SBIホールディングス運営 自動車保険一括見積もり比較サイト

保険の窓口インズウェブ

自動車事故徹底ガイド

交通事故発生ランキング(都道府県別)

投稿日:2018年9月3日 更新日:

交通事故の発生件数は2004年の952,709件をピークに年々減少傾向にあるものの、2023年においても307,930件もの交通事故が全国各地で発生しています。いったい、どのような地域で交通事故が多発しているのでしょうか。

マチカフェドリンク(120円) ×2プレゼント中!!

キャンペーン概要はこちら

交通事故発生件数TOP3

2023年交通事故発生件数TOP3
順位都道府県事故発生件数交差点(付近)の
事故発生率
車保有台数
1位東京31,385件49.7%3,143,196台
2位大阪25,951件64.3%2,797,129台
3位愛知24,547件55.9%4,222,206台
-全国平均6,551件56.7%1,318,152台

※出典:警視庁交通局の統計資料、一般社団法人 日本損害保険協会 全国交通事故多発マップ~あなたの県の事故多発交差点はここだ!!~、一般財団法人 自動車検査登録情報教会 統計情報
※全国平均は小数点以下切り捨て。
※交差点(付近)の事故発生率は2023年、車保有台数は2023年2月末時点のデータ。

交通事故の発生件数が多い都道府県は1位:東京都(31,385件)、2位:大阪府(25,951件)、3位:愛知県(24,547件)と車や人口が多い都道府県が並んでいます。なお、これに4位:神奈川県、5位:福岡県、6位:静岡県、7位:埼玉県、8位:兵庫県、9位:千葉県、10位:群馬県と続きます。最も少ないのは鳥取県で656件です。

交通事故が起きやすい場所として注意が必要なのが交差点です。2023年に起きた交通事故のうち、56.7%が交差点および交差点付近で発生しています。交通事故発生件数トップ3の中で特に交通事故件数が多い交差点は以下になります。

東京都では板橋区熊野町10番の「熊野町交差点」が最も多い19件の交通事故が発生しています。事故の類型は、右折時14件、右折直進1件、左折時2件、その他2件となっています。

大阪府では大阪市北区天満一丁目26番13号の「東天満交差点」で18件の交通事故が発生しています。東店万交差点の事故の類型は、追突5件、右折時3件、右折直進2件、左折時8件となっています。

愛知県では名古屋市東区泉一丁目20番19号先の「高岳交差点」で16件の交通事故が発生しています。事故の類型は、追突10件、左折時3件、出会い頭1件、その他2件となっています。

このように、一つの交差点でも多数の交通事故が発生しています。また、事故が発生しやすい交差点として、特に国道などが交わる場所や、朝夕の通勤時間帯や休日に渋滞が発生するような交通量の多い場所が大きな特徴といえます。また、人身傷害の度合いが軽微な事故が、発生事故の大半を占めています。さらに、交差点で発生する事故は追突事故や右折事故が多い傾向にあり、発生原因としては安全不確認や前方不注意が主な要因となっています。

交通事故発生率TOP3

交通事故発生数は車保有台数や人口といった要素によって増える面もあるため、交通事故発生率についても調べました。

車保有台数あたりの交通事故発生件数

2023年交通事故発生率TOP3(事故発生件数/車保有台数)
順位都道府県事故発生率事故発生件数車保有台数
1位東京1.00%31,385件3,143,196台
2位大阪0.93%25,951件2,797,129台
3位静岡0.84%18,662件2,229,937台
-全国平均0.41%6,551件1,318,152台

出典:警視庁交通局の統計資料、一般財団法人 自動車検査登録情報教会 統計情報
※車保有台数は2023年3月末時点のデータ。

交通事故発生率(事故発生件数/車保有台数)でみても、第1位は東京都で1.00%、第2位は大阪府の0.93%、第3位は静岡県で0.84%と交通事故発生件数が多い都道府県がランクインしています。

人口10万人あたりの交通事故発生件数

人口10万人あたりの交通事故発生件数(2023年)
順位都道府県人口10万人あたり交通事故発生件数
1位静岡524.7件
2位群馬521.0件
3位福岡394.3件
-全国平均225.8件

※出典:警察庁交通局「令和5年中の交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について」
※算出に用いた人口は、総務省統計資料「人口統計」(令和4年10月1日現在)による

人口10万人あたりの件数をみると、交通事故発生件数での上位の県が件数が多い状況となっています。静岡県、群馬県、福岡県は車保有台数あたりの交通事故発生件数でもTOP10内に入っており、交通事故の発生率という観点では上位の都道府県といえるでしょう。

交通事故発生件数で第1位であった東京都については、人口10万人あたりの交通事故発生件数では223.6件で18位、首都東京という土地柄もあり、全国と比較し人口10万にあたりでの交通事故発生件数でみると順位が少し下がるようです。

人口10万人あたりの交通事故死者数

人口10万人あたりの交通事故死者数(2023年)
順位都道府県人口10万人あたり交通事故死者数
1位徳島3.98人
2位三重3.79人
3位青森3.74人
-全国2.59人

