自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

残価設定ローンで車を買ったら車両保険は必須!その理由は?

投稿日:

最近、車を購入する際に「残価設定ローン」「残価設定型クレジット(残クレ)」などと呼ばれる方法を使って購入することも増えてきています。この残価設定ローンで車を購入する場合、車両保険への加入を強く勧められます。その理由は何なのでしょうか?

残価設定ローンとは

残価設定ローンとは、車両価格の一部(3年後あるいは5年後の車両価値であることが多い)をあらかじめ残価として据え置いて残りの金額を分割で支払うローンの設計方法です。3~5年の支払期間経過後は

  1. 車を返却して新しい車を購入する
  2. 残価を支払って車を買い上げる
  3. 車を返却する

の3つの選択肢から選ぶことができます。

残価設定ローンには、3~5年で新車を乗り換えていくことができる、最終月を除いて月々の負担を抑えられる、信販系の自動車ローンよりも金利が低いことが多いといったメリットがあります。一方で、契約時に定めた走行距離をオーバーしたり事故等を起こしたりして車両評価額が下がったら差額分の支払が発生する、月々の支払額は少ない反面で特に買い取る場合はトータルの支払額が多くなる傾向にある、車の改造・カスタマイズは基本的にできないといったデメリットもあります。

自動車保険は通常通り加入する

残価設定ローンで車を購入した場合でも通常通り自動車保険に加入します。残価設定ローンで購入した場合は車の所有者がディーラーや販売店となっているかと思いますが、自動車保険には自分で入る必要があります。これは、残価設定型でないローンで購入した場合と同様です。

車検証上の車両所有者がディーラーや販売店となっている場合でも特に問題もなく自動車保険に加入することができます。この場合、使用者欄に記載された方を所有者とみなすのが一般的です。

車両保険が必須である理由

残価設定ローンを利用して車を購入する場合、自動車保険に車両保険をつけることを強く勧められます。この理由としては、残価設定ローンは一定期間後に車を返却することを前提とした契約であり、事故等で車が傷ついた場合は残価設定した価格との差額の支払いを求められるからです。仮に全損してしまった場合には、ローンの一括返済が求められます。

月々の支払いを抑えられるという理由で残価設定ローンを利用しているという場合、ローンの一括返済は耐えることが難しいと思います。車両保険を契約していなければ、自分でどうにかしてそのお金を用意する必要があります。車同士の事故で相手の過失割合が100%であれば事故相手からの賠償で賄うことができますが、自分にも過失がある場合や単独事故の場合には自分の持ち出しが発生します。車が全損した際にローンを一括で返済できるほどの資産がないという場合は自動車保険に車両保険をつけるようにしておきましょう。

事故車
全損時に車両保険で受け取れる保険金は?
自動車保険の車両保険では契約の車の損害に対して保険金を受け取ることができます。もし、全損となってしまった場合、車両保険で保険金はいくら受け取れるのでしょうか。また、全損判定でも修理可能な場合、修理して ...

続きを見る

自動車保険料を安くする方法

車両保険をつける場合、自動車保険の保険料はどうしても高くなってしまいます。少しでも負担を抑えるために、自動車保険の保険料を抑える方法を紹介します。

ネット自動車保険を検討する

CMなどでもよく聞くネット自動車保険(ダイレクト自動車保険、通販型自動車保険)で契約することを検討してみましょう。保険代理店で対面で加入する代理店型自動車保険とは違い、インターネットで契約の申し込みを行います。間に代理店を挟まないので代理店手数料の分、保険料を安くすることができます。対面でいろいろと相談しながら加入したいという方には向きませんが、そうでない場合にはネット自動車保険も検討してみましょう。

パソコンを見て悩むカップル
ネット自動車保険はなぜ安い?デメリットは何かある?
テレビCMなどでもネット自動車保険の広告をよく見かけるようになってきました。ネット自動車保険は「ダイレクト型」、「通販型」などとも呼ばれますが、「代理店型」の自動車保険よりも保険料が安いことが特徴です ...

続きを見る

割引制度を活用する

自動車保険には保険会社によって様々な割引制度が用意されています。例えば、インターネットを利用して申し込んだ場合に適用されるインターネット割引、早期契約した場合の早期契約割引、車両が新車の場合の新車割引、紙の保険証券を発行しないことによる保険証券不発行割引(ペーパーレス割引)などです。こうした様々な割引制度を活用することで保険料を安くすることができます。

割引制度を活用して自動車保険料を安くしよう!
自動車保険には一定の条件を満たした場合に割引が適用される制度をとっている保険会社があります。インターネット割引など条件を満たしやすい割引制度もあるので、割引制度をうまく活用できる保険会社と契約すれば自 ...

続きを見る

一括見積もりサービスを利用する

保険料は契約する保険会社によって異なります。保険料を安くするには保険料が安い保険会社を探して契約することが大切です。しかし、保険会社1社1社に見積もりを依頼して保険料を比較するのは大変です。そこで便利なのが自動車保険の一括見積もりサービスです。1度情報を入力するだけで複数の保険会社に見積もりを請求することができます。ぜひ活用して保険料が安い保険会社を探しましょう。

まとめ

残価設定ローンでは一定期間後に車を返却することを前提にローンを組みます。そのため、事故等で車が毀損した場合は評価額が下がった差額の支払いが求められます。また、全損してしまった場合にはローンの一括返済が求められます。一括返済できるだけのお金がないという場合はぜひとも自動車保険に車両保険を付帯するようにしましょう。車両保険をつけると自動車保険料は上がってしまいますが、万が一のことを考えるとそこは仕方がありません。保険料負担を抑えるためにも一括見積もりサービスを活用して保険料が安い保険会社を探しましょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.