自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

自動車保険を安くするには

車の維持費が高い!安くする方法はあるの?

投稿日:

地域によっては生活にほぼ必須な車ですが、車は購入したときだけでなく購入した後もさまざまな維持費がかかります。特に物価が上昇している今、維持費を少しでも抑えることができるのであれば嬉しいところではないでしょうか。車の維持費を安くする方法について紹介します。

車の維持費として1年あたり何にいくらかかる?

車の維持費として何にいくら必要となるのか、1年あたりの金額で紹介します。所有する車の種類や運転する距離、住んでいる地域などによって維持費は変わるので、あくまでも目安の数値として考えてください。

税金

車を所有していると税金として自動車税・軽自動車税と自動車重量税がかかってきます。それぞれいくら必要となるのか紹介します。

自動車税・軽自動車税

毎年4月1日時点の所有者に課税され、納期は原則として5月中です(一部地域では6月)。普通車の場合は排気量に応じた額の、軽自動車の場合は一律の税金がかかります。

自家用乗用車の自動車税・軽自動車税
用途区分総排気量2019年9月30日以前新規登録車の税額2019年10月1日以降新規登録車の税額
軽自動車一律10,800円10,800円
普通車1000cc以下29,500円25,000円
1000cc超1500cc以下34,500円30,500円
1500cc超2000cc以下39,500円36,000円
2000cc超2500cc以下45,000円43,500円
2500cc超3000cc以下51,000円50,000円
3000cc超3500cc以下58,000円57,000円
3500cc超4000cc以下66,500円65,500円
4000cc超4500cc以下76,500円75,500円
4500cc超6000cc以下88,000円87,000円
6000cc超111,000円110,000円

自動車重量税

自動車重量税は車の重量に応じてかかります(軽自動車は一律)。新規登録時に3年分、以後は2年ごとの車検のときに2年分を支払うことになります。

エコカーかエコカーでないか、登録してからの年数によって税額が変わります。税額は以下の表をご確認ください。

継続検査時の自動車重量税の税額(2年自家用)
車両重量エコカーエコカー(本則税率)エコカー外
右以外13年経過18年経過
軽自動車免税5,000円6,600円8,200円8,800円
0.5t以下5,000円8,200円11,400円12,600円
~1t10,000円16,400円22,800円25,200円
~1.5t15,000円24,600円34,200円37,800円
~2t20,000円32,800円45,600円50,400円
~2.5t25,000円41,000円57,000円63,000円
~3t30,000円49,200円68,400円75,600円

※車検時に2年分まとめて支払う金額です。

出典:国土交通省「自動車重量税額について」

保険料

自動車の保険には法律で加入が義務付けられている自賠責保険と任意加入の自動車保険(任意保険)とがあります。自動車保険は任意加入の保険ですが、自賠責保険だけでは補償額が足りず、実質的には加入が必須の保険です。

自賠責保険

自賠責保険料は期間や車種、地域によって異なります。車検のタイミングで次回の車検までの分を支払うのが一般的で、保険期間が24か月・離島及び沖縄を除く地域の保険料は、自家用乗用自動車で20,010円、軽自動車で19,730円です(2021年4月1日以降始期の保険料)。

自動車保険

自動車保険(任意保険)は契約する車や補償内容、運転者の年齢などによって大きく変わるので一概にいくらということはできません。参考として、当サイト「インズウェブ」の自動車保険一括見積もりサービスを利用したユーザー(2021年4月~2022年3月)から調査した記名被保険者の年齢代別の保険料の平均を紹介します。等級や契約車両、希望する補償内容などが異なるユーザーの調査結果なのであくまでも参考にとどめるようにしてください。

記名被保険者の始期日年齢車両保険なし車両保険(一般)
18歳~20歳157,935円333,231円
21歳~25歳82,235円159,711円
26歳~29歳48,269円87,788円
30代32,725円59,994円
40代30,424円57,029円
50代28,780円56,896円
60代27,544円52,525円
70歳以上34,405円60,152円

車検代・メンテナンス費用

自家用乗用車の場合、新車購入時には3年後、それ以後は2年ごとに車検を受ける必要があります。上ですでに説明をしている自動車重量税と自賠責保険料も車検のときに支払うのでそれも合わせて6万円~10万円ほどかかります。また、車検を通すために部品の交換などが必要な場合では追加でその分の費用がかかります。

