自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

自動車事故徹底ガイド

交通事故発生ランキング(都道府県別)

投稿日:2018年9月3日 更新日:

交通事故の発生件数は2004年の952,709件をピークに年々減少傾向にあるものの、2019年においても381,237件もの交通事故が全国各地で発生しています。いったい、どのような地域で交通事故が多発しているのでしょうか。

交通事故発生件数TOP3

2019年交通事故発生件数TOP3
順位都道府県事故発生件数交差点(付近)の事故発生率車保有台数
1位大阪30,914件57.6%3,805,615台
2位愛知30,836件55.6%5,317,616台
3位東京30,467件55.4%4,421,840台
全国平均8,111件%1,752,507台

※出典:警察庁の統計資料、一般社団法人 日本損害保険協会 全国交通事故多発マップ~あなたの県の事故多発交差点はここだ!!~、一般財団法人 自動車検査登録情報教会 統計情報 ※全国平均は小数点以下第2位で四捨五入している。 ※交差点(付近)の事故発生率は2019年、交差点(付近)の事故発生率は2018年、車保有台数は2019年11月末時点のデータ。

交通事故の発生件数が多い都道府県は1位:大阪府(30,914件)、2位:愛知県(30,836件)、3位:東京都(30,467件)と車や人口が多い都道府県が並んでいます。なお、これに4位:福岡県、5位:静岡県、6位:神奈川県、7位:兵庫県、8位:埼玉県、9位:千葉県、10位:群馬県と続きます。最も少ないのは鳥取県で805件です。

交通事故が起きやすい場所として注意が必要なのが交差点です。平成30年中に起きた交通事故のうち、54.1%が交差点および交差点付近で発生しています。交通事故発生件数トップ3の中で特に交通事故件数が多い交差点は以下になります。

大阪府では大阪市天王寺区上本町の「上本町6丁目交差点」が最も多い18件の交通事故が発生しています。事故の類型は、右折車と直進車の事故4件、左折時4件、追突3件、左折時2件、その他5件となっています。

愛知県では名古屋市東区泉の「高岳交差点」、名古屋市中村区名駅の「泥江町交差点」、名古屋市中区丸の内の「日銀前交差点」、名古屋市東区桜の「東新町交差点」が同数で最も多い12件の交通事故が発生しています。事故の類型は、高岳交差点では左折時8件、右折時2件、その他2件で、泥江町交差点では左折時3件、追突3件、右折時2件、右折車と直進車の事故1件、出会い頭1件、その他2件で、日銀前交差点では追突5件、左折時2件、右折車と直進車の事故2件、右折時1件、その他2件で、東新町交差点では右折車と直進車の事故3件、追突3件、出会い頭3件、左折時1件、その他2件となっています。

東京都では足立区千住宮元町の「千住宮元町交差点」、八王子市左入町の「左入橋交差点」が同数で最も多い11件の交通事故が発生しています。事故の類型は、千住宮元町交差点では左折時4件、追突3件、右折時2件、右折車と直進車の事故1件、その他1件で、左入橋交差点では右折車と直進車の事故4件、追突2件、右折時2件、左折時1件、出会い頭1件、その他1件となっています。

このように、一つの交差点でも多数の交通事故が発生しています。また、事故が発生しやすい交差点として、特に国道などが交わる場所や、朝夕の通勤時間帯や休日に渋滞が発生するような交通量の多い場所が大きな特徴といえます。また、人身傷害の度合いが軽微な事故が、発生事故の大半を占めています。さらに、交差点で発生する事故は追突事故や右折事故が多い傾向にあり、発生原因としては安全不確認や前方不注意が主な要因となっています。

交通事故発生率TOP3

交通事故発生数は車保有台数や人口といった要素によって増える面もあるため、交通事故発生率についても調べました。

車保有台数あたりの交通事故発生件数

2019年交通事故発生率TOP3(事故発生件数/車保有台数)
順位都道府県事故発生率事故発生件数車保有台数
1位静岡0.86%25,102件2,910,907台
2位大阪0.81%30,914件3,805,615台
3位福岡0.79%26,936件3,426,114台
全国平均0.39%8,111件1,752,507台

出典:警察庁の統計資料、一般財団法人 自動車検査登録情報教会 統計情報 ※全国平均は小数点以下第2位で四捨五入している。 ※車保有台数は2019年11月末時点のデータ。

交通事故発生率(事故発生件数/車保有台数)でみると、第1位は静岡県で0.86%、第2位は大阪府の0.81%、第3位は福岡県で0.79%と交通事故発生件数とは異なる結果が現れました。

人口10万人あたりの交通事故発生件数

人口10万人あたりの交通事故発生件数(2019年)
順位都道府県人口10万人あたり交通事故発生件数
1位静岡686件
2位佐賀615件
3位宮崎612件
全国平均290件

