自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

大勢でのドライブ「他車運転特約」があると安心です!

投稿日:

行楽シーズンなどは特に、グループで出かけられる方も多いのではないでしょうか。友人同士でドライブの計画があったり、車で行楽地のキャンプ場などに出かける方も増えるでしょう。夏は海水浴、冬はスキーにと大人数でのイベントは楽しいものです。友人の車を借りて仲間と運転を交代しながら出かける場合など、自動車保険の「他車運転特約」があれば他車を運転時のリスクにも備えられます。

他車運転特約について知っておこう!

「他車運転特約」(他車運転危険補償特約) とは、契約の車以外を借りて運転中に起こしてしまった自動車事故を自分の車の自動車保険を利用し、補償を受ける特約となります。友人の車を借りて運転していた時に起こした事故など、契約車両でない自動車を運転していた時に起こした事故に対して保険金を支払ってもらえるのです。補償内容は自分の所有する自動車保険の内容に準ずる事になります。

車の運転を交代で友人と出かけた経験や、友人や知人、親戚の車を借りて運転した経験があるという方も多いのではないでしょうか。普段自分の運転している車の自動車保険に他車運転特約があれば自分の車以外の運転の時のリスクにも自分の車と同様の補償を受ける事が出来るのです。

対象となる車

他車運転特約は自分の車で契約している自動車保険の補償を契約車両以外の車を運転した時にも適用できる特約ですが、適用になる車にも制限があります。対象は、自家用8車種となりますので確認しておきましょう。契約車両以外でも記名被保険者、配偶者、同居親族が所有する車は対象外となる事は覚えておきましょう。

  • 自家用普通乗用車
  • 自家用小型乗用車
  • 自家用軽四輪乗用車
  • 自家用小型貨物車
  • 自家用軽四輪貨物車
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
  • 特殊用途自動車(キャンピング車)

補償の対象範囲

他車を運転中に他社運転特約の補償の対象となる範囲は事前に確認しておきましょう。

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者または配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子
  • 記名被保険者の業務(家事は除く)に従事中の使用人

※保険会社によって細かい規定の違いがあります。
※運転者の限定がある場合は、他車運転特約もその運転者の範囲内になります。

他車運転特約に加入のメリット

通常、自分の車を運転中に事故にあってしまったり、相手を死傷させてしまったりした場合は自分の契約している自動車保険を利用して賠償対応を行います。しかし、借りた車の時には、車の持ち主の保険を使う事になり車を借りた友人や知人に迷惑をかけてしまいます。借主の自動車保険で補償をする事により借主の等級も下がってしまう(3等級)ことになるのです。自分が起こした事故で借主の等級が下がってしまった事により借主の保険料も翌年より上がってしまっては、とても気まずい思いをすることになるでしょう。そのようなリスクを避けるために自分の契約している自動車保険に他車運転特約があれば自分の自動車保険で補償をする事が出来るのです。

こんな場合ありませんか?

  • 友人の車で仲間と運転を交代しながらドライブ
  • 知人の所有する軽トラックを借りて荷物の運搬
  • 知人の所有するキャンピングカーを借りて家族でオートキャンプ

注意点

借りた車を運転中にぶつけてしまい車が大破してしまった場合など、車両保険を付帯している場合には、借りた車の時価額が限度額として補償となります。付帯している車両保険がエコノミー型(限定)の場合は、他車運転特約でもエコノミー型の範囲の補償となりますので注意が必要です。

他車運転特約適用のポイント

  • 自分や同居の親族名義ではないこと
  • 明らかに他人の車であること
  • 会社名義の車は対象外(プライベートの利用である事)
  • 必ず所有者の許可を得ての運転であること
  • 運転中の事故であること

自動車の運転は、事故のリスクを避けられません!

他人の車を借りて運転するケースは、意外と多いものです。1日車を借りてのドライブなどといった前もって計画しているようなイベントではなくても、ちょっと車を移動させる、といったように軽く他人の車を運転する事は多いのではないでしょうか。ほんの少しの間でもハンドルを握って運転する以上、自動車事故のリスクは必ずあります。そんな時の備えとして他車運転特約の内容もしっかり確認しておきましょう。

レンタカーの運転は、レンタカーを借りる際に保険料込の料金設定になっており、通常のレンタカー会社であれば一時保険への加入が義務となっています。レンタカーを運転時に事故を起こしてしまった場合は、まずレンタカーで加入している保険が適用となり、交通事故の賠償を行います。しかし、レンタカー会社で加入した保険でカバーしきれない場合は、自分の加入している自動車保険の他車運転特約で補償を受けられる場合があります。レンタカーを借りる予定がある方は、自分が契約している自動車保険の他車運転特約がレンタカー利用の場合も適用となるかを事前に確認しておくと安心ですね。

まとめ

他車運転特約は、契約者以外の車(他車)を運転中のリスクにも備える事が出来る特約となります。 補償内容は自分の所有する自動車保険の内容となることを覚えておきましょう。他車運転特約は、多くの保険会社で自動セットされている事が多いようです。加入している自動車保険の保険証券に他車運転特約があるか確認できますので見てみましょう。補償の範囲は、保険会社によってそれぞれ規定が違うため確認が必要です。他車を運転するケースが多い人などは、他人の車を運転する事も考えて自動車保険の補償内容を組み立てられたらいいですね。自動車保険の一括見積もりサイトなどで条件を入力し保険料を比較する事も可能ですので確認してみるものいいでしょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

自動車保険は比較で安くなる!
自動車保険は比較で安くなる!

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険は比較で安くなる!

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.