自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

任意保険ってなに?

投稿日:2018年8月3日 更新日:

強制保険ともいわれる自賠責保険を補うのが任意保険です。一般に自動車保険という場合は任意保険の方を指します。自動車事故の賠償額は高額になりがちなので、任意ではあるもののほとんどの車が任意保険に加入しています。それでは、任意保険とはどのようなものなのか説明します。

任意保険とは

自動車の任意保険は一般的に自動車保険と呼ばれており、二輪自動車(バイク)の場合にはバイク保険と呼ばれています。
自動車保険は主に初めて車を購入する際に、車の販売店で加入するケースが多いです。
契約期間は通常1年ですが、最近は3年といった長期間の契約も増えてきています。

また、自動車保険は車に対してかける保険です。家族で1台の場合には1契約ですが、複数台を持っている場合には複数台分の契約をそれぞれ行う必要があります。

任意保険は基本となる補償内容や手続き方法を定めた普通保険約款と、オプションとなる補償内容などを定めた特約の2つで成り立っています。

任意保険(自動車)の補償内容

任意保険の補償内容は以下の通りです。

補償の対象
他人への賠償・対人賠償責任保険
 ※自賠責保険では足りない不足分
・対物賠償責任保険
ご自身の補償
(同乗者)
・人身傷害保険
  (自損事故保険)
  (無保険車障害保険)
・搭乗者傷害保険
・車両保険

自動車保険には損害の種類に応じた様々な保険があり、これらの保険を組み合わせて補償内容が決定します。また、それぞれの保険には保険金の上限を決める事ができ、これによって保険料も変わってきます。

任意保険を提供しているのは?

任意保険を提供しているのは保険会社や共済です。

保険会社は金融庁からの許諾を取らないと営業が出来ません。
また、法律によって規制されており、財務状況についてもソルベンシーマージン比率を一定以上を維持しないといけない等の決まりがあります。

共済についても保険業法上の保険業に該当する場合には保険業法の規制対象になっています。

保険料の仕組み

任意保険の保険料は純保険料率と付加保険料率で成り立っています。

保険料率(保険料)は、「合理的・妥当・不当に差別的でない」という3つの原則に基づいて算出する必要があり、損害保険料率算出機構が算出する参考純率に基づいて保険会社等は保険料率を算出しています。
尚、付加保険料率については保険会社が独自に算出しております。

更に保険料率には、保険契約者が支払う保険料が、自動車の種類や運転者の年齢、過去の事故歴等個々のリスクの差異に応じたものとなるように料率区分を設けています。

主な料率区分がある項目は以下の通りです。

  • 自動車の種類(用途・車種)
  • 付保台数(ノンフリート・フリート)
  • 自動車の型式(型式別料率クラス)
  • 自動車の安全性能(自動ブレーキ等)
  • 初度登録年月(新車・新車以外等)
  • 支払限度額など(保険金額等)
  • 運転者の年齢(年齢条件)
  • 過去の事故歴(ノンフリート等級や事故有係数適用期間)
  • 運転者の範囲(運転者限定)

このように任意保険の保険料はかなり複数の要素で保険料が決まっており複雑です。
特に有名なのが、事故を起こすと等級が下がり翌年度の保険料が値上がりする事です。
(事故を起こさなければ等級が上がり保険料は値下げされる。)
これ以外にも免許証の色や年齢で保険料が変わるなど様々な要素によって決定されます。

保険料は保険会社の公式サイトや一括見積もりといったサービスを使用する事で簡単に知る事が出来ます。

まとめ

任意保険は自賠責保険ではカバーしきれない相手への賠償と自分自身への補償をカバーしてくれます。保険料は保険会社等によっても変わりますが、大きいのは運転履歴(事故回数等)や車といった情報によって変わってくる事です。

任意保険を検討する際には、保険会社の公式サイトでの算出、一括見積もりといったサービスを利用して見積もりを取得すると良いでしょう。

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.