自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

パートやアルバイトに行くのに車を使う場合、使用目的は何を選ぶの?

投稿日:

車の使用目的によって自動車保険の保険料は変わります。多くの保険会社では「日常・レジャー」、「通勤・通学」、「業務」に分かれていますが、パートやアルバイトに行くのに車を使っているという場合、車の使用目的として何を選べばよいのでしょうか?

車の使用目的とは

自動車保険において車の使用目的とは、契約の車を使用する主な目的のことです。多くの保険会社では「日常・レジャー」、「通勤・通学」、「業務」の3つから選択することになります。

車の使用目的によって車に乗る頻度や走行距離などに違いが出てきて、それによって事故にあうリスクも異なってきます。そのため、保険会社が保険料を算出する際の一つの条件となっており、契約時に契約者の申告によって適用される事になります。保険料は、車に乗る頻度や走行距離が最も多い業務使用が最も高く、日常・レジャー使用が最も低くなっています。

使用目的基準
業務使用契約の車を年間を通じて週5日以上あるいは月15日以上、業務(仕事)に使用する場合
通勤・通学使用業務使用に該当せず、契約の車を年間を通じて週5日以上あるいは月15日以上、通勤・通学に使用する場合
日常・レジャー使用業務使用にも通勤・通学使用にも当てはまらない場合

基準は保険会社によって異なる場合がありますので、詳細については契約先の保険会社や代理店にご確認ください。また、保険会社によって、子供の送り迎えは通勤・通学に含む会社と含まない会社があるなど細かい違いがある場合があります。

自動車保険加入時の「使用目的」はなぜ必要?
自動車保険の加入を検討した時の保険会社への見積もり依頼で聞かれる内容に、自動車の条件・利用状況・運転者の範囲・等級があります。その項目の1つ「使用目的」について大体どの保険会社も業務使用・通勤、通学使 ...

続きを見る

日常・レジャーか通勤・通学かは車の利用頻度による

パートやアルバイトに行くのに車を使用しているという場合、車の使用目的は通勤・通学あるいは日常・レジャーのどちらかになります。もちろん、パートやアルバイトに行くのとは別に業務に定期的にかつ継続的に使用している場合は業務使用です。

通勤・通学使用と日常・レジャー使用のどちらになるかは車の使用頻度によって変わります。その基準は、年間を通じて週5日以上あるいは月15日以上通勤に使っているかです。パート先に行くために週5日車を使っているという場合は通勤・通学使用で、車を使うのは週3日という場合や雨の日だけ車を使っているという場合は日常・レジャー使用になります。パートやアルバイトに行くのに毎週4日車に乗るという場合は、月15日以上になるので通勤・通学使用になります。

どちらに当てはまるのかわからないという場合は、間違えて契約してしまわないように保険会社に確認してみましょう。

使用目的で嘘をついたら?

通勤・通学使用だと日常・レジャー使用よりも保険料が高くなります。保険料を安くしたいからと言って虚偽の申告をしたらどうなるのでしょうか。

車の使用目的の申告は自動車保険加入の時の告知事項になっており、契約者には告知義務があります。事実と異なる使用目的で契約すると、悪い場合だと告知義務違反として保険金が支払われないケースもありえます。保険金が支払われるという場合でも使用目的の訂正や差額となる保険料の払い込みが必要で、保険金を受け取るのが遅くなってしまいます。事故があった場合、保険会社や調査会社によって実態が調査されるので、嘘をつかずに正確に申告するようにしましょう。

なお、日常・レジャー使用で契約をしていて、雨の日にたまたま通勤利用をしたときに事故にあってしまったというケースでは自動車保険の補償を受けることができます。もちろん、週5日以上通勤に利用しているというようなことがないことが前提です。事故時の使用状況ではなく、契約上の使用目的と現実の使用実態が合致しているかが重要となります。

保険料を安くするには

通勤・通学使用なので保険料を安くしたい、日常・レジャー使用だけど保険料をもっと安くしたいという場合は自動車保険の一括見積もりサービスを利用しましょう。自動車保険の一括見積もりサービスとは、契約予定の車の情報や運転者の情報などを入力することで一度に複数の保険会社の見積もりを取ることができるサービスです。

自動車保険は希望する補償内容が同じであっても保険会社によって保険料が異なります。また、契約する条件が異なれば一番安い保険会社も異なります。自分の条件で本当に保険料が安い保険会社を探すには一社一社見積もりを取って比較する必要があるのです。しかし、日本には多くの保険会社があるので、一社ずつ見積もりを取っていくのは面倒です。そこで、自動車保険一括見積もりサービスの出番です。一度の入力で複数の保険会社の見積もりをとれるので、何回も見積もりを取る手間が省けます。

ぜひ使ってみて、保険料が安い保険会社を探してみましょう。

まとめ

車の使用目的によって車に乗る頻度や走行距離が変わり、事故にあうリスクも変わるので保険料に違いが出てきます。パートやアルバイトに車で行っているという場合、それがどれだけの頻度かによって通勤・通学使用か日常・レジャー使用かに分かれます。実態と異なった申告をすると事故を起こした際に保険金を受け取るのに時間がかかったり、悪い場合だと受け取れなかったりする可能性があるので、判断がつかない場合は保険会社に確認してみましょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

  • この記事を書いた人
アバター

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供します。

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.