自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

自動車保険を安くするには

自動車保険の「家族限定」の「家族」とはどこまでが範囲?

投稿日:

自動車保険料を安く抑えるには、運転者を限定するというという方法があります。運転者を限定する運転者限定特約で「家族限定」にしている場合において、「家族」とはどこまでの範囲を指しているのでしょうか。自動車保険が規定している家族の範囲と一般的な家族の範囲とは違う点があるので注意しましょう。

家族限定特約の家族の範囲

まず、自動車保険の運転者限定特約の限定のタイプには何があるのか確認しておきましょう。

限定する範囲運転できる人保険料
限定なし誰が運転しても補償される高い↑保険料↓安い
家族限定本人+本人の配偶者+同居の親族+別居の未婚の子
本人・配偶者限定本人+本人の配偶者
本人限定本人のみ

家族限定特約

家族限定特約の「家族」について確認しておきましょう。家族限定特約の範囲とは一般的に次の通りになります。保険会社によっては限定できる範囲が異なる場合があります。契約する保険会社の家族限定の範囲は確認しておきましょう。

記名被保険者(本人)

契約の車を主に運転する人

記名被保険者の配偶者

法律上の婚姻関係はもちろん、内縁関係にある場合も含みます。

記名被保険者またはその配偶者の同居の親族

「同居」は、一つの建物に同居している親族のことをいいます。同じ敷地内であっても別々の母屋に住んでいたり、同じ建物であっても住宅内部で行き来ができない場合は別居として扱われます。そのため、二世帯住宅の場合は、同居とみなされるか別居とみなされるかの判断は保険会社に委ねられるため確認が必要です。

「親族」は、配偶者、6親等以内の血族、3親等以内の姻族になります。本人を起点として算定するのが血族、配偶者を起点として算定するのが姻族です。

記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子

「別居の未婚の子」は、婚姻歴のない別居の子供です。子供と同居している場合は、同居の親族となりますので家族限定の範囲ですが、別居の子供は未婚である場合に家族限定の範囲として補償対象となります。

車の前で悩む女性
別居の子供が帰省時に車を運転しても大丈夫?
ゴールデンウィークやお盆、年末年始など別居中の子供が帰省してくることがあると思います。子供が帰省中に実家の車を運転する場合、実家でかけている自動車保険の補償対象となるのでしょうか。その答えの鍵は「運転 ...

続きを見る

「家族限定特約」が廃止!?

自動車保険の運転者限定特約で「家族限定」の割引は多くの保険会社で設けられていましたが、2019年1月1日の改定より家族限定は大手の自動車保険会社を中心に廃止となっています。背景には、単身世帯や核家族世帯の増加に伴い、「本人・配偶者限定」を選択する比率が高まっていることが要因です。

「家族限定」を廃止した大手の保険会社では、新たに「本人限定」の割引を設けています。車の運転者を家族限定から本人限定とすると保険料の割引率も大きくなります。しかし、本人(記名被保険者)以外が運転をして事故をおこしてしまった時の補償は一切受けられなくなってしまうので注意が必要です。運転者の範囲については、家族としっかり相談し契約するようにしましょう。

運転者限定特約と年齢条件の設定で保険料を安く抑えよう!

「家族限定」などの運転者の限定で車の運転者を制限した上で、運転者の年齢条件で車を運転する人の年齢も制限する事ができます。その場合、家族内の年齢に合わせて年齢条件を選択するようにしましょう。

年齢条件の対象は記名被保険者からみた同居の親族なので、別居の未婚の子に合わせた年齢条件にする必要はありません。例えば21歳の別居の未婚の子が帰省時に車に乗るという場合、自動車保険が家族限定・35歳以上補償であっても補償の対象となります。また、これまで同居していた21歳の未婚の子供が別居となった場合、年齢条件を夫婦に合わせる事により保険料を抑える事ができます。

運転者限定特約を付けている場合は年齢条件を、「記名被保険者・配偶者・同居の親族」で一番年齢が低い人に合わせて設定するとよいでしょう。運転者の限定と運転者の年齢条件を設けている場合は、両方満たしていないと運転中に起こした事故について補償外となってしまい保険金を受け取る事ができません。補償の範囲が限定されれば保険料を安く抑える事はできますが、必要な補償の範囲をしっかり確認し契約する事が大切です。

自動車保険は運転者の限定で安くなる
自動車保険料を節約する方法の一つに、自動車保険に「運転者限定特約」をつけることがあります。だれが運転してもよい状態から運転する人を限定することでリスクを減らし、結果として保険料を安くすることができるの ...

続きを見る

運転者の年齢条件って何?
10代、20代は他の年代と比べて事故の当事者となる確率が高いことが統計データよりわかっています。運転者の年齢条件で自動車保険の補償の範囲に入る下限の年齢をあげることによって、事故を起こす確率が小さくな ...

続きを見る

まとめ

自動車保険の運転者限定特約で家族限定としている場合の家族は「記名被保険者・配偶者・同居の親族・別居の未婚の子」となります。同居の親族はどこまでなのか、別居の未婚の子とはどういう事かをしっかり理解し、記名被保険者以外が車のハンドルを握るときの事故のリスクにしっかり備えるようにしましょう。

1970年から約50年間続いた「家族限定」の割引ですが、世帯構造の変化により廃止としている保険会社が増えてきています。運転者限定特約で運転者を限定する場合は、補償される運転者が限定されるため、家族でしっかり相談し契約するようにしましょう。

家族構成やライフスタイルの変化によって、自動車保険の契約内容も定期的に見直しを行う習慣をつけておくとよいでしょう。補償の範囲を限定する事によって保険料を安く抑える事ができます。しかし、万が一の事故のために備えておく自動車保険ですので、補償の内容と保険料のバランスで自分に合った契約にする必要があります。自動車保険の補償の範囲と補償内容をしっかり理解し、起きてしまうかもしれない事故の備えとして準備しておきましょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

-自動車保険を安くするには

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.