燃料費

車を運転する分だけ燃料費が必要となります。電気自動車の場合は代わりに充電のための電気代がかかります。

どれくらいの費用がかかるかは車の燃費の良さやどれくらいの距離を走るかなどによって変わりますが、レギュラーガソリンが170円/Lで車の燃費が20km/L、年間に8,000km走行したとすると、年間の燃料代はおおよそ68,000円(8,000km/年÷20km/L×170円/L)となります。

駐車場代

自宅の敷地内に車を置くことができない場合は駐車場を借りることになるので、その費用が維持費に加算されます。駐車場の使用料金はその場所の地価によって左右され、都心では高く地方では安くなる傾向にあります。東京23区内だと月に2、3万円とかかる一方で、地方だと月数千円で済む場合もあります。

1年あたりの維持費

上で説明した項目を1年あたりの金額にして維持費を算出すると以下の表のようになります。車の維持費は車種や運転頻度、走行距離、地域などによっても大きく変わってきますのであくまでも目安としてください。

項目軽自動車コンパクトカーミニバン(Mクラス)
自動車税10,800円30,500円36,000円
自動車重量税3,300円12,300円16,400円
自賠責保険料9,865円10,005円10,005円
その他車検代・メンテナンス代50,000円50,000円50,000円
自動車保険料55,000円60,000円65,000円
燃料費68,000円68,000円80,000円
駐車場代102,000円102,000円102,000円
合計290,465円332,805円359,405円

※自動車税・自動車重量税・自賠責保険料は2022年6月時点での金額です。
※自動車保険料は年齢や等級、契約車両、補償内容などによって大きく変わります。
※燃料費は年間走行距離:8,000km、ガソリン代:170円/L、軽自動車・コンパクトカーの燃費:20km/L、ミニバンの燃費:17km/Lとして計算しています。
※駐車場代は月8,500円として計算していますが、地域によって大きく異なります。

下げられる維持費と下げられない維持費

車を所有するうえでどのような維持費がかかるのか紹介しましたが、可能な限り維持費は抑えたいというのが正直なところでしょう。維持費を抑えるうえで重要なのが、維持費の中でも金額を抑えられる費用と抑えられない費用があるということです。

コストを抑えることができない維持費というのは自動車税や自動車重量税、自賠責保険料があります。車自体を変更すればこれらの費用も下げることができますが、まだ買い替えの時期ではないのに維持費のためだけに買い替えるのは逆に損をしてしまうでしょう。また、ミニバンサイズの車が必要なのに維持費のためだけに軽自動車を購入したら生活が不便になってしまいます。金額差は年数万円くらいなので、車の買い替え時に維持費のことも頭に入れて車を選ぶ程度でよいのではないでしょうか。

一方で、自動車保険料や車検代(法定費用除く)、燃料費、駐車場代などは契約・利用する会社の見直しや運転の仕方を気を付けることなどで維持費を抑えることが可能です。次の段落で維持費を安くする方法について紹介していきます。

車の維持費を安くするには?

車の維持費を安くするためにどのようなことができるのかいくつか方法を紹介します。できることから試してみましょう。

ダイレクト型(ネット型)自動車保険に変更する

一般に、ディーラーや街中の保険代理店などで契約する代理店型の自動車保険よりも、インターネットで直接保険会社と契約するダイレクト型(ネット型)自動車保険の方が保険料が安い傾向にあります。間に代理店を挟まないので、代理店手数料などを削減できるためです。

代理店の担当者と顔を合わせて相談しながら契約をすすめたいという場合には向きませんが、自分で補償内容のことを調べて決めることができるという場合はダイレクト型自動車保険も検討してみましょう。ダイレクト型自動車保険であっても不明点は電話やメール、ホームページ上にあるWebチャットなどで保険会社に尋ねることが可能です。

また、ダイレクト型自動車保険の中でも保険会社によって保険料に差があるので、保険料を安くすることを考えるのであれば各社の見積もりを取って比較することが大切です。一社一社個別に見積もりを取るのは大変なので、一括見積もりサービスを利用してみましょう。一度に複数社の見積もりを取れるのでどこの保険会社が安いのか簡単に比較できます。

自動車保険を安くするには一括見積もりがおすすめ!

