自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

任意保険ってなに?

投稿日:2018年8月3日 更新日:

強制保険ともいわれる自賠責保険を補うのが任意保険です。一般に自動車保険という場合は任意保険の方を指します。自動車事故の賠償額は高額になりがちなので、任意ではあるもののほとんどの車が任意保険に加入しています。それでは、任意保険とはどのようなものなのか説明します。

任意保険とは

自動車の任意保険は一般的に自動車保険と呼ばれており、二輪自動車(バイク)の場合にはバイク保険と呼ばれています。自動車保険は主に初めて車を購入する際に、車の販売店で加入するケースが多いです。それ以外にも街中の専業代理店で契約したり、ネット上で契約したりすることもできます。契約期間は通常1年ですが、3年といった長期間の契約もあります。

また、自動車保険は車に対してかける保険です。家族で1台の場合には1契約ですが、複数台を持っている場合には複数台分の契約をそれぞれ行う必要があります。

任意保険は基本となる補償内容や手続き方法を定めた普通保険約款と、オプションとなる補償内容などを定めた特約の2つで成り立っています。

任意保険(自動車)の補償内容

任意保険の補償内容は以下の通りです。

補償の対象
他人への賠償対人賠償責任保険
※自賠責保険では足りない不足分
対物賠償責任保険
ご自身の補償
(同乗者)
人身傷害保険
  (自損事故保険)
  (無保険車傷害保険)
搭乗者傷害保険
車両保険

自動車保険には損害の種類に応じた様々な保険があり、これらの保険を組み合わせて補償内容が決定します。また、それぞれの保険には保険金の上限(保険金額)を決めることができ、これによっても保険料は変わってきます。

自動車保険の種類

自動車保険の基本補償

補償内容説明
対人賠償保険契約車両の事故により他人を死傷させてしまった場合に、自賠責保険を超える賠償額について保険金が支払われます。保険金額(保険会社から支払われる保険金の限度額)は無制限とするのが一般的です。
対物賠償保険契約車両の事故により他人の車やモノを壊した場合などに、その賠償額について保険金が支払われます。店舗に突っ込んでしまった場合の休業補償なども対象です。保険金額は無制限とするのが一般的です。
人身傷害補償保険自動車事故による自身や同乗者のケガの治療費(実費)や、後遺障害による逸失利益や介護料、精神的損害、働けない間の収入等を過失相殺による減額なしに補償する保険です。事故相手との示談交渉の終了を待たずに保険金を受け取ることができます。
搭乗者傷害保険契約車両の事故により運転者や同乗者が死傷したとき、 入院・通院日数、または部位症状別に定額の保険金が支払われる保険です。保険金の支払が早いことが特徴で、損害額自体がまだ固まっていない状況においても保険金を受け取れます。人身傷害の上乗せと考えるのがよいでしょう。
自損事故保険契約車両を運転中の自損事故で、運転者や同乗者が死傷した場合に保険金を受け取れる保険です。自賠責保険でカバーできる場合や、人身傷害で補償される場合には一般的にはそちらの保険で補償されます。自損事故保険は基本的に自動付帯となっています。
無保険車傷害保険自分に対して補償をする事故の相手が「自動車保険に入っていない」「補償内容が不十分」な場合に保険金を受け取れる保険です。人身傷害を請求できる場合には人身傷害から優先して支払われるのが一般的です。基本的に自動付帯となっています。
車両保険車両保険とは自分の車の修理費等を補償する保険です。交通事故以外にも盗難や自然災害(地震・噴火・津波は除く)などで車に損害が発生したときにも保険金が支払われます。一般型とエコノミー型(範囲が狭い代わりに保険料が安いタイプ)の2種類が用意されているのが一般的です。
自動車保険の補償内容はどう選ぶ?選び方のポイントを紹介!
自動車保険と一口に言いますが、その中身は事故相手への補償、物に対する補償、自分や搭乗者への補償、自分の車の補償などさまざまです。そして、その補償内容の選び方によって自動車保険料は左右されます。補償内容 ...

