自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

自動車事故徹底ガイド

保険が使えない事故がある!?自動車保険の適用外とは

投稿日:2018年8月16日 更新日:

自動車保険に入っていれば万が一の事故でも補償によって経済的損失を軽減することができます。しかし、すべての事故で保険が適用されるわけではありません。飲酒運転や無免許運転などの違法運転以外でも補償されないケースがあるので気を付けてください。

保険が使える事故、使えない事故

自動車保険をかけているからといって、どんな事故でも、またどんな状況下でも保険金が支払われるわけではありません。保険の種目ごとに異なりますが、それぞれに「保険金を支払えない場合」という決まりごとがありますので、いざというとき、「そんなはずじゃなかった‥‥」と後悔しないためにも、保険会社のパンフレットや契約後に送られてくる約款(保険の説明書)にはしっかり目を通しておきたいものです。

自動車保険が使えない代表的なケースについて紹介していきます。

飲酒運転、麻薬服用時の運転

飲酒運転で事故を起こした場合は保険金が支払えわれないのは有名ではないでしょうか。また、同じように麻薬や違法薬物を使用していた場合も保険金が支払われません。

飲酒運転や麻薬服用時に事故を起こした人に対して保険金が支払われないのは納得がいくところだとは思いますが、巻き込まれた被害者に対しての保険金についてはどうなるのでしょうか。そこに関しては安心してください。対人賠償や対物賠償は被害者保護の観点から、ドライバーが違法運転をしていた場合でも支払われます。

無免許運転のとき

無免許運転も飲酒運転や麻薬服用時の運転と同じく違法運転なので、対人賠償や対物賠償といった被害者に対する保険金は支払われますが、車両保険や搭乗者傷害保険などの自身のための保険金については支払われません。

父母・子供・配偶者が相手の事故

対人賠償、対物賠償は他人に対して支払われる保険なので、父母・子供・配偶者が相手の場合は適用外となります。例えば、親の車にぶつけてしまっても対物賠償で賠償金を支払うということはできません。そのような場合は、車両保険を使って直すこととなります。

※詳しくは約款や契約保険会社に適用外となる範囲をお確かめください。

故意の事故

故意に事故を引き起こしたと認定された場合は保険金が支払われません。飲酒運転などの違法運転では対人賠償、対物賠償が支払われますが、故意の事故についてはそれらについても支払われません。

なお、自賠責保険についても故意の事故については免責事由として認められていますが、被害者からの請求に対しては保険金が支払われます。この場合、保険金を支払った保険会社はその分を政府に請求し、政府は故意に事故を起こした者らに対してその分を請求します。

地震・噴火・津波による損害または傷害、戦争や内乱などの被害

地震・噴火・津波による被害や戦争や内乱、暴動などによる被害については免責事項に該当し、保険金が支払われません。これらは一度にきわめて巨大な損害を発生させる可能性があり、適切な保険料の設定が困難なためです。

地震・噴火・津波については、車が全損となった場合に一時金を支払う特約を販売している保険会社もあります。

台風・洪水・高潮による損害または傷害

台風・洪水・高潮については地震などと同じく自然災害ですが、車両保険の適用を受けることができます。このケースで車両保険を使った場合、1等級ダウン事故に該当するので、翌年の等級が1つ下がり、事故有係数適用期間が1年加算されます。

60日以内に報告しなかった事故

事故が発生してから60日以内に保険会社に連絡しないと補償を受けることができません。補償が必要なのに60日も保険会社に連絡しないということはあまりないかとは思いますが、事故にあったらできるだけ早く、可能であれば事故当日に保険会社に連絡をしましょう。

保険が使えない事例
 対人賠償対物賠償車両保険
飲酒運転・無免許運転・麻薬服用時の運転  ×
父母・子供・配偶者が相手の事故×× 
故意の事故×××
地震・噴火・津波による損害または傷害×××
戦争や内乱、暴動などによる損害や傷害×××
台風・洪水・高潮による損害または傷害×× 

※保険商品によって内容が異なる場合があります。詳細については、該当商品の約款等を必ずご確認ください。

車両保険が支払われないとき

車両保険についても保険金が支払われるケースと支払われないケースが規定されています。

上で説明した範囲では、飲酒運転、無免許運転などの違法運転によって起こった事故、地震やテロの被害にあったケース、故意に起こした偽装事故などは車両保険で保険金が支払われません。

また、たとえ車が動かなくなっても、故障と事故とは区別しなければなりません。エンジントラブルや、クルマの欠陥、腐食、さび、摩滅、部品の消耗などは、車両保険ではいっさいカバーされないのです。

タイヤのトラブルについても注意が必要です。車両保険では、基本的にタイヤだけに生じた損害はカバーされません。衝突事故や盗難が起こって、そのクルマの他の部分と同時にタイヤも損害を受けた場合は支払いの対象になりますが、パンクやパンクと見分けがつかないいたずら(駐車中にキリで突き刺されたようなケース)の場合は、車両保険金はおりません。

保険に入っていればどんな時でも保険金の支払を受けられると思い込んでいると痛い目にあいます。あらかじめ保険金が支払われないケースについても頭に入れておきましょう。

-自動車事故徹底ガイド

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.