SBI運営 自動車保険一括見積もり比較サイト【インズウェブ】

保険の窓口インズウェブ

車保険選びのポイント

マイカーローンの審査基準とは?審査に落ちる理由と対策について解説

投稿日:

マイカーローンの審査基準は原則非公開ですが、審査で重視されるポイントは金融機関やローン会社で概ね共通しています。では、どのような点に注意すればローン審査に通過するのでしょうか。もし落ちてしまうか不安な場合、審査に通過しやすくする方法についても押さえておきたいところです。

この記事では、マイカーローンの審査基準となるポイントのほか、ローン審査に落ちる理由と審査に通りやすくするためにできる対策について解説します。

マチカフェドリンク(120円) ×2プレゼント中!!

キャンペーン概要はこちら

マイカーローン審査時の基準となるポイント

マイカーローンの審査基準については、金融機関やローン会社各社とも原則的に非公開としているため、明確になっているわけではありません。しかし、金融機関などが審査時に重視しているポイントは、共通しているといえるでしょう。まずは、マイカーローンの審査基準となるポイントについて解説します。

年収

マイカーローンの審査において、年収は重要なポイントです。年収は、毎月のローン返済のための元手となるからです。
ローンの借入額にもよりますが、前年度の年収が200万円以上あることがひとつの目安とされています。年収は多いほうが審査に通りやすくなるものの、月あたりの収入の安定性もチェックされる点に注意してください。

職業

マイカーローンの返済は数年単位で行われることが多いため、職業における収入の安定性も審査において確認されます。一般的な会社勤めのビジネスパーソンであれば毎月の給料が得られるため、審査に通りやすくなるでしょう。
一方で、自営業や個人事業主、あるいは固定給+歩合給の職業の場合、月当たりの収入が一定ではないことにより、審査に通らない可能性もあります。

雇用形態

マイカーローンの審査では、収入を安定的に得られる雇用形態かどうかを見られます。雇用形態の種類にとしては、正社員や契約社員・派遣社員のほか、パート・アルバイトや業務委託などがあります。

毎月の給与額がほぼ決まっている正社員や契約社員・派遣社員に比べ、パート・アルバイトや業務委託は仕事量が一定ではなく収入に波があるケースもあります。
場合によっては、金融機関などの審査において厳しく判断されるかもしれません。

勤続年数

勤続年数も、マイカーローンの審査基準となるポイントです。これは、継続的かつ安定的な収入を得られる見込みがあるかを、金融機関やローン会社がチェックするためです。
勤続年数は1年以上がひとつの目安ですが、勤続年数が長いほうが安定収入はあり、返済能力が高いと判断され、審査に通りやすくなるでしょう。

反対に、就職や転職をしたばかりで勤続年数が1年未満の場合、返済能力を不安視され、マイカーローンの審査で不利になる可能性があるので注意してください。

年齢

マイカーローンの申込時の年齢について、条件が設けられているケースも多々見られます。具体的には「申込時の年齢が満18歳以上、満66歳未満(最終返済時の年齢が満70歳未満)」といった条件です。

細かい条件は金融機関やローン会社によって異なりますが、一般的に申込時で上限年齢に近い場合、マイカーローンの審査に通らない可能性が高くなります。

他社からの借入情報

マイカーローンの審査においては、他社からの借入情報も含めて判断されます。これは、返済能力を超えて借入していないかどうかを判断することが目的です。

具体的には、年収に対するすべての年間返済額の割合である「返済負担率(返済比率)」で審査されます。現在進行形で住宅ローンなどにより他社から多額の借入をしている場合、返済負担率が高くなるため、マイカーローンの審査が通らなかったり、借入可能額が希望する金額よりも減額されたりすることがあるので注意しましょう。

信用情報

信用情報は、マイカーローンの審査通過を決める重要な要素です。信用情報とは、クレジットカードやローンの契約や取引に関する個人情報を指しています。金融機関やローン会社は、信用情報機関が管理するローン申込者の信用情報を照会し、返済の遅延や滞納のほか、債務整理などの状況をチェックします。

ちなみに、金融機関やローン会社などが加盟する信用情報機関は、主に下記のとおりです。

<主な信用情報機関>

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)

マイカーローンの審査に落ちる理由

マイカーローンの審査で落ちるにはいくつかの理由があるので、事前に把握しておきたいところです。ここでは、マイカーローンの審査に落ちる理由について解説します。

信用情報に問題があるため

信用情報に問題がある場合、マイカーローンの審査に落ちやすくなる傾向があります。具体的には、過去に「金融事故」の記録がある場合です。金融事故とは、クレジットカードの代金やスマートフォンの利用料金などの支払いに関して、支払期限の日から61日以上または3ヵ月以上延滞したり、債務整理したりすることです。

