自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

搭乗者傷害保険は必要?

投稿日:

「搭乗者」とは、運転者を含む自動車に乗っている人のことを言います。搭乗者と間違えやすい「同乗者」は運転者以外で同じ自動車に乗っている人のことを意味します。「搭乗者傷害保険」は保険契約の対象の自動車に搭乗中の運転者や同乗者が 、事故により死傷した場合に保険金が支払われる保険です。

搭乗者傷害保険の必要性について

搭乗者傷害保険の補償って?

搭乗者傷害保険では、被保険自動車の事故により運転者や同乗者が死傷したとき、 入院・通院日数、または部位症状別に定額の保険金が支払われます。ケガに関する保険金の支払われ方には、「日数払い」と「部位症状別払い」の2つの種類がありますが現在ではほとんどの保険会社で部位症状別定額払いがほとんどのようです。保険金はケガの症状が確定次第の早期に支払われるところが特長です。 搭乗者傷害保険は 人身傷害保険金・無保険車傷害保険金・自損事故保険金や、事故の相手側から賠償金が支払われるときも、影響を受けずに保険金が受け取れます。

人身傷害保険との違いは?

人身傷害保険も搭乗者傷害保険も被保険自動車に搭乗中に支払われる事故が対象という点は同じです。人身傷害保険では家族は搭乗中以外でも歩行中の自動車事故などもカバーできる場合がありますので加入時にはしっかり確認しましょう。

搭乗者傷害保険人身傷害保険
補償の範囲ケガの部位や程度によって
あらかじめ決められた保険金額
過失割合に関係なく損害額の支払い
支払い方法定額実損額
支払い時期即時後払い

搭乗者傷害保険のメリット・デメリット

メリット

  • ケガの症状が確定次第に保険金が受け取れる
  • 搭乗者傷害保険のみの保険金受取の場合は等級に影響しない
  • その他保険金の受け取りに影響されない

搭乗者傷害保険だけを利用した場合はノーカウント事故の扱いとなり等級に影響しません。そのため事故による次回の保険料値上がりの影響はありません。

デメリット

  • 保険契約の対象の自動車に搭乗中以外の事故は対象外
  • 定額のため超過医療費は自己負担
  • 補償をいろいろ付帯した結果、保険料が高額になる

あらかじめ決められた保険金の範囲内での支払いのため超過した医療費の補てんはありません。

インズウェブ利用者見積もり内容

インズウェブ利用者が自動車保険一括見積サービスを利用した際の入力フォームに搭乗者賠償保険加入を希望で見積もり依頼をした割合は下記となっています。

( 2018年4月~2018年9月 )

まとめ

搭乗者傷害保険に加入しておくことは死傷事故があった際に自分自身や同乗の家族の保険として手厚くなるため安心でしょう。しかし手厚い補償内容にすればするほど保険料は高くなります。補償の内容をしっかり把握し保険料の節約につなげましょう。万が一の事故に備えて加入している生命保険、医療保険などでカバーできている分もあります。ケガなどにより医療機関に受診する際にはまず健康保険を利用することになります。自動車事故は後遺障害を伴った重度のケガとなってしまうリスクもあるためそれぞれの保険の補償内容をしっかり理解し新規で自動車保険に加入の時には搭乗者傷害保険が必要かどうかしっかり検討しましょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.