車のメンテナンス・乗り方で燃費を改善

タイヤの空気圧を正常にする、エンジンオイルを適度に交換するといった車のメンテナンスや、余計な荷物は載せない、急発進・急停止を避ける、不要なアイドリングはやめるといった車の乗り方の改善によって車の燃費を上げることができます。

具体的には以下のような方法があります。

車のメンテナンス

  • タイヤの空気圧を適正にする
    空気圧が50kPa不足している場合、市街地で2.5%、郊外で4.3%、高速道路で4.8%燃費が悪化します(2000ccセダンを用い実験室にて測定)。
  • エンジンオイルを適度に交換する
    エンジンオイルが汚れているとエンジンオイルの持つ潤滑性能などが落ち、本来必要以上の燃料が必要となって燃費が悪化してしまいます。

車の乗り方

  • 余計な荷物は載せない
    100kgの荷物を載せて走ると3%程度燃費が悪化します。
  • ゆっくり発進・ゆっくり停止を心がける
    やさしい発進を心がけるだけで10%程度燃費が改善し、早めにアクセルから足を離すことで2%程度燃費が改善します。
  • 不要なアイドリングはやめる
    10分間のアイドリングで燃料を130cc程度消費します。
  • 車間距離に余裕を持たせる
    車間距離が短くなると無駄な加速や減速の機会が増えるため、市街地では2%程度、郊外では6%程度燃費が悪化します。
ガソリン代を節約するには?車の維持費を下げる方法も紹介!
2021年初には130円台半ば~後半だったレギュラーガソリンの価格が160円台後半になるなど、ガソリン価格の高騰が続いています。アメリカなどと協調して石油備蓄の放出を検討していたり、石油の元売り会社へ ...

続きを見る

車検を受ける先を変更する

車をディーラーで購入したらディーラーから車検の案内が来ることも多いですが、車検を受けられるのはディーラーだけではありません。ディーラーでの車検は品質が高く、サービスも充実している傾向にありますが、その分料金も高くなってしまいます。

最終的には「費用」と「質や安心感」のどちらをより重視するのかということになるのですが、ディーラー以外にも整備工場や車検専門店、カー用品店、ガソリンスタンドなどでも車検を受けることができるので、いくつか値段感を聞いてみて車検に出す先を決めるようにしましょう。

車検はどこで受けるのがいい?車の維持費を抑えるには?
車を購入したら定期的に車検を受ける必要があります。車検の有効期間は種別ごとに異なっており、自家用乗用車の場合は新車登録から初回の検査が3年間、以降は2年間です。車に乗り続けるのなら必須の車検ですが、車 ...

続きを見る

安い駐車場を探す

自宅に駐車スペースがなければ駐車場を借りる必要がありますが、特に都心では駐車場の料金が重くのしかかってきます。劇的に安くすることは難しいですが、自宅近辺で安い駐車場がないか探してみるのもよいでしょう。ただし、料金の安さと利便性はトレードオフのようなところもありますので、料金を安くしたいのであれば何かしらの不便さは受け入れる必要があります。

車の新規登録から13年以上経過しているなら買い替えを検討する

新規登録から、ガソリン車(ハイブリッド車除く)の場合は13年、ディーゼル車の場合は11年経つと自動車税や自動車重量税は高くなります。また、自動車重量税は18年経過するとさらに高くなります。税額自体は数万円程度の差ですが、車のメンテナンスにも大きな費用がかかるようになってきます。税金が高くなるのを一つのきっかけとして買い替えを検討してみるのもよいでしょう。

まとめ

車は購入したらそれで終わりではなく、維持費として年に数十万円の費用がかかってきます。車を買い替えないと自動車税や自動車重量税、自賠責保険を安くすることは難しいですが、自動車保険料や燃料費、車検代(法定費用除く)などは同じ車でも工夫次第で安くすることができます。特に自動車保険料に関しては代理店型からダイレクト型に変えることだけでも数万円安くなることもあるので、一括見積もりサービスを活用して保険料の安い自動車保険を探してみましょう。

自動車保険をまとめて比較!保険料が安くなる!!

自動車保険を安くしたい方はこちらもチェック!!

※当ページは自動車保険に関する一般的な内容を記載しています。個別の保険会社に関する内容は各保険会社様へお問い合わせください。

ご友人紹介キャンペーン
ご友人紹介キャンペーン

インズウェブSNS公式アカウント

  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note
  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • youtube
  • pinterest
  • note
\インズウェブのお得情報を発信!/友だち追加

記事が参考になったらシェアお願いします!

  • この記事を書いた人

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。

-自動車保険を安くするには

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.