弁護士費用特約

弁護士費用特約はこんな時に役に立つ!

自動車保険の特約で「弁護士費用特約」というものがあります。名称からして弁護士費用の負担を軽減できる特約ということは簡単に想像できるかと思いますが、その内容について正しく理解されている方は少ないのではないでしょうか。弁護士費用特約とはどのような特約なの一緒に確認いたしましょう。

交通事故の場合、保険会社は示談交渉をしてくれますが、それはあくまで相手方に賠償すべき交通事故の場合(=保険会社に保険金の支払いが生じる場合)だけです。

ポイント1 保険会社はなんでもかんでも示談交渉してくれる訳ではないのです。

例えば自分に過失がないようなケース(つまり自分の過失割合が0%で相手が100%)では保険会社が直接示談交渉を行うことはありません。なぜなら保険会社は保険金の支払いが生じる場合しか示談代行できないよう弁護士法で定められているからです。

弁護士費用特約

自分に過失がなくて相手が100%悪いのであれば、相手に損害賠償してもらえばそれで終わりではと考える人も多くいるかと思われます。

しかし、何かとトラブルが多いのが交通事故です。相手が自動車保険に加入していない等で、示談に向けての話しが一向に進まない場合も多々あります。このように相手方と交渉する際に一番いい方法は弁護士に交渉を委託する事です。弁護士に交渉を委託する際に役立つ特約、それが弁護士費用特約です。また弁護士費用特約は損害保険会社およびその商品等によっても異なりますが、保険期間1年で一時払いの場合、数千円程度の負担で済むため、それほど高額なものではないようです。

ポイント2 弁護士費用特約は年間数千円程度の負担で付帯することが可能。

弁護士費用特約の対象ケース!
一般的に弁護士費用特約では下記の費用が保険金として支払われます。

  • ・弁護士報酬
  • ・訴訟費用
  • ・仲裁・和解もしくは調停に要した費用
  • ・法律相談料

また1回の事故につき、被保険者1名あたり300万円を限度として保険金が支払われる内容の弁護士費用特約が一般的です。万が一こじれるような事故のときには非常に役に立ちますので自動車保険の更新時に一度検討してみては如何でしょうか。

弁護士費用特約はこんな違いがある

弁護士特約は一見各社同じような補償のように思えますが、保険会社によって違いがあるので注意をしてください。インズウェブのユーザの声によりますと、相手が入院するような事故でないと、弁護士費用がおりない保険会社や、日常生活のトラブルまで弁護士費用の保険金がおりる会社など、保険会社によっても違いがあるようです。見積もり取得後の比較検討項目にして頂ければと思います。

※補償内容は損害保険会社およびその商品等によっても異なりますので、詳細につきましては各保険会社または代理店に必ずご確認ください。

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大