対物賠償保険

財物の賠償だけでなく、休業損害までもカバーします

「対物賠償保険」は、自動車事故で他人の車やモノなどの財物に、破損、汚損、滅失などの損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われる保険です。バンパーが軽くへこむ程度のごく小さな事故ならポケットマネーで何とか解決できるかもしれませんが、衝突した相手が高級外車や営業車、店舗、信号機などの場合は、高額な損害賠償請求をされることも考えられます。

また、対物事故の場合、損害賠償請求されるのは車やモノの修理代だけではありません。事故によって生じた間接的な損害、つまり休業損害や営業損失なども損害として積算されます。たとえば、自動車同士の事故であっても相手がバスやトラック、タクシーといった業務車の場合は、その車がきちんと走っていたら利益を上げていたであろうお金まで賠償金として支払わなければならないのです。

実際に、ツーリング中のバイクが転倒して観光バスの下に滑り込み、炎上するという事故がありましたが、この事故では、バスの車両損害や営業の損失など、4000万円以上の損害が請求されたそうです。また、踏み切り事故を起こして電車の運行に損害を与えた場合なども、相当な損害賠償額になることが想像ができます。

このような事故が起こった場合、あなたは保険なしで十分な賠償ができるでしょうか? 「たかが対物事故」と甘く見ず、万一のために十分な保険金額で契約をご検討ください。

自分の財産を壊しても対物保険金はおりない

対物保険で注意しなければならないのは、自分の車やモノの損害は補償できないということです。これは対人賠償保険とも共通する部分ですが、『対物賠償』というのはあくまで他人やその財物を対象としているということ。つまり被保険者(保険の対象となる方)の所有する財物は対象になりません。

たとえば、車庫入れに失敗をして、自分の家の塀を壊してしまったような場合は、対物保険は支払われません。また、夫婦がそれぞれ自分の車で出勤する途中、誤って妻が夫の車に追突したような場合も、お互いの車の損傷は対物保険の『対象外』となってしまうのです。たとえその事故が偶然に起こったものであっても、「自分の家の車で、自分のモノや家族のモノを壊しても、対物保険は支払われません」ということです。そのことを認識した上で、自分の車やモノが心配な人は、車両保険や身の回り品の保険をかけるなどの準備をしておく必要があるでしょう。
※特約については、その内容が保険会社各社によって異なる場合があります。詳細については、該当商品の約款等で必ずご確認

損害賠償は時価額まで

対物保険に加入しても、必ず相手の修理代金が全部賄えるかというとそうでもありません。法律上の損害賠償義務は、そのものの時価額までとなるため、トラブルになるようなケースがあります。

[例]
時価額20万円の軽自動車に追突。修理をするには30万円かかるという見積もり。
時価額 < 修理代

このようなケースの場合、保険の対物賠償では20万円しか支払われません。法律上においても、損害賠償義務は20万円までとなります。ただし、道義的な問題などもあるため、残りの10万円の部分に関しては手出しをするか、もしくは保険会社の特約(対物超過修理費特約/対物全損時修理差額費用)でカバーすることもあるようです。対物賠償で無制限に入っているから、問題は一切起こらないということではないようです。

※補償内容は損害保険会社およびその商品等によっても異なりますので、詳細につきましては各保険会社または代理店に必ずご確認ください。
インズウェブ利用者動向(対物賠償保険金額

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大