SBIホールディングス運営 自動車保険一括見積もり比較サイト

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

ネット自動車保険はなぜ安い?デメリットはある?おすすめの選び方も紹介!

投稿日:2018年11月13日 更新日:

+ 30秒の動画で記事の概要を確認!

テレビCMなどでもネット自動車保険の広告をよく見かけるようになってきました。ネット自動車保険は「ダイレクト型」、「通販型」などとも呼ばれますが、「代理店型」の自動車保険よりも保険料が安いことが特徴です。しかし、保険料が安いということは何かデメリットがあるのではないかと不安になるのではないでしょうか。そこで、ネット自動車保険が安い理由や何かデメリットがあるのかということについて紹介します。

マチカフェドリンク(120円) ×2プレゼント中!!

キャンペーン概要はこちら

ネット自動車保険はなぜ安い?

ネット自動車保険とは?

「ネット自動車保険」という表現をすることがありますが、これはダイレクト型(通販型)の自動車保険会社のことを指しています。ダイレクト型自動車保険は、インターネット上で商品選びから申し込み、契約の手続きを完了することができます。

保険といえば担当者と対面で相談し保険の補償内容の説明を受け契約に至ることが一般的でしたが、近年、自動車保険に限らずダイレクト型の保険会社が増えてきました。そういったインターネット上で手続きが済ませられる保険会社を「ネット保険」と呼んだりします。

※ネット保険でも、書類は郵送での対応が必要な保険会社もあります。

ネット自動車保険が安い理由

ネット自動車保険が代理店型の自動車保険よりどうして安いのか、それは端的に言えば代理店を通さないからです。代理店を間に通さない分、手数料や人件費、賃料などを安くすることができるのです。

自動車保険の保険料は大きく「純保険料」と「付加保険料」に分けることができます。「純保険料」は、保険金の支払の原資となるもので、事故が起きる確率や事故が起こった時に支払われる補償額などの過去の統計資料をもとに計算して決まります。この部分については保険会社間でほとんど差はありません。

保険料の差の要因となるのは、もう一方の「付加保険料」です。「付加保険料」とは、保険会社の事業運営に必要な経費に充てられるものです。ネット自動車保険は代理店型自動車保険に必要な代理店手数料を削減できるほか、人件費や申込書などの書類の費用などの社費も抑えることができます。この部分の差がネット自動車保険の安さにつながるのです。

ネット自動車保険にデメリットはある?

ネット自動車保険が代理店型自動車保険よりも安い理由はわかりましたが、保険料が安いからには何かしらのデメリットがあるのではないかと心配になりますよね。ネット自動車保険のデメリットとして考えられるのは、代理店が介在しないことによる、「対面で相談できる担当者がいない」ということです。

補償内容を相談しながら決めづらい

対面で相談できる担当者がいないため、補償内容を決めるときに相談しながら決めたいという方にはネット自動車保険は不向きかもしれません。逆に、インターネットなどで自分で必要な補償内容は調べられる、あるいはすでに必要な補償内容はわかっているという方にはネット自動車保険が向いているでしょう。

なお、ネット自動車保険の場合でもすべて自分で調べなければいけないというわけではありません。不明点は、保険会社の公式サイト上にあるWebチャットやコールセンターに電話することなどでも解決することができます。

事故時に担当者と対面で相談できない

他に挙げられることは、事故という非日常の事態のときに対面で相談できる相手がいないということです。ただし、実際の事故対応は代理店ではなく保険会社が行うもの(代理店が行うと弁護士法違反の恐れあり)なので、見知った代理店の人と対面で相談したいという場合を除いてネット自動車保険でも不都合はないと思います。

ネット自動車保険は、インターネットなどで自分で必要な補償内容を調べることができたり、既に知識がある人には保険料を安く抑えられるためおすすめです。

ネット自動車保険は保険料が安くなる可能性が高い!

ネット型と代理店型の違い

その他、ネット自動車保険と代理店型自動車保険の違いについて表にまとめました。

ネット型代理店型
加入方法ウェブや電話などで保険会社と直接契約する。代理店を通して自動車保険に加入する。
代理店担当者と対面で手続きすることが可能。
保険料代理店手数料が不要で代理店型よりも安め。
事故リスクが高い層は保険料が高いことも。
代理店手数料が必要となり、ダイレクト型と比べて高め。
補償内容の決め方自分の知識や調べた内容で決めるが、ウェブや電話で分からないことを保険会社に聞くことも可能。代理店担当者と相談して決めることができる。
知識が少なくても必要な補償内容を確保しやすいが、必要以上の補償内容で保険料が高くなることもある。
事故現場へのかけつけ保険会社の担当者が事故現場にかけつけることはない。
一部保険会社では警備会社のかけつけサービスを提供。
代理店の担当者によっては事故現場にかけつけてくれる。
(示談交渉などをしてくれるわけではない)
事故後のやりとり保険会社と直接やりとりを行う。代理店の担当者を通してやりとりを行う。
自動車保険、代理店型とダイレクト型(通販型)の違いは?
自動車保険には大きく分けて「代理店型」と「ダイレクト型」(通販型やネット型などとも呼ばれる)の2つの対応があります。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?自動車保険の主な項目について、代理店型 ...

続きを見る

ネット自動車保険の事故対応は大丈夫?