このようなケースがあると、金融機関は信用情報機関に対して金融事故を報告します。これは、「ブラックリストに載る」とも表現されます。
この金融事故によって約5~7年、場合によっては10年程、マイカーローンなどで新たな借入をしたり、クレジットカードを作ったりすることが難しくなるので注意が必要です。

返済能力・計画に問題があるため

マイカーローンは「返済能力に問題がある」と金融機関に判断されると、審査に落ちる可能性が高まります。これはローンの返済が滞らないようにするためで、きちんと働いており、安定的な収入があるかどうかなどの返済能力を重視されます。
ですから、年収に対して借入希望額が多かったり、勤続年数が1年以下と短かったりすると返済能力に疑問を抱かれ、審査に通らなくなる場合があるのです。

また、返済計画に無理があったり、ほかに住宅ローンなどの多額の借入があったりしても、マイカーローンの審査には通りにくくなるでしょう。
具体的には、返済負担率が約25~30%を超えると、審査に通る可能性が低くなります。

虚偽申告があるため

マイカーローンに申し込んだ際の内容に虚偽申告があって、それが発覚した場合、審査を通過することはかなり難しくなります。場合によっては、今後の借入にも悪影響を及ぼす可能性があるので、虚偽申告は絶対にしてはいけません。

審査において、金融機関やローン会社は申込内容の確認を必ず行います。場合によっては勤務先に在籍確認のヒアリングを行うこともあります。ですので、勤務先や勤続年数、さらに年収や他社からの借入額などに関する嘘は、すぐに発覚してしまうのです。

マイカーローンの審査に通りやすくする方法

マイカーローンの審査に通りやすくするために、いくつか良い手段があります。ここでは、マイカーローンの審査に通りやすくなる方法について解説します。

開示請求で信用情報を確認した上で対策を講じる

マイカーローンの審査に通りやすくするには、事前に自身の信用情報を信用情報機関に開示請求し、金融事故として登録されていないかどうかを確認するのがおすすめです。過去数年間のクレジットカードの返済やスマートフォンの料金の滞納などを確認し、もし金融事故として登録されているなら、それが消えるまでローン審査を待つといった手立てを講じることができます。

信用情報機関は、銀行系のKSCとクレジット会社系のCIC、消費者金融系のJICCといったように加盟会社などに特徴があります。3社で信用情報は共有しているものの、例えば自分の過去のクレジットカード取引履歴に不安があれば、CICに開示請求するのが適切といえるでしょう。

頭金を多めに用意する

頭金を多めに用意することも、マイカーローンの審査に通る可能性がアップする方法のひとつです。頭金を多めに用意すれば、その分だけ借入額が減り、返済負担率も下がるため、審査通過しやすくなるでしょう。
金融機関やローン会社に「頭金を準備できる計画性や資金力がある」と判断されるのは、審査においてプラスに作用するはずです。

他社のローンを返済しておく

マイカーローンの審査に通るようにするために、現在他社のローンで借入している場合、早めに返済しておくようにしましょう。
返済総額を減らすことで返済負担率を下げられるので、マイカーローンの審査に通りやすくなります。

適切な金額のローンを組む

マイカーローンの審査を通るようにするには、返済負担が大きい借入を行わないようにする必要があります。そのため、適切な金額のローンを組むことを心掛けてください。
具体的には、購入予定車のグレードを下げたり、同車種でも値段が安い中古車の購入を検討したりすることが挙げられます。値段が安い車を選べば借入金額は減るので、審査に通る可能性が高まるのです。

仮審査を受けた上で対策を講じる

仮審査を受けることで、マイカーローンの本審査に通るかどうかの可能性を確認できます。仮審査はローンの申込前に行うもので、職業や年収などの情報により即日あるいは数日で審査結果が出るため、事前に審査の通過見込みを確認したい場合にはおすすめです。

保証人を立てる

保証人を立てることは、マイカーローンの審査通過を後押しする有効な手段です。特に、年収が低く返済能力に不安があったり、住宅ローンの借入があったりした場合、安定した雇用形態で定期収入があり、信用情報に不安がない人が保証人になれば、マイカーローンの審査に通りやすくなります。
保証人は、親や信頼できる親族などに頼むのが一般的です。

ローン審査のタイミングで転職・退職しない

マイカーローンの審査を通過しやすくするには、審査前や審査中のタイミングで転職・退職しないこともポイントとして挙げられます。

これは転職・退職により、継続的な収入があって問題なく返済できるかどうかに疑問符がついてしまう可能性があるからです。また、マイカーローンの本審査のタイミングで転職して勤務先が変わった場合、勤務先に問い合わせた金融機関から虚偽申告をしたと見なされるおそれもあります。審査前や審査中の転職・退職は避けたほうが無難でしょう。

マイカーローンの仮審査を受けるメリットとは?

