自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

自動車保険の型式別料率クラスとは何?

投稿日:2018年8月9日 更新日:

自動車保険の保険料は一般に保険金の支払の可能性が高いほど高くなります。数多くの自動車の中で保険金の支払実績が多い自動車と少ない自動車というものが存在してきます。そこに保険料の差をつけるのが型式別料率クラスです。

型式別料率クラスとは

型式別料率クラスとは、自家用普通乗用車、自家用小型乗用車において車の型式ごとに定められた事故実績に基づいた保険料の割引増率です。
「対人賠償」「対物賠償」「障害(人身傷害・搭乗者傷害)」「車両保険」の4つの項目があり、車の型式ごとに4つの項目それぞれで1~9の数字で区分されています。


※料率クラスは損害保険料率算出機構の型式別料率クラス検索より

数字が小さければ保険金支払実績が少ないので保険料が安くなり、逆に数字が大きければ保険金支払実績が多いので保険料が高くなります。

型式別料率クラスは実際の車の事故実績をもとに統計的に損害保険料算出機構が1年ごとに算出しており、ほとんどの保険会社がこの数字を使用しています。
特定の型式で事故が急増したりすると、該当の型式の場合の保険料が上がる場合があります。そのため、自分が事故を起こしていなくても、翌年の保険料が上がってしまう場合もあるのです。

※車両保険の料率クラスは、「車両料率クラス」と呼ばれる事もあります。
※保険料への実際の反映は保険会社ごとによって異なります。

自動車の型式とは

自動車には形式という車の種類ごとに同一の分類指標があります。
これは道路運送車両法によって定められており、車の構造・装置・性能が同一な自動車に対して国土交通大臣が指定する分類指標です。

車検証には
    ○○    -  △△△△
(アルファベット)   (記号)
と表記がありますが、○○分のアルファベットは排出ガス規制適合の識別記号であり、△△△△分を自動車保険においては型式として見ます。

型式別料率クラスが適用される車の種類

型式別料率クラスは用途車種によって適用されるかどうかが違います。

用途車種型式料率クラス備考
自家用普通乗用車 
自家用小型乗用車 
自家用軽四輪乗用車×(今後予定有り)2020年1月1日迄に導入予定
自家用軽四輪貨物車× 

現状においては、自家用普通車と自家用小型乗用車のみが対象ですが、今後自家用軽四輪乗用車(通称軽自動車)も対象となる予定です。

型式別料率クラスの調べ方

型式別料率クラスは損害保険料率算出機構のサイト上で調べる事が可能です。

なお、AEB(衝突被害軽減ブレーキ)の装着による保険料の割引が適用されるかどうかも調べられます。
※AEB装着によって割引になるかどうかは保険会社等によって異なります。

まとめ

型式別料率クラスは、自動車ごとの特性等を自動車の型式ごとの事故実績に基づき保険料を9つに区分する制度で、現在は自家用普通・小型乗用車のみに導入されています。
過去の事故実績に基づいて1年に1回変更されます。

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.