自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

車の維持費はどれくらい?軽自動車と普通車で変わる?

投稿日:

車は購入時だけでなく、保有し続ける限りは維持費がかかります。税金や保険料、ガソリン代、駐車場代と様々な費用がかかりますが、これらはいったいどれくらいかかるのでしょうか?軽自動車と普通車の違いや節約のポイントについても紹介します。

車の維持費としてかかるものは?

まずは車の維持費としてどのようなものがかかるのか紹介していきます。

税金

維持費としてかかる税金には自動車税・軽自動車税と自動車重量税があります。

自動車税・軽自動車税

自動車税では普通車の場合は排気量に応じた額の、軽自動車の場合は一律の税金がかかります。4月1日時点の所有者に課税され、納期は原則として5月中です。

自家用乗用車の自動車税・軽自動車税
用途区分総排気量2019年9月30日以前新規登録車の税額2019年10月1日以降新規登録車の税額
軽自動車一律10,800円10,800円
普通車1000cc以下29,500円25,000円
1000cc超1500cc以下34,500円30,500円
1500cc超2000cc以下39,500円36,000円
2000cc超2500cc以下45,000円43,500円
2500cc超3000cc以下51,000円50,000円
3000cc超3500cc以下58,000円57,000円
3500cc超4000cc以下66,500円65,500円
4000cc超4500cc以下76,500円75,500円
4500cc超6000cc以下88,000円87,000円
6000cc超111,000円110,000円

なお、環境性能が高い車には税額の軽減措置が取られています。逆に、新規登録から一定の年数(ガソリン車13年、ディーゼル車11年)が経過した場合には税金額が高くなります。

自動車重量税

自動車重量税は車の重量に応じてかかります(軽自動車は一律)。新規登録時に3年分、以後は2年ごとの車検のときに2年分を支払うことになります。

継続検査時の自動車重量税の税額(2年自家用)
車両重量エコカーエコカー(本則税率)エコカー外
右以外13年経過18年経過
軽自動車免税5,000円6,600円8,200円8,800円
0.5t以下5,000円8,200円11,400円12,600円
~1t10,000円16,400円22,800円25,200円
~1.5t15,000円24,600円34,200円37,800円
~2t20,000円32,800円45,600円50,400円
~2.5t25,000円41,000円57,000円63,000円
~3t30,000円49,200円68,400円75,600円

※2019年5月1日からの税額

保険料

自動車の保険には法律で加入が義務付けられている自賠責保険と任意加入の自動車保険(任意保険)とがあります。自動車保険は任意加入の保険ですが、自賠責保険だけでは補償額が足りず、実質的には加入が必須の保険です。

自賠責保険

自賠責保険料は期間や車種、地域によって異なっており、保険期間が24か月で離島及び沖縄を除く保険料は、自家用乗用自動車で21,550円、軽自動車で21,140円です(2020年4月~の料金)。自賠責保険は車検のタイミングで次回の車検までの分を支払うのが一般的です。

自動車保険

自動車保険(任意保険)は契約する車や補償内容、運転者の年齢などによって大きく変わるので一概にいくらということはできません。自動車保険一括見積もりサービスを利用して複数社の見積もりを取ることで希望する車・補償内容での相場が分かるでしょう。

メンテナンス費用

車検代、消耗部品の交換費用、故障時の修理費用などがかかることになります。車検の際には自動車重量税、自賠責保険料を除いても数万円はかかることになります。検査で不具合が見つかり修理が必要となった場合には部品代や整備費用が上乗せになります。

燃料代

車を走行させるために必要なガソリンや軽油の費用です。電気自動車の場合は充電に必要な電気代がこれに相当します。どれくらいの費用がかかるかは車の燃費の良さやどれくらいの距離を走るかなどによって変わります。例えば、レギュラーガソリンが130円/Lで車の燃費が20km/L、年間に7000km走行したとすると、年間の燃料代はおおよそ45,500円(7000km/年÷20km/L×130円/L)となります。

駐車場代

自宅の敷地内に車を置くことができない場合は駐車場を借りることになるので、その費用が維持費に加算されます。駐車場の使用料金はその場所の地価によって左右され、都心では高く地方では安くなる傾向にあります。東京23区内だと月に2、3万円とかかる一方で、地方だと月数千円で済む場合もあります。

ローン金利

車を購入する際にローンを利用した場合はその金利もかかってきます。かかる額はどれだけの金額を借りたのか、年利何%の契約で借りたのかによって異なります。

軽自動車と普通車で維持費は異なる?