※出典:警察庁統計資料「令和元年中における交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について」 ※算出に用いた人口は、総務省統計資料「人口統計」(平成30年10月1日現在)による

こちらも交通事故発生件数とは異なり、佐賀県や宮崎県といった県が出てきました。静岡県、佐賀県、宮崎県は車保有台数あたりの交通事故発生件数でもTOP10内に入っており、交通事故の発生率という観点では上位の都道府県といえるでしょう。

なお、交通事故発生件数で第2位であった愛知県については、車保有台数あたりの交通事故発生件数では0.58%で9位、人口10万人あたりの交通事故発生件数では409件で8位と上位ではあるものの、発生件数から受ける程の多いという印象ではありません。

人口10万人あたりの交通事故死者数

人口10万人あたりの交通事故死者数(2019年)
順位都道府県人口10万人あたり交通事故死者数
1位徳島5.57人
2位鳥取5.54人
3位香川4.89人
全国3.27人

※出典:警察庁統計資料「令和元年中における交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について」 ※算出に用いた人口は、総務省統計資料「人口統計」(平成30年10月1日現在)による

人口10万人あたりの交通事故死者数をみてみると徳島県が最も多く5.57人、次いで鳥取県(5.54人)、香川県(4.89人)と交通事故発生件数が少ない県が上位に入っています。

この要因の一つとして、65歳以上の高齢者の交通死亡事故があげられます。全国的に見ても高齢者の交通事故死は問題となっていて、2019年の交通事故死者数3,215人のうち高齢者は1,782人と55.4%を占めています。実は高齢者の交通事故者死者数は横ばい傾向なのですが、全体の交通事故死者数は減っているため、交通事故死者数に占める高齢者の割合が高くなっているのです。

高齢者は視力・聴力等の弱まり、反射神経が鈍くなる、体力の全体的な衰え、法令違反といった要因でそれまでの年齢と比べて事故に遭いやすくなっています。地方では、車が少ない分スピードが出やすく、また高齢化もより進んでいるので、万一の交通事故に備え、日頃から意識を高め、安全運転を心がけましょう。

都道府県別交通事故(2019年)

都道府県事故発生件数事故発生率(%)交差点(付近)の 事故発生率(%)人口10万人当たりの 交通事故死者数(人)車保有台数
北海道9,5950.2562.52.883,805,799
青森2,7910.2861.32.931,014,187
岩手1,9680.1953.03.631,039,537
宮城5,6750.3357.02.811,715,640
秋田1,5140.1959.04.08814,789
山形4,2920.4652.42.94939,464
福島3,9190.2357.33.271,669,315
東京30,4670.6955.30.964,421,840
茨城7,4470.2855.43.722,634,471
栃木4,5530.2644.04.211,747,279
群馬11,8310.6564.63.131,812,710
埼玉21,3590.5158.11.764,157,343
千葉16,4760.4563.12.753,681,648
神奈川23,2940.5856.31.444,029,568
新潟3,4840.1955.24.141,854,909
山梨3,0030.3951.73.06766,596
長野6,2810.3346.53.151,920,782
静岡25,1020.8654.02.762,910,907
富山2,3530.2658.63.24906,454
石川2,4080.2658.62.71920,210
福井1,1680.1757.24.01672,810
岐阜4,0970.2463.64.211,697,041
愛知30,8360.5855.62.075,317,616
三重3,6470.2448.94.191,531,736
滋賀3,6470.3557.54.041,048,760
京都5,1830.3971.72.121,345,143
大阪30,9140.8157.61.483,805,615
兵庫22,8960.7568.92.523,054,345
奈良3,3280.4057.02.54840,732
和歌山1,8590.2468.23.53762,143
鳥取8050.1748.55.54470,260
島根9270.1757.23.68558,350
岡山4,6900.3048.13.951,557,208
広島6,2570.3358.32.661,921,586
山口3,2090.3042.63.281,079,960
徳島2,5150.4054.15.57624,615
香川4,5370.5750.34.89796,012
愛媛2,8110.2754.73.111,031,690
高知1,5560.2754.64.67568,347
福岡26,9360.7955.31.923,426,114
佐賀5,0400.7356.84.15687,421
長崎3,9590.4151.82.46963,694
熊本4,1040.2950.03.931,404,082
大分3,0370.3346.73.58932,526
宮崎6,6210.6953.53.61958,225
鹿児島4,7710.3553.43.781,370,001
沖縄4,0750.3555.42.491,178,365

※出典:一般財団法人 自動車検査登録情報協会 自動車保有台数統計データ(令和元年) 警察庁統計資料 令和元年中における交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について 一般社団法人 日本損害保険協会 全国交通事故多発マップ~あなたの県の事故多発交差点はここだ!!~

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

  • この記事を書いた人
アバター

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。

-自動車事故徹底ガイド

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.