自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

自動車保険を安くするには

自動車保険の保険料はボーナス払いできる?

投稿日:

自動車保険の保険料の支払いには年払(一括払い)や月払(分割払い)などの方法がありますが、ボーナス払いも可能なのでしょうか。クレジットカードでの支払いを選択するとクレジットカードのボーナス払いには対応しているのかなど気になりますよね。自動車保険の保険料はボーナス払いが可能なのかや、年払や月払などの支払方法や支払の種類についても確認しておきましょう。

保険料の支払いはボーナス月に合わせよう!

現在、自動車保険の保険料の支払いをボーナス払いで契約する事ができる保険会社はありません。自動車保険の保険料をボーナス月に支払いたい場合は、自動車保険の契約を年払(一括払い)にし、勤めている会社のボーナス月に合わせて契約するという方法を検討しましょう。

しかし、ボーナス月に合わせて自動車保険の契約を行いたいという理由で自動車保険の保険契約がない「無保険」の期間が生じてしまわないように注意しなければいけません。万が一、自動車保険の保険契約がない期間に死傷事故を起こしてしまい、巨額の賠償責任を負ってしまうと、自賠責保険の補償額を超える部分の賠償は自己負担となってしまいます。多額の賠償金のために、これまでの生活が一変してしまうようなことにもなりかねません。事故を起こしてしまった相手への十分な賠償と自分自身の生活のためにも、自動車保険の保険契約がない無保険の状態にならないように備えておかなければいけません。自動車保険料の年払(一括払い)の支払いの負担が大きい場合は、月払(分割払い)の制度を選択する事も検討してみましょう。

クレジットカードのボーナス払いには対応していない

自動車保険の保険料の支払いは多くの保険会社でクレジットカードでの支払いを選択する事が可能です。クレジットカード会社に「ボーナス払い」という制度がありますが、クレジットカードでのボーナス払いはあくまでも取扱加盟店側の判断によります。現在、自動車保険の保険料の支払いにクレジットカードのボーナス払いに対応している保険会社はありません。クレジットカード会社によって支払方法を後で調整できる場合もありますが、支払方法の調整もクレジットカード会社の制度です。支払方法の調整や変更が可能かどうかは利用しているカード会社に確認しましょう。

自動車保険の支払方法を確認しておこう!

自動車保険は、2年や3年といった長期契約もありますが、1年間で契約する事が基本です。保険料の支払いにおいては年払(一括払い)と月払(分割払い)を選択する事ができます。年払が基本となりますが、多くの保険会社で月払にも対応していますので確認しておきましょう。

年払(一括払い)

自動車保険の保険期間の保険料を一度に支払ってしまう制度が年払(一括払い)です。勤務先のボーナス月に自動車保険料の支払い月を合わせたいと考えている人は、年払のメリットをおさえて参考にするとよいでしょう。

年払(一括払い)のメリット

年払は、一度にまとまった金額の出費が必要になりますが、大きく分けて3つのメリットがあります。

  • 総支払額が安くなる

    年払の場合は月払よりも総支払額が安くなります。保険料を安くしたいのであれば年払を選びましょう。

  • 支払方法の選択肢が多い

    年払の場合、口座振替、クレジットカード払い、コンビニ振り込みなど複数の支払方法の中から自分に合ったものを選ぶことができます。対して月払の場合、クレジットカード払いのみなど支払方法が限られるケースが多いです。

  • 未払いによる契約解除の恐れが少ない

    月払の場合、口座残高の不足やクレジットカードの期限切れなどで保険料の未払いが続くと契約解除となってしまう場合があります。その点、年払の場合は一年に一度の支払いなのでうっかりミスの可能性が低くなります。

月払(分割払い)

年払(一括払い)は、月払(分割払い)より総支払額が安くなるというメリットがありますが、一度に支払わなければならない金額が大きく、負担となってしまう事もあるでしょう。保険料の分割払いに対応しているかは保険会社によりますが、月払を選択すると1回あたりに支払う保険料の負担を軽く抑える事ができます。自動車保険の長期契約で分割払いを選択した場合、年払方式や月払方式を選択できるのかは保険会社に確認してみましょう。等級が低く保険料が高くなってしまう人や新車を購入したことで車両保険の契約を行い保険料が上がってしまった人などは分割払いの選択も検討しましょう。

分割払いの注意点

自動車保険の保険料の支払いを保険会社で月払(分割払い)を選択した場合は、年払(一括払い)と比較し総額で5%高い保険料となります。また、分割払いの方法として、クレジットカード会社の分割払いの制度を利用する事もできます。こちらは、利用するクレジットカード会社の分割設定となり、必ずしも利用できるとは限ません。また、クレジットカード会社の手数料(約8%)が加算されることも覚えておきましょう。

①保険会社による分割払い②クレジットカード会社による分割払い

(1) 保険会社による分割払い
保険会社自身がカード会社などに分割で請求をしてくれます。
そのため、光熱費や家賃のように毎月クレジットカードなどに保険会社からの請求が立ちます。
(2) クレジットカードによる分割払い
保険会社ではなく、クレジットカード会社による分割払いとなります。
ショッピング時に「何回払いにしますか?」と聞かれた際、1年契約=12か月契約なので「12回払いでお願いします」と答えたと考えていただければ分かりやすいかもしれません。

クレジットカードでの支払いを上手に利用しよう

自動車保険の保険料の支払いの種類は保険会社によって違いますが、何パターンか用意されている事が多いです。年払(一括払い)の場合は、銀行振込、コンビニ払、振込用紙での支払いに加え、クレジットカードでの支払いなどから選択できます。しかし、月払(分割払い)では、クレジットカードでの支払いのみの対応であるなど年払より支払いの種類が限定される保険会社が多いようです。

年払でも月払でもクレジットカードでの支払いを選択した場合は、クレジットカード会社独自のポイントやマイル等を貯める事ができます。クレジットカード払いにすることによってポイント還元を受ける事ができるのです。一般的なもので0.5%~1%の還元となっています。

自動車保険の保険料の支払いはボーナス払いで契約する事はできません。また、今のところ、クレジットカードのボーナス払いに対応している保険会社もありません。年払(一括払い)での保険料が大きな負担となってしまうような場合には、月払(分割払い)を選ぶ事も検討してみましょう。月払にすると支払う保険料の総額は年払に比べ高くなってしまいますが、クレジットカードの支払いを選択する事でクレジットカード会社のポイント還元などの付加サービスを受けることにより実質的に保険料を割り引くことが可能になります。上手にクレジットカード払いを利用し十分な補償を少しでも安い保険料で契約できるように工夫しましょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

-自動車保険を安くするには

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.