自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

自動車事故徹底ガイド

高速道路での交通事故の傾向と安全運転のポイント

投稿日:2018年9月3日 更新日:

高速道路の本線上は、100km/h近い車が行き交っている空間です。一般道と同じ感覚で行動すると、思わぬ事故に巻き込まれる可能性があります。高速道路上で、事故や故障で停止した車の運転者や同乗者が、後方からきた車にはねられ死亡するといった事故も起きています。

高速道路ではどのような事に気を付ければよいのか、高速道路で発生しやすい事故の特徴や原因、対策ポイントなどをまとめました。

高速道路の交通事故死傷者数

高速道路における交通事故の死傷者数は2008年~2013年にかけて横ばい~微増の傾向にありましたが、ここ数年は全体の交通事故死傷者数の傾向と同じく減少する傾向を見せています。

区分2008200920102011201220132014201520162017
死者数196179191217225227204215196169
重傷者数816893913971921994787738705694
軽傷者数17,30918,37919,81619,02518,81518,92617,27516,39115,38714,715
死傷者数18,32119,45120,92020,21319,96120,14718,26617,34416,28815,578

※出典:警察庁交通局「平成29年中の交通事故の発生状況」

交通事故の傾向と安全運転のポイント

【ポイント1】 車両故障や渋滞に注意!

2017年に高速道路で発生した事故のうち、最も多い原因は車両への追突事故(6,372件)で、全体の70%以上を占めています。追突事故の中で最も多いのが事故や故障、渋滞などで停止している車への追突(3,768件)、ついで走行車への追突(2,168件)となっています。(出典:警察庁交通局「平成29年中の交通事故の発生状況」)特に高速道路ではスピードを出して運転するため、追突事故が重大事故に繋がりやすくなります。

また、2017年9月~11月におこなわれた国土交通省の調査の結果(「平成29年路上故障の実態調査結果」)によると、高速道路で発生した車両故障(10,820件)のうち、タイヤの故障発生割合が55.2%と高い割合を占め、次いで潤滑油で4.9%です。一方で、一般道路では同じくタイヤの割合が1番高いですが、全体に占める割合は32.7%と高速道路ほど高くありません。また、タイヤに次ぐ故障部位はバッテリーで31.6%です。高速道路で2位の潤滑油は1.2%で8位となっています。

一般道路と比べても、高速道路でのタイヤによる車両故障トラブル(パンクや空気圧不足)が多い傾向であることが分かります。高速道路走行前には、タイヤの摩耗量や外観の傷の確認、空気圧の確認等の日常点検を確実に実施することで、故障防止および、渋滞の発生や追突事故の防止に繋がります。

【ポイント2】 歩行者に注意!

高速道路や自動車専用道路では人は通らないと思いがちですが、人が車にひかれてしまうという事故も少なくありません。警察庁交通局の発表によると、平成29年には高速道路上での人対車両の事故は88件発生しています。

人対車両の事故では、事故や故障の際に高速道路上に出てしまい、後続車にひかれてしまうというケースがあり、運転者側も路肩等に停止している車を見かけたら速度を落とすなど、注意して運転する必要があります。

また、もしやむを得ず停車した場合は路肩に移動し、一般の道路の感覚で路上で行動しないように注意しなければなりません。発煙筒や三角表示板などの停止表示器材を設置し後続車両へ注意を促しましょう。また、むやみに路肩を歩かず、ガードレールの外側など安全な場所に避難するようにしましょう。

【ポイント3】 シートベルトは必ず着用!

高速道路でのシートベルト着用有無別死者数をみてみると、非着用者の車外放出事故がシートベルト着用者に比べて非常に多くなっていることが分かります。

高速道路における座席位置別・シートベルト着用有無別死者数(平成26年中)
座席位置着用非着用不明
運転席車内6222589
車外放出27110
助手席車内100010
車外放出2204
後部座席車内611017
車外放出1708
その他車内0303
車外放出0101
車内78365119
車外放出517123

出典:警察庁交通局「平成26年中の交通事故発生状況」
※その他はバスの後部座席等を指す

また、座席位置別でみると、特に後部座席での車外放出事故が多くなっています。2008年に後部座席のシートベルト着用が義務化になりましたが、2017年におこなわれた警察庁とJAFの調査では、高速道路での後部座席での着用率は74.4%という結果になっています。(シートベルト着用状況全国調査結果(2017))また、後部座席でシートベルトを着用せずに交通事故に遭った場合、車外放出の他に前席同乗者への加害などの危険性があります。シートベルトを着用することで、車外放出による死亡事故を減らすことができるでしょう。

高速道路で交通事故に遭わないためには、走行する前にタイヤ等の車両点検をおこない、車に乗る人はシートベルトを必ず着用し、普段走行している一般道路との違いをふまえて運転することが重要になります。

-自動車事故徹底ガイド

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.