続きを見る

自賠責保険との違い

義務か任意か

自賠責保険は強制保険とも呼ばれ、加入していなければ公道を走ることはできません。加入していない状態で走行した場合、違反点数6点で一発免停となります。また、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。基本的には車の購入時に加入して車検のときに更新します(自賠責の保険期間が車検の有効期間をカバーしていないと車検証が交付されません)。

一方で任意保険は名前の通り加入するのは任意です。自賠責保険のように加入していなければ公道を走れないということはありません。しかし、次で説明する補償範囲・補償額の関係でほとんどの方が任意保険にも加入しています。

補償範囲・補償額

自賠責保険と任意保険の補償範囲・補償額には以下の表のような違いがあります。

他人への補償自身への補償
自賠責保険
ケガ:120万円まで
死亡:3000万円まで
後遺障害:4000万円まで
×××
任意保険

自賠責保険では事故相手が死傷した場合の賠償について一定の金額まで補償を受けられます。しかし、事故相手が死亡した場合や重い後遺障害が残った場合、過去には1億円を超える賠償命令が出たこともあり、そうした場合には自賠責保険では足りません。また、モノを壊してしまったときも、店舗に突っ込んでしまった場合や高額な商品を運んでいる車と事故を起こした場合などに賠償額が高額になってしまいますが、自賠責保険では補償を受けられません。こうした自賠責保険では足りない分を補うことができるのが任意保険です。

自動車保険(任意保険)と自賠責保険の違いってなに?
自動車保険(任意保険)と自賠責保険について、違いを理解せずに両方とも入るべきものとして加入している人もいるのではないでしょうか。このページでは改めて自動車保険と自賠責保険の違いについて説明したいと思い ...

続きを見る

自動車保険を安くするには一括見積もりがおすすめ!

任意保険を提供しているのは?

任意保険を提供しているのは保険会社や共済です。

保険会社は金融庁からの許諾を取らないと営業ができません。また、法律によって規制されており、財務状況についてもソルベンシーマージン比率を一定以上に維持しないといけない等の決まりがあります。

共済についても保険業法上の保険業に該当する場合には保険業法の規制対象になっています。

保険料の仕組み

任意保険の保険料は純保険料率と付加保険料率で成り立っています。

保険料率(保険料)は、「合理的・妥当・不当に差別的でない」という3つの原則に基づいて算出する必要があり、保険会社は損害保険料率算出機構が算出する参考純率などを参考に純保険料率を算出しています。なお、付加保険料率については保険会社が独自に算出しております。

さらに保険料率には、保険契約者が支払う保険料が、自動車の種類や運転者の年齢、過去の事故歴など個々のリスクの差異に応じたものとなるように料率区分を設けています。

保険料に反映することができるリスクは保険業法施行規則第12条第3項に定められた以下の9つの項目です。ただし、すべてを用いる必要はなく、保険会社によって採用する項目は異なります。

  • 年齢(運転者年齢条件、記名被保険者の年齢など)
  • 性別(現在使用している保険会社は少ないと思われます)
  • 運転歴(ノンフリート等級など)
  • 営業用、自家用その他自動車の使用目的(車の使用目的など)
  • 年間走行距離その他自動車の使用状況(走行距離区分など)
  • 地域(主に都道府県)
  • 自動車の種別(型式別料率クラスなど)
  • 自動車の安全装置の有無(ASV割引など)
  • 自動車の所有台数(ノンフリート契約、フリート契約)

このように任意保険の保険料はかなり複数の要素で保険料が決まっており複雑です。 特に有名なのが、事故を起こすと等級が下がり翌年度の保険料が値上がりし、1年間保険を使う事故を起こさなければ等級が上がって翌年度の保険料が安くなることです。

自動車保険の等級制度とは?無事故で保険料が安くなる!
自動車保険には等級制度というものがあり、保険料を決めるうえで重要な役割を果たしています。事故を起こさない人の保険料が安く、事故を起こした人の保険料が高くなるようになっています。保険料を安く抑えたいので ...

続きを見る

それ以外にも免許証の色年齢で保険料が変わるなど様々な要素によって決定されます。保険料は保険会社の公式サイトや一括見積もりといったサービスを使用することで簡単に知ることができます。

保険料を安くするには?

