自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

三井ダイレクト損保の自動車保険

基礎知識

レンタカーで事故を起こした場合、自動車保険の補償はどうなる?

投稿日:

車を運転する以上、レンタカーであっても事故を起こす可能性があります。自分の車で事故を起こした場合は自分で契約している自動車保険を使うと思いますが、レンタカーで事故を起こした場合、自動車保険の補償はどうなるのでしょうか?

レンタカーを借りるときには一緒に自動車保険に加入する

レンタカーを借りる場合、必ず自動車保険に加入することになります。なぜなら、レンタカー事業を行うためには国土交通大臣の許可が必要なのですが、その審査基準に十分な補償を行いうる自動車保険に加入することが含まれているからです。そのため、自分で事前に自動車保険に加入しなくても無保険で運転するということにはなりません。ただし、運転者として申請しなかった人が運転中に起こした事故は対象外となりますので、運転する可能性がある人は必ず申請するようにしましょう。

レンタカーと一緒に加入する自動車保険の注意点

レンタカーを借りる際には自動車保険に加入することになりますが、その保険にはいくつか注意点があります。どのようなことに注意が必要なのか紹介します。

補償内容が薄い場合がある

先に書いた通り、レンタカー事業を行うには自動車保険への加入が必須です。ただし、許可の基準となっているのは以下の通りであり、自分で自動車保険に加入する場合の補償の充実さは必ずしも望めません。

  • 対人賠償 1人あたり 8000万円以上
  • 対物賠償 1人あたり 200万円以上
  • 搭乗者補償 1人あたり 500万円以上

自動車保険で対人・対物無制限がほぼ標準となっている現在において、名の知れているレンタカー業者ではさすがにこの基準ギリギリとなっているということはありませんが、対物賠償が無制限ではないという会社はあります。また、その他の補償も自分で自動車保険に加入した場合よりも薄いことが考えられるので、どのような補償を受けられるのかは事前にしっかりと確認するようにしましょう。

対物賠償・車両補償に5万円程度の免責金額

オプションに加入せずに基本補償のままだと対物賠償や車両補償に5万円などの免責金額がつくことが多いです。免責金額というのは自己負担額です。例えば、事故を起こして50万円の賠償責任を負ったとすると、保険から支払われるのは45万円で5万円は自己負担が必要だということです。自己負担なく補償を受けたいという場合は別途料金がかかりますがオプション補償が用意されていることが多いです。

ノンオペレーションチャージ(NOC)がかかる

ノンオペレーションチャージ(NOC)とは、事故などでレンタカーに修理が必要になったときに、修理の間その車両を貸し出せないことによる損害に対して支払う金額です。事故を起こしたとき以外にも、タバコのにおいがしみついてしまったりシートをひどく汚したりして他のお客に貸し出せない状態にした場合も、貸し出せない間のNOCが発生する場合があります。NOCの支払を免除するオプションが用意されている場合もありますので、そうした支払は避けたいという場合は確認してみましょう。

自分が加入している自動車保険も利用可能

レンタカーを借りるときに加入することになる自動車保険について説明してきましたが、自分の車で加入している自動車保険の他車運転特約を使って補償を受けることも可能です。他車運転特約での補償は自分の自動車保険の補償に準じるので、対物賠償の金額が制限されていて万が一のときに心配という場合でも安心して借りることができます。

ただし、自分の車で車両保険をつけていない場合は他車運転特約でも車両保険は使えないのでご注意ください。また、他車運転特約は駐車中や停止中の事故は対象外です。駐車場などで当て逃げされたという場合には使えないということは覚えておいてください。

さらに注意点として、自分の車の自動車保険の他車運転特約を利用する場合は等級が下がって翌年の保険料が上がります。レンタカーの利用料の中に保険料も含まれているので、レンタカーの保険を利用するのを第一とし、レンタカーの保険の限度額以上の賠償が発生した場合や何らかの理由でレンタカーの保険を使えない場合に他車運転特約を利用するというのがよいでしょう。

大勢でのドライブ「他車運転特約」があると安心です!
行楽シーズンなどは特に、グループで出かけられる方も多いのではないでしょうか。友人同士でドライブの計画があったり、車で行楽地のキャンプ場などに出かける方も増えるでしょう。夏は海水浴、冬はスキーにと大人数 ...

続きを見る

自分の自動車保険のロードサービスは使えない

自分の自動車保険の他車運転特約を利用することができると紹介しましたが、自分の自動車保険のロードサービスは対象車両が契約車両となっているのでレンタカーでは利用することができません。レンタカーの保険にも基本的なロードサービスがついていることが多いのですが、無料で受けられるサービスの範囲が狭くて思わぬ出費が必要となる可能性もあります。どのようなロードサービスがあるのか、無料の範囲でどれだけのサービスを受けられるのかということも事前に確認しておくとよいでしょう。

また、JAFに加入しているという場合は自分の車と変わらずにJAFのサービスを受けることができます。なぜならJAFは車両単位ではなく人単位での契約だからです。レンタカーなど自分の車以外に乗る機会が多いという場合はぜひ覚えておきましょう。

1日自動車保険は対象外

車を借りるときに加入する保険というと1日自動車保険を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、レンタカーは1日自動車保険の対象外となっています。レンタカーの保険の補償内容が限定的だから1日自動車保険を契約する、当初運転する予定になかった人が運転するために1日自動車保険に加入するといった方法は使えませんのでご注意ください。1日自動車保険は、一部例外はあるものの、個人間で車を借りるときのものと覚えておきましょう。

1日自動車保険はレンタカーやカーシェアリングの車も対象となる?
1日自動車保険は、1日だけあるいは数日だけ友人や家族の車を借りて運転したいというときに加入する保険です。1日だけのちょっとした運転でも万が一の事故のリスクに備え自動車保険の補償がある状態にしておく必要 ...

続きを見る

レンタカーで事故を起こしてしまったら

レンタカーを運転中に万が一事故を起こした・事故に遭った場合には、車を安全な場所に停車して負傷者の確認後、必ず警察に連絡してください。法律上、事故を起こしたら警察に届け出る義務があるということのほかに、警察に届け出ていないとレンタカーの保険を使えない可能性があります。

警察への連絡がすんだらレンタカー会社にも事故の報告をして指示を仰ぎましょう。レンタカーの保険の適用を受ける条件として事故後にレンタカー会社に連絡を入れることが含まれていることもあります。基本的にレンタカーの保険を使うことになるので、その適用をきちんと受けることができるようにレンタカー会社の指示に従って行動してください。

まとめ

レンタカーの利用料には保険料が含まれています。レンタカー事業を行うためには自動車保険に加入する必要があるので全くの無保険で車を運転するということはないでしょう。ただし、自分の車で自動車保険に加入するときよりも補償内容が限られている場合も多いので、事故時にどのような補償を受けられるのかはきちんと確認しておくようにしましょう。また、事故時には営業損害としてNOCが発生します。オプションでNOCの支払をなくせる場合もありますのでこうした支払を避けたい場合はオプションに加入するのがよいでしょう。

自分の車の自動車保険の他車運転特約を利用することもできますが、等級が下がって保険料が上がってしまいます。レンタカーの保険を第一として考えて、他車運転特約はレンタカーの保険の補償では不十分なとき、何らかの理由で利用できないときなどの備えと考えましょう。

おとなの自動車保険

自動車保険をまとめて比較!保険料が安くなる!!

※当ページは自動車保険に関する一般的な内容を記載しています。個別の保険会社に関する内容は各保険会社様へお問い合わせください。

  • この記事を書いた人

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。

-基礎知識

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.