自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

自動車保険と自賠責保険の違いってなに?

投稿日:2018年8月2日 更新日:

自動車保険(任意保険)と自賠責保険について、違いを理解せずに両方とも入るべきものとして加入している人もいるのではないでしょうか。このページでは改めて自動車保険と自賠責保険の違いについて説明したいと思います。

自賠責保険とは

自賠責保険は「自動車損害賠償保障法」と呼ばれる交通事故の被害者救済を主な目的として制定された法律に基づき運用されており、正式名称は「自動車損害賠償責任保険」です。
主に自動車とバイク(原付含)が対象で、自動車の場合には購入時や車検時に加入や継続をする事になります。
そして加入は「強制」です。

自賠責保険に加入していないと公道上を車で走る事は許されていません。
もし未加入や保険期間を切れたまま運転している場合には、
「50万円以下の罰金or1年以下の懲役」+「違反点数6点(免許停止処分)」
が課せられますので注意が必要です。
さらに自賠責保険証明書を車に備え付けていない場合には「30万円以下の罰金」という処分もあります。
それだけ車(バイクも含む)を運転する人は必ず必要な保険です。

自賠責保険と自動車保険の違い

自賠責保険と自動車保険の違いは以下の通りです。

補償内容自賠責保険自動車保険
対人賠償死亡3000万円迄
ケガ120万円迄
後遺障害等詳細は下部参照。
死亡、ケガ 無制限が一般的
対物賠償無し~無制限
その他の補償無し有り

自賠責保険では、自動車(バイク)を運転中に事故を起こして相手に対してケガをさせたり、死亡させたりした場合の対人賠償を補償します。対物賠償やその他の補償はありません。

自賠責保険の補償内容の詳細

自賠責保険の主な補償範囲は以下の通りです。

 損害の範囲支払限度額(被害者1名あたり)
傷害による損害治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料最高120万円
後遺障害による損害逸失利益、慰謝料等神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合
      常時介護のとき:最高4,000万円
      随時介護のとき:最高3,000万円
後遺障害の程度により
第1級:最高3,000万円~第14級:最高 75万円
死亡による損害葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人および遺族)最高3,000万円
死亡するまでの傷害による損害(傷害による損害の場合と同じ)最高120万円

自賠責保険はどうやって使うの?

自賠責保険は使用される方が「被害者」か「加害者」かによって利用の流れが違います。

被害者の場合
自賠責保険においての被害者とは、過失割合を問わずケガをした方を指します。
ご自身が被害者の場合にはそのまま「被害者請求」として申請が可能です。
加害者の場合
自賠責保険においての加害者とは、被害者に対しての相手の方の事を指します。
ご自身が加害者の場合には、被害者からの請求に対して損害賠償金等(治療費等)を既に被害者や病院等に支払済の場合にのみ「加害者請求」として申請が可能です。
なお、まだ被害者や病院等に支払をしていない場合には申請できませんが、当座の治療費の出費に充てるための被害者に対する仮渡金制度があります。

自賠責保険の保険料

自賠責保険の保険料は国土交通省から発表されています。

 60ヶ月48ヶ月36ヶ月24ヶ月
自家用自動車35,950円25,830円
軽自動車34,820円25,070円
軽二輪
(125cc超~250cc以下)
22,510円19,140円15,720円12,220円
原動機付自転車
(125cc以下)
16,990円14,690円12,340円9,950円

※平成29年4月1日以降始期の契約で、離島以外の地域(沖縄県を除く)に適用する保険料(共済掛金)

車種や期間によって保険料は変わっています。

まとめ

自賠責保険と自動車保険は同じ保険ではありますが補償される内容は大きく異なります。自賠責保険だけでは必要とされる賠償額に届かないケースも出てきますし、特に対物は補償されておりません。
車を運転する場合には必ず任意保険である自動車保険にも加入しましょう。

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.