自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

自動車保険を安くするには

自動車保険はゴールド免許割引で安くなる!

投稿日:

ゴールド免許だと自動車保険料が安くなるということを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。ゴールド免許の方は事故を起こす確率が低い(=保険金を支払う必要がある確率が低い)と考えられるので、多くの保険会社で保険料の割引があります。ここでは、ゴールド免許割引について、色が変わるタイミングでの取り扱いを中心に説明していきます。

免許証の色の種類

運転免許証の色には「グリーン」、「ブルー」、「ゴールド」の3種類があります。

グリーン免許

グリーン免許は運転免許証を初めて取得した時に交付されます。有効期間は3年間です(厳密には、取得した日から3回目の誕生日の1か月後まで、ブルー・ゴールドも同様)。 初回更新時にブルー免許になります。

ブルー免許

ブルー免許には、「初回更新者」、「一般運転者」、「違反運転者」の区分があります。
グリーン免許から更新でブルー免許になった方は「初回更新者」の区分です。有効期間は3年間です。
その後の更新のタイミングで、過去5年間で軽微な違反(違反点数3点以下)が1回であれば、「一般運転者」と区分されます。「一般運転者」の免許の有効期間は5年間です。過去5年間で違反の回数が複数ある場合や違反点数4点以上の違反をしていた場合は「違反運転者」に区分されます。「違反運転者」の免許の有効期間は3年間です。

ゴールド免許

免許の更新時、基準日から過去5年間無事故・無違反であればゴールド免許が交付されます。免許証の区分は「優良運転者」です。ゴールド免許の有効期間は基本的には5年間です。更新の年に満71歳を迎える場合は4年間、満72歳以上の場合は3年間となります。
ゴールド免許の取得後に違反を起こした場合、次回更新時にブルー免許となります。

ゴールド免許だと保険料が安くなる?

多くの保険会社でゴールド免許割引があり、契約の始期日時点で記名被保険者(車を主に運転する方)の免許証の色がゴールドの場合、保険料の割引を受けることができます。なお、対象となるのは記名被保険者の免許証の色なので、契約者の免許証の色は関係ありません。

どれくらい安くなる?

ゴールド免許割引の割引率は保険会社によって異なります。また、同じ保険会社内であっても年齢などの条件によって割引率が異なる場合があります。そのため、ゴールド免許になるとどれくらい安くなるかを一概には示すことができません。
保険料を安くしたい場合には、自動車保険の一括見積もりが便利です。複数の保険会社に同じ条件で一度に見積もりを依頼することができます。そして、各保険会社の保険料を比較することで、十分な補償内容を確保しながら保険料を安くすることができるのです。

ゴールド免許割引の適用タイミング

ゴールド免許割引が適用になるか否かは基本的に、保険始期日時点での免許証の色で判断します。以下、個別事例に沿って説明していきます。

保険期間の途中でブルーからゴールドになった場合

まずは、保険期間中にブルー免許からゴールド免許になった場合にいつからゴールド免許割引が適用されるか、です。
結論としては、ゴールド免許割引の適用は次回の更新のタイミングからです。例えば、保険始期日が4月1日で同じ年の10月にゴールド免許に変わった場合、ゴールド免許割引が適用されるのは翌年の4月に更新あるいは他の保険会社と契約したときからです。

保険期間の途中でゴールドからブルーになった場合

次に保険期間中にゴールド免許からブルー免許になってしまった時です。この場合でも同様に、ゴールド免許割引が適用されなくなるのは次の更新時です。保険期間の途中で保険料が高くなって差額を支払うように求められるということはありません。

ゴールド免許のみなし規定

免許証の更新期間は誕生日の前後1カ月間です。多くの保険会社では、この期間内に自動車保険の始期日があり、免許の更新前か後のどちらかの色がゴールドであれば、保険始期日時点でブルー免許だったとしてもゴールド免許割引を適用できます。

例えば、 保険始期日が4月1日で誕生日が4月15日であったとします。免許の更新期間内に保険始期日が含まれています。また、今回の免許の更新でゴールド免許になれるとします。
このとき、保険始期日前から免許の更新ができますから、始期日前に更新してゴールド免許になっていれば、特に問題もなくゴールド免許割引を適用できます。逆に、免許の更新が遅れて保険始期日時点ではブルー免許のままであったとしてもゴールド免許割引を適用できるのです。

反対のケースでも同様です。再び、保険始期日が4月1日で誕生日が4月15日とします。そして、今回の免許の更新でゴールド免許からブルー免許となるとします。
このとき、保険始期日以降に免許の更新をすれば、始期日時点ではゴールド免許なのでゴールド免許割引が適用できます。また、4月以降は忙しいからと3月中(保険始期日前)に免許の更新をして、始期日時点でブルー免許となっていたとしてもゴールド免許割引を適用できるのです。

記名被保険者が変わる場合

ゴールド免許割引は記名被保険者(車を主に運転する方)の免許証の色で判断されます。保険期間中に記名被保険者が変わった場合、変更となる日時点での新たな記名被保険者の免許証の色でゴールド免許割引が適用されるか否かが決まります。

記名被保険者を妻(夫)にしてゴールド免許割引を適用できる?

夫がブルー免許で妻がゴールド免許の場合や逆に夫がゴールド免許で妻がブルー免許の場合、ゴールド免許の妻(夫)を記名被保険者とすることでゴールド免許割引を適用できないかという誘惑にかられます。
しかし、記名被保険者とは車を主に運転する人です。実態とは違うのに虚偽の申告をした場合、事故を起こしたときに保険金が支払われない可能性があります。事故を起こしてしまった時にきちんと保険金の支払いを受けるためにも、記名被保険者は正しく申告するようにしましょう。

免許証の色を間違って申告してしまった場合

自動車保険の契約時に、免許証の色を本来はブルーとするべきところをゴールドと誤って申告していた場合、いざという時に保険金が下りない事態になる可能性もあります。免許証の色は多くの保険会社で告知事項となっています。事故を起こした際の調査で告知義務違反が発覚した場合、訂正して追加保険料を払えば保険金が支払われるというケースもありますが、保険金が一切支払われないという可能性もあります。免許証の色の間違いに気が付いたら早期に保険会社に連絡して、追加保険料が必要であれば速やかに支払いましょう。

自動車保険の一括見積もりで保険料を安くしよう

先に述べたとおり、ゴールド免許割引の割引率は保険会社によって異なります。ゴールド免許割引が適用されるようになる場合や逆に適用されなくなる場合には、自動車保険の一括見積もりで保険料が安い保険会社を探しましょう。
自動車保険の一括見積もりは一度の情報の入力で複数の保険会社の見積もりを取ることができるサービスです。数多くある保険会社に一つ一つ見積もりを請求する時間を短縮することができます。一度に複数の保険会社を比較して保険料を安くしましょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

-自動車保険を安くするには

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.