ネット自動車保険でよく不安要素に挙げられるのが事故対応です。しかし、その多くは事故対応に関する勘違いから生まれています。

代理店型であっても事故対応の際の主役となるのは保険会社です。代理店が事故対応の時にできることはあまりなく、契約者と保険会社を仲介するなどのサポート的な役割に限られてしまいます。事故の状況を受けて、過失割合を判断したり事故相手との示談交渉を行ったりするのはあくまでも保険会社の役割です。仮に代理店が事故相手との示談交渉を行う役割を担うとすると、「非弁行為」として弁護士法違反を問われる可能性があります(弁護士法第72条)。また、事故対応の前の段階の事故受付については、ネット自動車保険であっても基本的に24時間受け付けています。

以上から、事故対応の点で肝心となるのは保険会社そのものの事故対応力です。そして、保険会社間の示談交渉は過失割合を協議することとなるのですが、この過失割合は過去の類似の事故の裁判例や裁判所から公表されている基準に基づいて決定します。会社の規模が小さいから示談交渉力も弱いということはないのでネット型であっても不安になる必要はありません。

代理店型、ネット自動車保険というくくりを気にすることなく、各社の事故対応サービスを比較したり、実際に事故を起こしてしまった際の対応についての口コミを調べてみたりしてみるとよいでしょう。

口コミ
自動車保険の口コミ・評判
マチカフェドリンク(120円) ×2プレゼント中!! 無料一括見積もりスタート →キャンペーン概要はこちら 保険料・補償内容・顧客対応・事故対応の口コミ 「自動車保険一括見積もりサービス」を ...

続きを見る

代理店型であっても事故対応時の主役となるのは保険会社!
保険会社そのものの事故対応能力に違いはあってもネット型の自動車保険会社だからといって事故対応に不安になる必要はなく、ネット型の自動車保険会社の事故対応体制は充実している!

ネット自動車保険のメリットは?

インターネット割引で保険料が安くなる

多くのネット自動車保険には、インターネットで契約を申し込むことで保険料が安くなるインターネット割引が用意されています。全てネットなのは不安だから、コールセンターに電話をかけて話しながら契約したいという場合などを除いて積極的に活用してみるとよいでしょう。

割引額については、新規契約と継続契約とで金額が異なっている保険会社もあるので、更新の際は、新規契約したときの割引額がそのまま適用されると思い込んで契約しないように注意しましょう。
→ネット型各社の割引額の比較

また、保険会社によっては保険証券を不発行にすることでさらに割引を受けられるところもあります。保険証券の内容についてはWeb上で確認できるサービスが用意されているので、紙の保険証券が必要ないという場合には、証券不発行による割引の適用を提供しているか確認してみるとよいでしょう。

ネット自動車保険は、代理店手数料がない分代理店型の自動車保険会社より保険料が安く設定されており、インターネットで契約を申し込むことでさらに割引される。

自宅で夜間でも見積もりや手続きが可能

ネット自動車保険はインターネット上で見積もりや手続きができるため、時間や場所に縛られずにいつでも手続きが可能です。対面での契約だと不必要な補償をすすめられた時に断りづらいという人でも、ネットでの手続きであれば必要な補償を選んで契約することができるでしょう。

ネット自動車保険はどこがおすすめ?

これまでネット自動車保険について紹介してきました。しかし、ネット自動車保険に乗り換えようと思っても当てはまる保険会社はさまざまにあり、どこを選べばよいのか分からなくなりますよね。

一番明快なのが各社の見積もりを取って比較することです。参考として、当サイトの自動車保険一括見積もりサービスの利用者を対象に、見積もりを取った中で最も保険料が安かった保険会社についてアンケートを取った結果のランキングもありますが、「ランキングができる=契約条件によって最も安い保険会社が変わる」ということでもあります。そのため、一括見積もりを利用して各社の保険料の見積もりを取るのが一番わかりやすいでしょう。

自分に合った補償内容で保険料が安い自動車保険会社を見つけるためにも、ぜひ一度、一括見積もりサービスを利用してみてください。

自動車保険を安くするには一括見積もりがおすすめ!


堀田健太

著者情報

堀田 健太
東京大学経済学部金融学科を卒業後、2015年にSBIホールディングス株式会社に入社、インズウェブ事業部に配属。以後、一貫して保険に関する業務にかかわる。年間で100本近くの保険に関するコンテンツを制作中。

マチカフェドリンク(120円)プレゼント中!!

自動車保険は比較で安くなる!

キャンペーン概要をご確認ください。

個人情報不要!自動車保険料相場Check!

3つの質問で簡単に自動車保険料相場が分かります!
まずは手軽に相場を知りたいという方はぜひ利用してみてください!

LINEで確認したい方はこちら

友だち追加

テレマティクス保険特集

テレマティクス保険特集

(注)当ページは自動車保険に関する一般的な内容を記載しています。個別の保険会社に関する内容は各保険会社様へお問い合わせください。

この記事の感想や自動車保険に関する質問などをX(Twitter)のDMより募集しています!
※一括見積もりサービスのご利用に関するご質問や、保険商品や保険会社に関するお問い合わせはこちらでは受付できません!

インズウェブSNS公式アカウント

  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note
  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • youtube
  • pinterest
  • note
\インズウェブのお得情報を発信!/友だち追加

記事が参考になったらシェアお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。(保険の窓口インズウェブとは

-基礎知識

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.

\自動車保険は比較で安くなる!/

このボタンから限定!マチカフェドリンク(120円)×2プレゼント中!
キャンペーン概要を必ずご確認ください

マチカフェドリンク(120円)×2プレゼント中!
キャンペーン概要を必ずご確認ください