一般に、軽自動車の方が普通車よりも維持費は安くなります。というのも、自動車税や自動車重量税、自賠責保険料は軽自動車の方が安くなり、また、任意の自動車保険料も普通車と比べて安い傾向にあるからです。

軽自動車の任意保険料、気になる相場は?
近年、価格の安さなどを背景に軽自動車に人気が出ています。自動車保険についても普通乗用車と比べて保険料が安いというイメージを持つ人が多いですが、実際のところはどうなのでしょうか。軽自動車の自動車保険料の ...

続きを見る

人によって金額の差が出にくい自動車税、自動車重量税、自賠責保険料について、軽自動車と普通車の中でも小型乗用車の金額の差を比較すると以下の表のとおりになります。

軽自動車小型乗用車※
自動車税10,800円/年25,000円/年
自動車重量税6,600円/2年
(1年あたり3,300円)
16,400円/2年
(1年あたり8,200円)
自賠責保険料21,140円/2年
(1年あたり10,570円)
21,550円/2年
(1年あたり10,775円)
合計24,670円/年43,975円/年

※エコカー減税は考慮に入れておりません。
※小型乗用車の自動車税は排気量によって、自動車重量税は車両の重量によって税額は変わります。本表では2020年上半期に販売台数の多かったトヨタのライズ(XSグレード)を念頭に作成しています。
※自賠責保険料は離島・沖縄を除く地域の料金です。

上表3つの比較だけだと年間で2万円ほどの維持費の差があることになります。ただし、エコカー減税対象車だとその差は縮まります。購入候補の車があるのであれば、その車の自動車税や自動車重量税で比較してみるとよいでしょう。

車の維持費の節約方法!

車の維持費はすべて合わせると年間数十万円と馬鹿にならない金額がかかります。できることなら少しでも節約したいですよね?車の維持費を安くする方法について、車選びの段階と車購入後とに分けて紹介します。

車選びのとき

燃費の良い車を選ぶ

燃費が良い車を選べば維持費として掛かってくる燃料代を安く抑えることができます。特に多くの距離を走る予定という場合には燃費の良さが燃料代を大きく左右することになります。また、一定の燃費基準をクリアすれば税金額も軽減されるのでさらに維持費を抑えることができます。

軽自動車やコンパクトカーを選ぶ

軽自動車やコンパクトカーで十分だという場合はこれらを選ぶことで維持費を安く抑えることができます。自動車税や自動車重量税を安く済ませることができるのに加え、燃費の良い車も多いので燃料代も抑えることができます。もちろん、用途によっては軽自動車やコンパクトカーでは不十分ということもありますので、そうした場合は維持費を重視するのではなく用途に合った車を購入してください。

現金で購入あるいはできるだけ低金利のローンを組む

低金利の時代とは言え、ローン金利も積もれば大きな金額となります。少しでも維持費を抑えたいのであれば、現金で購入できる範囲の車にしたり、できるだけ金利の安い金融機関でローンを組んだりするようにしましょう。現金一括購入が難しくても、一部を現金で支払うことでその後の負担や利息の支払いを減らすことができます。

車の購入後

自動車保険を見直す

自動車保険は契約する保険会社によって保険料が変わります。特に、代理店型の自動車保険に加入している場合は自分でネット等を通じて契約するネット型の自動車保険に変更すれば、代理店手数料などの分、保険料を安くすることができます。代理店担当者と対面で話をしながら契約をしたいという場合は向きませんが、そうでなければネット型自動車保険も検討してみましょう。

どこの保険会社がいいのか分からないという場合は自動車保険一括見積もりサービスを利用してみるとよいでしょう。車の情報や契約者・運転者の情報、希望する補償内容の情報などを入力することで一度に複数社の見積もりを取ることができます。複数社の見積もりを比較して保険料が安い自動車保険を探しましょう。

古い車は乗り換えを検討する

新規登録から、ガソリン車(ハイブリッド車除く)の場合は13年、ディーゼル車の場合は11年経つと自動車税や自動車重量税は高くなります。また、自動車重量税は18年経過するとさらに高くなります。維持費のためにも環境のためにも新規登録から13年経つ前に車を乗り換えるのがよいでしょう。

まとめ

車の維持費は購入する車や住んでいる地域などにもよりますが、年間で数十万円の費用がかかります。車の購入段階で燃費の良い車を購入したり、購入後でも自動車保険を変更したりすることで維持費を抑えることは可能です。特に自動車保険は、現在代理店型の自動車保険に契約している場合はネット型自動車保険に変更するだけで年間数万円安くなることもあります。自動車保険一括見積もりサービスを利用して安い自動車保険を探しましょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

  • この記事を書いた人
アバター

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.