自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

自動車保険を安くするには

一括見積もりで自分だけの安い自動車保険ランキングを作ろう!

投稿日:2022年3月7日 更新日:

車を運転するなら事故に備えて入っておきたい自動車保険。しかし、必要なものとわかっていても保険料はできるだけ安く抑えたいところだと思います。そこで手っ取り早く、自動車保険の保険料の安いランキングを知りたいと調べているところかもしれませんが、あなたに合った条件での保険料の安い会社は実際に見積もりをしてみないとわかりません。一括見積もりであなただけの自動車保険ランキングを作るのがおすすめです!

ランキングだけでは安い自動車保険が分からない理由

ランキングを見るだけではどの自動車保険が一番安いかはわかりません。なぜなら、自動車保険の保険料を決める要素はさまざまにあり、条件によってどの保険会社が一番安いのかが変わるからです。

自動車保険の保険料ランキングはアンケートの結果や特定の条件のもとに見積もりを取った結果をもとにして作られていることが多いようですが、そのランキングが作られた条件に自分の条件がすべて合致しているということはまずないでしょう。それゆえ、ランキングは参考にはなりますが、実際に自分の条件で保険料が安い自動車保険を知るには見積もりを取る必要があるのです。

自動車保険料を決める要素

自動車保険の保険料を決める要素はさまざまにあると書きましたが、もちろん、ランダムや担当者の好みで決めているわけではありません。事故に遭うリスクが高い=保険金を支払う可能性が高い契約者の保険料は高く、事故に遭うリスクが低い=保険金を支払う可能性が低い契約者は保険料が安くなるようになっています。

保険料に反映することができるリスクは保険業法施行規則第12条第3項に定められた以下の9つの項目です。ただし、すべてを用いる必要はなく、保険会社によって採用する項目は異なります。また、これらの項目による保険料率の較差も好きに決めてよいわけではなく、統計や保険数理に基づいて定めることになっています。

  1. 年齢
  2. 性別
  3. 運転歴
  4. 営業用、自家用その他自動車の使用目的
  5. 年間走行距離その他自動車の使用状況
  6. 地域
  7. 自動車の種別
  8. 自動車の安全装置の有無
  9. 自動車の所有台数
自動車保険料の平均・相場はいくら?年齢でどう変わる?
自動車を運転するのであれば自動車保険が必須と言ってもよいほどですが、毎年毎年保険料がかかるものなので、皆がどれくらいの保険料を払っているのか気になるところです。もちろん、補償内容などで保険料は変わるも ...

続きを見る

安い自動車保険を知るには一括見積もりがおすすめ

自分の条件でどの自動車保険が安いのか知るには実際に見積もりを取ってみる必要があると紹介しました。しかし、ランキング上位の会社に絞るとしても一社一社見積もりを取るのは面倒で大変です。そこでおすすめなのが自動車保険一括見積もりサービスを利用することです。

自動車保険一括見積もりサービスとは、一度の情報入力で複数の保険会社の見積もりを取ることができるサービスです。複数社の見積もりを取るために同じ情報を何度も入力する手間が省けます。対応する保険会社については見積もり依頼完了後にすぐ、保険料の試算結果を確認・比較することができます。

一括見積もりサービスを利用すれば自分が希望する補償内容や契約条件でどの保険会社が安いのか簡単に知ることができるのです。

保険料の安いダイレクト型にデメリットはある?

自動車保険ランキングを見たり一括見積もりを利用したりすると、ダイレクト型(ネット型)の自動車保険の保険料が安いことがわかります。保険料が安くなる端的な理由としては間に代理店を通さないからです。代理店を通さない分、手数料や人件費、賃料などを安くすることができるのです。

それでは、代理店を通さないことで何かデメリットはあるのでしょうか?考えられるデメリットとしては、「対面で相談できる担当者がいない」ということでしょう。補償内容を決めるときに代理店の担当者と顔を合わせて相談しながら決めたいという方にはネット自動車保険は不向きかもしれません。

他に挙げられることは、事故という非日常の事態のときに対面で相談できる相手がいないということです。ただし、実際の事故対応は代理店ではなく保険会社が行うものなので、見知った代理店の人と対面で相談したいという場合を除いてダイレクト型自動車保険でも不都合はないと思います。

事故対応は大丈夫?

保険料の安いダイレクト型自動車保険でよく不安要素に挙げられるのが事故対応です。しかし、その多くは事故対応に関する勘違いから生まれています。

代理店型であっても事故対応の際の主役となるのは保険会社です。代理店が事故対応のときにできることはあまりなく、契約者と保険会社を仲介するなどのサポート的な役割に限られてしまいます。事故の状況を受けて、過失割合を判断したり事故相手との示談交渉を行ったりするのはあくまでも保険会社の役割です。

以上から、事故対応の点で肝心となるのは保険会社そのものの事故対応力です。そして、保険会社間の示談交渉は過失割合を協議することとなるのですが、この過失割合は過去の類似の事故の裁判例や裁判所から公表されている基準に基づいて決定します。会社の規模が小さいから示談交渉力も弱いということはないのでダイレクト型であっても不安になる必要はありません。

パソコンを見て悩むカップル
ネット自動車保険はなぜ安い?デメリットは何かある?
テレビCMなどでもネット自動車保険の広告をよく見かけるようになってきました。ネット自動車保険は「ダイレクト型」、「通販型」などとも呼ばれますが、「代理店型」の自動車保険よりも保険料が安いことが特徴です ...

続きを見る

まとめ

自動車保険のランキングを見るだけでは「自分にとって」一番安い自動車保険はわかりません。保険料はさまざまな要素によって決まっているので、実際に安い会社を知るためには各会社の見積もりを取る必要があります。しかし、ランキングを参考に上位の保険会社の見積もりを取るとしても、同じような内容の入力を数回は繰り返す必要があり面倒です。一括見積もりサービスを利用すれば一度の情報入力で複数の保険会社から見積もりを取ることができます。保険料の安い保険会社を探すには一括見積もりをぜひご利用ください。


堀田健太

著者情報

堀田 健太
東京大学経済学部金融学科を卒業後、2015年にSBIホールディングス株式会社に入社、インズウェブ事業部に配属。以後、一貫して保険に関する業務にかかわる。年間で100本近くの保険に関するコンテンツを制作中。

自動車保険をまとめて比較!保険料が安くなる!!

自動車保険を安くしたい方はこちらもチェック!!

※当ページは自動車保険に関する一般的な内容を記載しています。個別の保険会社に関する内容は各保険会社様へお問い合わせください。

ご友人紹介キャンペーン
ご友人紹介キャンペーン

インズウェブSNS公式アカウント

  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note
  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • youtube
  • pinterest
  • note
\インズウェブのお得情報を発信!/友だち追加

記事が参考になったらシェアお願いします!

  • この記事を書いた人

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。

-自動車保険を安くするには

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.