自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

洪水で道路が冠水した時の車へのダメージ~水に浸った車の注意点~

投稿日:

台風による大雨や豪雨などで雨が降り続き道路が冠水していく状況で怖い思いをしながら運転したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。河川の氾濫などがあった場合はあっという間に水が道路に押し寄せ水位が増していく場合があります。そのような状況の中は運転を控える事が一番大切ですが、運転中に冠水や浸水災害にあってしまった時の対処法について覚えておきましょう。駐車中の車も浸水の被害を受けてしまう可能性もあります。また、水害被害にあった車は自動車保険で修理する事が可能なのか、車両保険の補償範囲を確認しておきましょう。

道路の冠水による車への影響

大雨や豪雨などの影響で道路が冠水し、道路も川のような状態になっているようなニュースを目にすることも増えています。道路が通行可能な状態であってもアンダーパス(道路を掘り下げて交差する道路の下をくぐる形にしたもの)のような場所では早期に水が溜まりやすく通行する時の車への影響が心配です。

冠水した道路はエンジンにダメージを与える恐れがある!

冠水した道路を走行すると、エンジンが止まってしまう可能性があります。車のフロア面を超えるような冠水の道路では、エンジンの吸気系から水が入る恐れがあり、エンジンが故障してしまう可能性があるからです。冠水が進む道路で身動きが取れないような状況になってしまうのはとても恐ろしいため、冠水の危険性がある場合や冠水した状態である道路は走行しないようにしましょう。

また、台風などの大雨で洪水となってしまった場合は、押し寄せる水であっというまに道路が浸水し立往生してしまうような恐ろしい状況になる場合もあります。浸水の深さが10cm~30cmになると車のブレーキ機能は低下するとされています。そのような状態の場合は、車が立ち往生してしまい車に閉じ込まれたまま流されてしまう危険性もあります。搭乗者は、速やかに車から脱出し安全な場所に避難しましょう。浸水で走行不能となった車は、自動車保険のロードサービスを利用しサポートを受けられる場合がありますので保険会社に相談してみましょう。

水に浸った車両はエンジンをかけない!

駐車中の車でも大雨による洪水で浸水・冠水の被害を受けた場合、外観的に問題がなさそうに見えても自己判断でエンジンをかけることは控えましょう。感電事故や電気系統のショートなどによる車両火災が発生する恐れがあります。冠水路を無事に抜けられた車も危険です。再度エンジンをかける事は控えましょう。水害の被害にあった車を使用したい場合は、車を購入した販売店や最寄の整備工場に相談してからにしましょう。特にハイブリッド車(HV)は、高電圧のバッテリーを使用しているので危険です。むやみに触らないようにしましょう。浸水・冠水などで水害の被害にあった車は、点検が終わるまでバッテリーのマイナス側のターミナルを外しておくと安心です。(※外したターミナルがバッテリーと接触しないようにテープなどで覆うような措置をしておきましょう)

国土交通省からも上記内容の注意が呼びかけられています。確認しておきましょう。

浸水スピードが速く車に閉じ込められてしまった時の対処法

大雨による洪水で道路が浸水した場合、浸水の勢いは想像以上に早いことがあります。冠水や浸水した道路の水は泥水で濁っている場合がほとんどです。道路と川の境目が分からなくなるような危険性もあります。水嵩が増し、水圧でドアを開ける事ができず、電気系統のショートなどでウインドウガラスも開かない状況の時には、緊急脱出用ハンマーを利用しガラスを割って脱出しましょう。車から脱出し身を守る事が大切ですので脱出用ハンマーは常備しておくとよいでしょう。

冠水・浸水による車への被害は車両保険で補償

台風などの自然災害が原因で道路が冠水したり浸水する事で車が損害を受けてしまった時には、自動車保険の車両保険の契約があれば補償を受ける事ができます。エンジンや電気系統が水につかってしまうと全損扱いとなってしまい廃車しなければいけないような状況も考えられます。車両保険は「一般型」と「エコノミー型」がありますが水害による損害はどちらも補償対象です。

水害の被害で車両保険を利用すると1等級ダウンの事故扱いとなります。事故有係数適用期間が1年加算されます。等級は下がってしまいますが、全損となった場合や水害を受けた車の修理費用を考えると車両保険の契約があると安心です。特に新車の場合などは被災後の車の修理費用や再購入費用などを考えると翌年度からの保険料より車両保険で車を修理・買い換えを行った方がお得になる事が多いです。

車両保険は、車両保険金額を上限として損害額から免責金額(自己負担額)を差し引いた金額を保険金として受け取ることができます。全損の扱いとなった場合は、免責金額に関わらず車両保険金額の全額が支払いとなります。特に新車の場合は、全損となった時の事を考えると車両保険の契約があるとよいでしょう。

注意点として押さえておきたい事は、地震や噴火によって発生した津波による損害は補償対象外となることです。どの保険会社も地震、噴火、津波による損害は免責事項として補償対象外としているので覚えておきましょう。ただし、全損時に一時金の支払いを受けられる特約を用意している保険会社もあるため確認してみるとよいでしょう。

水害での自動車の水没は自動車保険が使える?
近年増加傾向にある大型台風やゲリラ豪雨によって自動車も水害の損害を受ける事があります。台風やゲリラ豪雨では、河川や用水が決壊し洪水となってしまったり、雨による土砂崩れで、駐車中の車が被害にあってしまっ ...

続きを見る

冠水・浸水被害で車が動かせないときの対応

冠水・浸水の被害を受けた車は専門家の点検や整備を終えるまでエンジンはかけないようにしなければいけません。では、どのようにして車を移動させればよいのでしょうか。下記のような車の専門家に相談し対応方法について指示を受けるようにしましょう。

  • 自動車保険のロードサービスに相談する(レッカーサービス)
  • 販売店や整備工場に相談する
  • JAFのロードサービスに相談する

台風などの災害により広い地域で水害被害があった場合は、契約している自動車保険会社やJAFのロードサービスに救援要請が集中する事が考えられます。電話がつながり辛い場合もあります。事前に救援アプリなどその他の連絡方法がないかJAFや自動車保険会社のサービスを確認しておくとよいでしょう。

冠水の恐れがある場所を把握しておこう

近年、台風などが原因での大災害も増えてきています。予想以上の雨量で道路が冠水したり、洪水となり冠水や浸水被害で車が水につかってしまう恐れもあります。大雨の予報の際には可能であれば運転を控えたいですが、難しい場合も多いため、普段から冠水の危険性のある場所は把握しておくとよいでしょう。アンダーパスとなっている場所などは、関東地方であれば国土交通省関東地方整備局の関東地域における道路冠水注意箇所マップで紹介されています。その他の地域でも各地方自治体などから公開されている事が多いので確認しておくとよいでしょう。

水害の被害にあった車は、外見上問題がなくても自己判断でエンジンをかけると危険です。購入した販売店や自動車整備工場などの専門家に点検や整備をしてもらうようにしましょう。

水害の被害にあった車は、エンジンや電気系統にダメージがあると修理が難しくなる場合があります。全損となってしまっても自動車保険の車両保険の契約があれば水害被害は補償対象となります。車は道路を走行し、地上の駐車場や車庫などに駐車されている事がほとんどですので、冠水や浸水被害を受けやすいです。水害被害が心配な場合は、車両保険の契約を検討しましょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.