で人を死亡させたり、重度の後遺障害を負わせてしまうと、1億円、2億円という高額の賠償金を請求されることも珍しくありません。

もちろん、人の命や健康な身体はお金では元に戻りませんが、十分な償いができなければ、被害者側にそれ以上に苦痛を与えてしまうことになります。ですから対人保険をかけるときは、「無制限」が絶対におすすめです。

実際に、任意の対人賠償保険を「無制限」でかける車は、全体の99%以上と圧倒的に高くなっています。対人無制限での加入は、今やドライバーの常識と言えるでしょう。

※損害保険料率算出機構統計集2016年度版_自動車保険統計 第4表 自動車保険 対人賠償責任保険 保険金額別契約構成表<2016(平成28)年度>

参考:交通事故高額賠償判決例(人身事故)

認定総損害額判決日裁判所被害者性別被害者年齢被害者職業
5億2,853万円2011/11/01横浜地裁男性41歳眼科開業医
4億5,381万円2016/03/30札幌地裁男性30歳公務員
4億3,961万円2016/12/06鹿児島地裁女性58歳専門学校教諭
3億9,725万円2011/12/27横浜地裁男性21歳大学生
3億9,510万円2011/02/18名古屋地裁男性20歳大学生
3億8,281万円2005/05/17名古屋地裁男性29歳会社員
3億7,886万円2007/04/10大阪地裁男性23歳会社員
3億7,370万円2016/08/27東京地裁立川支部男性7歳小学生
3億6,750万円2006/06/21大阪地裁男性38歳開業医
3億6,551万円2009/11/17仙台地裁男性14歳中学生

(出典)損害保険料率算出機構「自動車保険の概況(2017年度版)」

対物賠償保険

対物賠償保険は被保険者の事故で、第三者の車両や家や塀、ガードレールなどを壊した場合に発生する法的賠償責任に対応する保険です。

相手の車の損害に対する賠償のみであれば対物賠償を無制限とまでにする必要はないかもしれません。しかし、賠償責任を負う可能性のある損害は車に対してのもののみではありません。近くの店舗に突っ込んでしまい、商品の賠償や休業補償が生じた場合や踏切内で電車に衝突した場合などでは1億円以上の損害賠償が認定されるような裁判の判例が出ています。

保険の自由化前までは対物賠償は1000万円が当たり前のような時代がありましたが、自動車事故による高額な損害認定事案の増加に伴い、対物の無制限加入も一般的なものとなってきました。2016年度のデータでは、新契約台数全体の93.9%、普通自家用乗用車に限ると97.3%が対物賠償を無制限としています。

※損害保険料率算出機構統計集2016年度版_自動車保険統計 第5表 自動車保険 対物賠償責任保険 保険金額別契約構成表<2016(平成28)年度>

参考:交通事故高額賠償判決例(物件事故)

認定総損害額判決日裁判所損害物
2億6,135万円1994/07/19神戸地裁車の積荷(呉服・洋服・毛皮)
1億3,450万円1996/07/17東京地裁パチンコ店
1億2,036万円1980/07/18福岡地裁電車・線路・家屋
1億1,798万円2011/12/07大阪地裁トレーラー
1億1,347万円1998/10/26千葉地裁電車
6,124万円2000/06/27岡山地裁積荷
4,141万円2008/05/14大阪地裁積荷
3,391万円2004/01/16名古屋地裁大型貨物車・積荷
3,156万円2001/12/25東京地裁4階建ビル
3,052万円2001/08/28東京地裁サーフショップ

(出典)損害保険料率算出機構「自動車保険の概況(2017年度版)」

弊サイト利用者から、以下のような声もよせられていました。

電車や踏切内の事故等で保険金支払い額以上の請求があった事例を聞き、驚きました。 身近での事例だったので、今回無制限にしましたが、意外と保険料の差額が少額でした。

(58歳 女性 公務員)

今後の補償内容決定において、是非参考にしてください。

自動車保険は比較で安くなる!
自動車保険は比較で安くなる!

-自動車保険を安くするには

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.