※出典:警察庁交通局「令和5年中の交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について」
※算出に用いた人口は、総務省統計資料「人口統計」(令和4年10月1日現在)による

人口10万人あたりの交通事故死者数をみてみると徳島県が最も多く3.98人、次いで三重県(3.79人)、青森県(3.74人)と交通事故発生件数が少ない県が上位に入っています。

この要因の一つとして、65歳以上の高齢者の交通死亡事故があげられます。全国的に見ても高齢者の交通事故死は問題となっていて、2023年の交通事故死者数2,678人のうち高齢者は1,466人と54.7%を占めています。実は高齢者の交通事故者死者数は横ばい傾向なのですが、全体の交通事故死者数は減っているため、交通事故死者数に占める高齢者の割合が高くなっているのです。

高齢者は視力・聴力等の弱まり、反射神経が鈍くなる、体力の全体的な衰え、法令違反といった要因でそれまでの年齢と比べて事故に遭いやすくなっています。地方では、車が少ない分スピードが出やすく、また高齢化もより進んでいるので、万一の交通事故に備え、日頃から意識を高め、安全運転を心がけましょう。

都道府県別交通事故(2023年)

都道府県事故発生件数事故発生率(%)交差点(付近)の
事故発生率(%)
人口10万人当たりの
交通事故死者数(人)
車保有台数
北海道9,0820.3260.22.552,795,287
青森2,6190.36553.74724,512
岩手1,5030.2052.92.96739,535
宮城4,0330.31572.061,304,479
秋田1,1550.2060.83.44582,899
山形2,7800.4063.93.27689,989
福島2,9130.2456.83.071,219,677
東京31,3851.0049.70.973,143,196
茨城6,4890.3254.93.271,997,209
栃木3,8080.2845.93.091,346,775
群馬10,0380.7274.22.461,385,061
埼玉17,0020.5254.71.663,242,924
千葉13,5640.4862.72.032,849,049
神奈川21,8700.7152.81.253,069,403
新潟2,7210.2057.22.551,386,101
山梨2,1120.3847.93.62561,348
長野5,0060.3645.22.081,383,437
静岡18,6620.8450.61.952,229,937
富山1,8780.2752.83.05707,993
石川2,0590.2856.82.50728,725
福井9860.1958.12.66513,350
岐阜3,0770.2471.52.571,297,582
愛知24,5470.5855.91.934,222,206
三重2,9760.2653.83.791,163,719
滋賀2,7670.3453.83.05817,798
京都4,0670.4162.32.31999,814
大阪25,9510.9364.31.692,797,129
兵庫16,2810.7070.51.912,322,190
奈良2,6000.4055.91.99652,147
和歌山1,3550.2556.93.43543,204
鳥取6560.1956.92.57346,934
島根7560.1867.13.34409,469
岡山5,1610.4448.62.631,166,731
広島4,7660.3259.42.831,467,203
山口2,2690.2846.62.67817,497
徳島1,9870.4455.13.98455,977
香川3,0410.5154.23.53593,507
愛媛2,1150.2864.23.29745,309
高知9750.2558.53.40395,797
福岡20,1730.7654.72.012,643,985
佐賀3,1440.6154.61.62512,738
長崎2,6390.3857.42.81701,116
熊本3,3120.3250.92.151,045,744
大分2,2330.3248.82.89696,365
宮崎3,4880.5148.62.85680,219
鹿児島2,9650.3150.42.56962,075
沖縄2,9640.3357.32.59895,794

※出典:一般財団法人 自動車検査登録情報協会 自動車保有台数統計データ(令和5年)
警察庁交通局 令和5年中の交通事故の発生状況
一般社団法人 日本損害保険協会 全国交通事故多発マップ~あなたの県の事故多発交差点はここだ!!~

マチカフェドリンク(120円)プレゼント中!!

自動車保険は比較で安くなる!

キャンペーン概要をご確認ください。

個人情報不要!自動車保険料相場Check!

3つの質問で簡単に自動車保険料相場が分かります!
まずは手軽に相場を知りたいという方はぜひ利用してみてください!

LINEで確認したい方はこちら

友だち追加

テレマティクス保険特集

テレマティクス保険特集

(注)当ページは自動車保険に関する一般的な内容を記載しています。個別の保険会社に関する内容は各保険会社様へお問い合わせください。

この記事の感想や自動車保険に関する質問などをX(Twitter)のDMより募集しています!
※一括見積もりサービスのご利用に関するご質問や、保険商品や保険会社に関するお問い合わせはこちらでは受付できません!

インズウェブSNS公式アカウント

  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note
  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • youtube
  • pinterest
  • note
\インズウェブのお得情報を発信!/友だち追加

記事が参考になったらシェアお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。(保険の窓口インズウェブとは

-自動車事故徹底ガイド

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.

\自動車保険は比較で安くなる!/

このボタンから限定!マチカフェドリンク(120円)×2プレゼント中!
キャンペーン概要を必ずご確認ください

マチカフェドリンク(120円)×2プレゼント中!
キャンペーン概要を必ずご確認ください