自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

PayPayでの自動車税の支払い方は?デメリットはある?

投稿日:

2022年4月時点で秋田県を除くすべての都道府県で自動車税などの都道府県税をPayPay請求書払いで支払えます。また、秋田県も2022年6月に対応予定となっています。自動車税をPayPayで支払いたいときはどのようにすればよいのでしょうか。また、デメリットは何かあるのでしょうか。

PayPayで自動車税・軽自動車税を支払える自治体は?

自動車税

冒頭でも書きましたが、2022年4月時点で秋田県を除くすべての都道府県で自動車税をPayPayで支払うことが可能です。秋田県も2022年6月から自動車税を含めた都道府県税の支払いができるようになる予定なので、2023年からはすべての都道府県で自動車税をPayPayで支払えるようになる見込みです。

軽自動車税

自動車税は都道府県税ですが、軽自動車税は市区町村税なのでPayPayで支払えるかは市区町村によって変わります。そのため、同じ都道府県内でもPayPayで支払える自治体と支払えない自治体に分かれています。自分が住む自治体で軽自動車税をPayPayで支払えるかは、PayPayの公式サイトやお住いの自治体の公式サイトをご確認ください。

PayPayでの自動車税の支払い方は?

PayPayでの自動車税の支払い方は簡単です。自動車税の納付書が送られてきたらPayPayのアプリの「スキャン」または「請求書払い」を選択して、納付書のバーコードを読み取り、金額を確認の上で「支払う」を選択するだけです。「スキャン」は画面上部の赤色の枠の左端にあります(2022年4月現在)。

  1. PayPayの残高が納税額に足りなければチャージする
  2. PayPayアプリのホーム画面で「スキャン」を選択
  3. 払込票のバーコードを読み取る
  4. 支払金額を確認して「支払う」を選択
  5. 支払完了

参考:PayPay公式サイト

街中の店舗でQRコードを読み取るときに使うボタンとは異なりますので注意してください。

PayPayで支払うメリット・デメリット

自動車税をPayPayで支払うメリットとデメリットについて紹介していきます。

メリット

どこでもいつでも支払える

PayPayで支払うことのメリットとしては、アプリの入ったスマートフォンと納付書があれば時間と場所を選ばずに自動車税を支払えることです。コンビニや金融機関まで出向く必要がなく自宅で支払うことができます。夜に支払っていないことに気が付いても安心です。なお、「いつでも」とはいっても納付期限が切れた後はPayPayで支払うことができないので注意してください。

※毎月第3日曜日0:00から6:00までは定期メンテナンスのため利用できません。

手数料がかからない

自動車税をPayPayで支払っても手数料はかかりません。クレジットカードで支払った場合は手数料がかかるので手数料無料なのはありがたいところです。ペイジーも手数料無料で、自宅に居ながらネットバンキングで支払うことが可能ですが、納付番号を入力する手間がかかります。慣れによるかもしれませんが、スキャンするだけで済むPayPayの方が楽に支払えるでしょう。

PayPayステップの達成条件(決済回数・決済金額)にカウントされる

公共料金や税金の支払いであってもPayPayステップの達成条件(決済回数・決済金額)にカウントされます。2022年4月時点での条件では「300円以上のお支払い30回以上かつ5万円以上達成」で、翌月のポイント付与率が0.5%プラスされます。

なお、自動車税の支払自体にはPayPayポイントが付与されません。2022年3月31日まではポイントが付与されていましたが、現在は付与されていないので古い情報に注意してください。

デメリット

納税証明書が発行されない

自動車税をPayPayで支払うと納税証明書が発行されません。納税証明書が必要な場合はコンビニや金融機関の窓口などで支払う必要があります。普通車の場合は納付確認の電子化によって、車検のときに納税証明書の提示を省略できますが、軽自動車の場合は車検を受けるのに納税証明書の提示が必要となるので注意してください。

納税後すぐに車検を受けることができない

先ほど、普通車の場合は納付確認が電子化されていて納税証明書の提示を省略できると書きましたが、運輸支局に納税の情報が提供されるのに2~3週間ほどかかります。そのため、納税から車検までの期間が短い場合は納税証明書の提示が必要となります。PayPayで支払うと納税証明書が発行されないので、電子確認できるようになるまで待つか納税証明書の再発行を依頼する必要があります。

事前に残高をチャージする必要がある

自動車税をPayPayで支払う場合、残高の範囲内でしか支払えないので事前にチャージしておく必要があります。PayPayにあまり大きな金額は入れていないという人も多くいると思いますので、そうした人は事前にチャージしておくとスムーズに支払うことができるでしょう。

まとめ

多くの自治体で自動車税・軽自動車税をPayPayで支払えるようになっています。自宅に居ながらいつでも支払えるというのが魅力的です。ただし、納税証明書が発行されないので軽自動車で車検を受ける年の場合など、納税証明書が必要な場合は別の支払手段を利用した方がよいでしょう。

自動車保険をまとめて比較!保険料が安くなる!!

自動車保険を安くしたい方はこちらもチェック!!

※当ページは自動車保険に関する一般的な内容を記載しています。個別の保険会社に関する内容は各保険会社様へお問い合わせください。

ご友人紹介キャンペーン
ご友人紹介キャンペーン

インズウェブSNS公式アカウント

  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note
  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note

記事が参考になったらシェアお願いします!

  • この記事を書いた人

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。

-基礎知識

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.