自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

三井ダイレクト損保の自動車保険

基礎知識

自動車保険にレンタカー費用特約(代車費用特約)は必要?

投稿日:

交通事故などにより車に修理が必要となったとき、修理している間の交通手段に困る場合があります。代車を借りられればよいですが、代車に空きがなくレンタカーを借りる必要がある場合もあります。そうした場合の費用の補償にレンタカー費用特約が役立ちますが、果たして特約で備える必要はあるのでしょうか。

レンタカー費用特約(代車費用特約)とは?

レンタカー費用特約とは、事故等で車に修理が必要となり、修理期間中にレンタカーを借りた場合に、その費用について1日あたり5,000円~10,000円を上限として実費が補償される特約です。日額5,000円という保険会社が多いですが、7,000円や10,000円を選択できる保険会社もあります。期間については最大30日という会社が多いですが、15日などと短くなっている保険会社も存在します。

なお、基本的には車両保険を契約している場合にのみ付帯できる特約です。車両が古いなどの理由で車両保険を契約していない場合は対象とならないのでご注意ください。

使うと等級はどうなる?

レンタカー費用特約のみを使用しても等級は下がらないのが一般的です。ただし、レンタカー費用特約の出番となるような場合では車両保険を使用していることも多いです。車両保険を使用している場合は事故の内容に応じて翌年度の等級が1等級または3等級下がります。

レンタカー費用特約の注意点は?

レンタカー費用特約を使用する場合の注意点を紹介します。実際に使用するときに慌てないように確認しておきましょう。

故障の場合は対象外が多い

車が事故ではなく故障で修理が必要となる場合もありますが、レンタカー費用特約の対象となるのが「車両保険で補償される事故で修理が必要となったとき」などと限定されていて、故障の場合は補償の対象外となっていることも多いです。「レンタカー費用特約が使えず、思わぬ出費が必要となった」ということがないよう、対象となる場合を事前によく確認しておく必要があります。

友人・知人から借りる場合は対象外

レンタカー費用特約の対象となるのはレンタカー会社から借りた場合で、友人・知人や家族にお金を払って車を借りたというような場合は補償の対象とはなりません。また、保険会社指定の会社以外から借りる場合には事前に保険会社の承認が必要となる場合があるのでご注意ください。

上限より小さい費用でも差額は受け取れない

特に、日額10,000円などの上限が大きな額で契約した場合の注意となりますが、レンタカー費用特約で補償されるのは基本的に実費なので、上限の額とレンタカーの費用の差額を受け取ることはできません。日額5,000円で借りられる車に乗るのに日額10,000円の契約をするのは保険料の無駄となるので注意しましょう。

ロードサービスの代車サービスとは違う?

ロードサービスにも代車やレンタカーを借りることができるサービスが存在しますが、これはレンタカー費用特約とは目的が異なり、代替できるものではありません。ロードサービスにおける代車の貸し出しやレンタカー費用の補償は、基本的に出先で動けなくなったときに目的地や自宅まで移動するための一時的な移動手段のためのものです。そのため、修理期間中に仕事に行くためにレンタカーを借りるという場合にはレンタカー費用特約でないと補償されません。

緊急時の移動手段のためにレンタカーを借りるのか(ロードサービス)、日常的な移動手段の代替としてレンタカーを借りるのか(レンタカー費用特約)と違いがあり、これにより日数や条件などが大きく異なるので、あくまでも別のものという認識でいるようにしましょう。

レンタカー費用特約は必要?

レンタカー費用特約が必要となるのかいくつか判断基準となるものを紹介します。これらをもとに自分にとってレンタカー費用特約が必要なのか、不要なのか考えてみましょう。

車を日常的に使うか

車を日常的に使うか否かがレンタカー費用特約の要・不要を考えるうえで大切となります。代車がなくても修理期間中に車に乗らないのであれば、レンタカーを借りることもなく、したがってレンタカー費用特約を使うこともなくなります。また、レンタカーを使うのは修理期間中のうち数日のみという場合でも、特約をつけなくても大した費用負担とならず、保険料を払って特約で備える必要があるのか疑問が生じます。数日でも使えば、その年の分の特約に必要な保険料は回収できますが、数万円のために毎年保険料を支払い続けるのかは考え物です。したがって、車を日常的に使うのかが一つの判断基準となるでしょう。

車を借りられる人はいるか

代車が何らかの理由で借りられなかったときでも、家族や友人・知人などで車を借りられる人がいるのであればレンタカー費用特約をつける必要性はないでしょう。レンタカーを借りずとも家族や友人・知人に借りれば済むからです。レンタカー費用特約は家族や友人・知人に謝礼金を支払っても補償の対象外なので、その点は認識しておきましょう。また、家族や友人・知人の車を借りて運転するときは、他車運転特約1日自動車保険などで必ず事故時の補償がある状態で運転するようにしましょう。

まとめ

レンタカー費用特約は事故等で車を修理しているときなど契約車両を使用できなくなった場合に、レンタカーを借りる費用について補償する特約です。一般的な保険会社では、1日あたり5,000円、日数は30日を限度にレンタカー費用を実額で補償されます。保険会社によっては日額7,000円や日額10,000円といった金額を選択できることもあります。代車を借りられなくてもその期間中に車に乗らなければこの特約は必要ないので、車を日常的に使うのか、家族や友人・知人などに車を借りられないのかといったことをもとに特約の要・不要を考えてみましょう。

自動車保険をまとめて比較!保険料が安くなる!!

※当ページは自動車保険に関する一般的な内容を記載しています。個別の保険会社に関する内容は各保険会社様へお問い合わせください。

  • この記事を書いた人

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。

-基礎知識

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.