自賠責保険だけでは補償内容が足りないので任意保険にも加入することがおすすめなのですが、どうしても追加で保険料がかかります。特に、初めて加入する場合は等級が低いので保険料も高くなりがちです。保険料を安くするにはどうすればよいのか紹介します。

運転者の範囲・年齢条件を適切に絞る

運転者限定や年齢条件を厳しくすることで保険料を安くすることができます。運転者限定は記名被保険者(契約車両を主に運転する人)を中心とした補償される人の範囲で、本人限定や本人・配偶者限定などがあります。自分一人しか運転しないのであれば本人限定などの厳しい条件にすることで保険料を安くすることができます。

また、年齢条件で補償される年齢を限定することでも保険料を安くできます。全年齢補償よりも21歳以上補償、21歳以上補償よりも26歳以上補償が安くなりますので、運転する同居親族で一番若い人の年齢に合わせて適宜年齢条件を見直していきましょう。なお、年齢条件の対象となるのは記名被保険者と配偶者および同居の親族のみです。年下の友人や後輩などが運転するという場合でも年齢条件を設定する際には考える必要はありません。

なお、いずれも条件から外れた人が運転しているときに起きた事故は補償対象外となるので運転する人が範囲から漏れないように気をつけましょう。

月払ではなく年払にする

まとまったお金を支払う余裕があるのであれば月払ではなく年払で保険料を支払いましょう。一般に、月払の保険料は年払の保険料よりも5%高くなります。一度に大きなお金を支払うのは厳しいという場合や家計の管理のしやすさから月払のほうがよいという場合などを除いて年払で支払うことも検討してみましょう。ただし、契約の途中で解約する予定が立っているのであれば、月払の方がお得なことが多いです。年払もいくらかは保険料が返ってきますが、返ってくるのは月割りした未経過分の保険料よりも少ない額であることがほとんどです。

保険会社を見直す

自動車保険は同じ条件であっても保険会社によって保険料が異なります。現在保険代理店を介して契約する代理店型自動車保険に契約しているのであれば、主にインターネットで契約するダイレクト型自動車保険(ネット型自動車保険、通販型自動車保険)に変更するだけで保険料を安くできるかもしれません。ダイレクト型自動車保険は間に代理店を挟まないので、代理店手数料がかからない分、保険料を安くすることができるのです。

パソコンを見て悩むカップル
ネット自動車保険はなぜ安い?デメリットは何かある?
テレビCMなどでもネット自動車保険の広告をよく見かけるようになってきました。ネット自動車保険は「ダイレクト型」、「通販型」などとも呼ばれますが、「代理店型」の自動車保険よりも保険料が安いことが特徴です ...

続きを見る

また、ダイレクト型自動車保険の間でも契約する年齢や補償内容などでどこの保険会社が一番安いのか変わってきます。しかし、一社一社見積もりを取って安い会社を探すのは大変です。そこで、一番安い自動車保険を探すには一括見積もりサービスが有効です。運転者の情報や車の情報、希望する補償内容などの情報を入力することで、一度に同じ条件で複数の保険会社から見積もりを取ることができます。一括見積もりサービスを利用して複数の保険会社の見積もり結果を比較し、保険料が安い保険会社を探しましょう。

まとめ

任意保険は自賠責保険ではカバーしきれない相手への賠償と自分自身への補償をカバーしてくれます。保険料は運転履歴(事故回数等)や契約車両、補償内容などによって変わる部分が大きいですが、契約する保険会社によっても変わります。任意保険を検討する際には、一括見積もりサービスを利用して複数の会社の見積もりを取得し、比較してみるとよいでしょう。

おとなの自動車保険

自動車保険をまとめて比較!保険料が安くなる!!

自動車保険を安くしたい方はこちらもチェック!!

※当ページは自動車保険に関する一般的な内容を記載しています。個別の保険会社に関する内容は各保険会社様へお問い合わせください。

ご友人紹介キャンペーン
ご友人紹介キャンペーン
  • この記事を書いた人

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。

-基礎知識

このバナー限定!見積もり完了でプレゼント!!

このバナー限定!キャンペーン実施中!!

ハーゲンダッツアイスクリーム2個プレゼント

キャンペーン概要を必ずご確認ください

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.