自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

三井ダイレクト損保の自動車保険

自動車保険を安くするには

自動車保険は本人限定にすると安くなる!デメリットはある?

投稿日:

自動車保険では車を運転する人の範囲を限定するほど保険料が安くなります。限定できる範囲は保険会社によって異なりますが、「家族限定」、「本人・配偶者限定」、「本人限定」のうち保険会社が採用しているものの中から選ぶ形が一般的です。そして、最近の流れとしては「家族限定」が廃止され、「本人限定」が採用されるようになっています。この「本人限定」についての詳細や「本人限定」にするデメリットはあるのか、他の人に運転させる場合の補償について紹介します。

本人限定特約とは?

自動車保険の本人限定特約とは、補償の対象となる運転者を記名被保険者本人のみに限定する特約です。記名被保険者というのは契約車両を主に運転する人のことです。運転者を本人限定にすることで保険料が7~8%ほど割引になります。

運転者を限定する特約は本人限定以外にもあります。保険会社によって限定できる範囲は異なりますが、おおむね、「家族限定」、「本人・配偶者限定」、「本人限定」の中から選ぶ形になっています。最近の流れとしては核家族化や単身世帯の増加などから家族限定が廃止され、代わりに本人限定が新設される形となっています。

補償される運転者の範囲
本人限定本人・配偶者限定家族限定限定なし
(1) 記名被保険者
(2) (1)の配偶者×
(3) (1)または(2)の同居の親族××
(4) (1)または(2)の別居の未婚の子××
(5) (1)または(2)の別居の既婚の子×××
(6) 上記以外(友人・知人など)×××

※親族とは「6親等以内の血族」「配偶者」「3親等以内の姻族」のことをいいます。
※未婚とは婚姻歴のないことをいいます。離婚して独身という場合には一般に未婚には当たりません。

本人限定にするデメリットはある?

運転者限定の中でも最も割引率が高い本人限定ですが、何かデメリットはあるのでしょうか。

考えられることとしては配偶者や子供などに車を貸して運転した場合に補償を受けることができないということです。もしその状態で事故を起こしてしまったら自動車保険が使えず、多額の賠償を自分たちで支払っていく必要が生じます。また、そうなるのを避けるために、旅行中などで運転につかれたときに運転を気軽に変わってもらうことができず、そうする場合は限定の解除や1日自動車保険の加入などで対処する必要があります。

他の人が運転する場合はどうすればいい?

自動車保険を本人限定にしていたとしても、他の人が運転する機会が訪れる可能性はあります。そうした場合、事故時に補償を受けるためにはどのようにすればよいのでしょうか。

他車運転特約を利用する

友人や知人が車を運転するという場合、その車を貸した相手、またはその家族が自動車保険に加入している場合は「他車運転特約」を利用できる場合があります。

「他車運転特約」 とは、契約の車以外を借りて運転しているときに起こしてしまった自動車事故を、自分の車の自動車保険を利用して補償を受けられる特約です。補償内容は自分の車の自動車保険の内容に準じます。記名被保険者以外に、配偶者や別居の未婚の子も対象となります。

車を貸した相手またはその家族が加入している自動車保険に他車運転特約がついていれば、それを使ってもらうことで補償を受けることができます。等級もその相手の等級が下がることになるので自分の保険料が高くなる心配もありません。

注意点としては車両についての補償です。貸した相手の自動車保険で車両保険を契約していなければ、その相手の他車運転特約では車両の損害に対して補償を受けられません。また、車両保険がエコノミー型で自損事故を起こした場合なども同様に車両の損害に対して補償を受けることができません。

また、配偶者や同居の親族が所有または主に使用する車に対しては他車運転特約は使えません。つまり、家族に一時的に貸すという場合にはこの手段はとれないということを覚えておく必要があります。

大勢でのドライブ「他車運転特約」があると安心です!
行楽シーズンなどは特に、グループで出かけられる方も多いのではないでしょうか。友人同士でドライブの計画があったり、車で行楽地のキャンプ場などに出かける方も増えるでしょう。夏は海水浴、冬はスキーにと大人数 ...

続きを見る

一時的に本人限定を外す

他の人が運転するのが年に数回という場合やお盆や年末年始など特定の期間という場合、他の人に貸す期間だけ一時的に本人限定を外すという手も考えられます。

本人限定を外すと、残りの保険期間の分について日割りで保険料の差額を払う必要がありますが、本人限定ありの状態に戻すことでそれ以後の分の保険料は戻ってきます。本人限定ありに戻すのを忘れると保険料が高いままになるので注意してください。

車の疑問
保険期間の途中に運転者限定・年齢条件の変更はできる?
自動車保険料は運転者限定や年齢条件を付けることによって安くすることができます。しかし、運転者限定や年齢条件の範囲外の方が運転中に事故を起こしてしまったら補償を受けることができません。子供が帰省時に運転 ...

続きを見る

1日自動車保険に加入してもらう

車を運転するのが配偶者以外であれば1日自動車保険に加入してもらうという方法もあります。

1日自動車保険とは、その名の通り1日(24時間)単位で加入することができる自動車保険です。友人・知人や親など他の人の車を借りて運転する際に加入できます。なお、自分や配偶者が所有する車では1日自動車保険に加入することはできません。

補償内容は契約する会社やプランにもよりますが、肝心な対人賠償や対物賠償は各社とも無制限に補償を受けることができます(対物賠償は申込プランによって5万円の自己負担が必要な場合があります)。また、自身や同乗者に対する補償も搭乗者傷害特約や自損事故傷害特約で補償を受けることができます。

ただし、車両補償をつけたい場合には注意が必要です。車両補償をつけたい場合には利用開始日の8日以上前に申し込む必要があります。車両に対する補償も欲しいのであれば事前に計画して申し込みを行う必要があります。

車のキーの受け渡し
1日自動車保険はどんな保険?補償内容は?
1日だけあるいは数日だけ友人や実家の車を借りて運転したいというときに便利なのが1日自動車保険です。ここ数年で多く名前を聞くようになってきましたが、どのような保険なのでしょうか。1日自動車保険の基礎知識 ...

続きを見る

まとめ

車を運転するのが記名被保険者本人のみという場合、運転者限定特約で「本人限定」とすることで保険料を安くすることができます。ただし、他の人が運転する場合には補償が受けられないので注意する必要があります。もし他の人が運転する場合には、その人の自動車保険の他車運転特約を利用する、一時的に本人限定を外す、1日自動車保険に加入してもらうといった方法を使い、補償がない状態で運転させることがないようにしましょう。

自動車保険をまとめて比較!保険料が安くなる!!

※当ページは自動車保険に関する一般的な内容を記載しています。個別の保険会社に関する内容は各保険会社様へお問い合わせください。

  • この記事を書いた人

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。

-自動車保険を安くするには

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.