マイカーローンの本審査の前に仮審査を受けると、下記のようなメリットがあります。

<マイカーローンの仮審査を受けるメリット>

  • 本審査の前に審査に通りそうかどうかがすぐにわかる
  • 借入可能額の目安がわかる
  • 審査の提出情報が少なく、気軽に受けられる
  • 信用情報機関の記録には残らない

仮審査のメリットのひとつに、本審査の前に通過しそうかどうかが最短で当日中にわかることが挙げられます。仮審査は年収や勤務先など提出する情報も少なく、勤務先への在籍確認も行われないことが多いため、複数の金融機関やローン会社で気軽に受けられるのもメリットです。
また、借入可能な金額の目安が把握できるので、仮審査の結果をもとにすれば、購入予定車の価格帯をどれぐらい下げればいいのか判断するのにも役立ちます。

さらに、本審査は受けた履歴と結果が信用情報機関に記録されますが、仮審査には落ちても記録には残りません。ですから、複数の会社で仮審査を受けて、借入の可能性が高いところに絞り込んだ上で、本審査を申し込むといったことができるのです。

マイカーローンを利用した車の購入の流れ

マイカーローンを使って車を購入する際には、審査のほかにどのような手続きを踏む必要があるのでしょうか。ここでは、マイカーローンを利用して車を購入するときの流れについて解説します。

1. 購入する車を決めて見積もりを依頼する

実車の試乗や使い勝手のチェックなどをした上で購入する車を決めたら、カーディーラーや販売店に見積もり依頼を行います。提示された見積もりの金額が予算内に収まっているかどうかを確認しましょう。

2. 借入する金額と返済期間を決める

見積もりの金額に対して、マイカーローンで借入する金額をいくらにするのかを決定します。マイカーローンで購入する場合、見積もりの金額を全額借入する方法と、用意しておいた頭金を差し引いた分を借入する方法があります。頭金の相場は車両本体価格の約10~30%で、頭金が多いほど、借入しやすくなります。

また、返済期間の決定も行いましょう。一般的に、ローンの返済期間が長いほど利率も上がるため、返済総額も高くなります。月々の返済額と返済期間、返済総額をシミュレーションで確認しながら、余裕を持って返済できる方法を選びたいところです。

3. マイカーローンの仮審査を受ける

マイカーローンの利用先を決めるため、複数の金融機関やローン会社の仮審査を受けて、借入可能額や本審査に通る見込みを確認します。仮審査はスマートフォンやPCを使ってインターネット経由で受ければ、最短で数時間、遅くとも数日中にメールや電話によって結果が判明します。

なお、マイカーローンには大きく分けて「銀行系ローン」と「ディーラー系ローン」の2種類があり、ディーラー系ローンのほうが審査は通りやすいものの、金利が高い傾向があるので注意が必要です。

4. マイカーローンの本審査を受ける

仮審査の結果を踏まえてマイカーローンを申し込む会社を決めたら、仮審査結果の有効期間内に本審査を受けましょう。本審査に必要な書類は、下記のとおりです。

<マイカーローン本審査の必要書類>

  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • ローンの使い道を確認できる書類(購入予定車の見積書など)
  • 年収を確認できる書類(源泉徴収票、確定申告書など)

なお、保証人が必要な場合は、保証人の身分証明書・収入証明書が求められます。申込みは金融機関の窓口や郵送、インターネットなどで受け付けているので、申し込む会社のウェブサイトで確認するようにしてください。

5. マイカーローンを契約する

マイカーローンの本審査の結果は、申込みから約1~2週間程度で、メールあるいは電話によって通知されるのが一般的です。審査に通ったら、金融機関やローン会社などとマイカーローンの契約を正式に締結します。契約手続き完了後、融資金が口座に振り込まれることになるでしょう。

6. 融資されたお金で購入代金を支払う

口座に振り込まれた融資金で、車の購入代金を支払います。ディーラー系ローンの場合はカーディーラーや販売店に対して直接振り込まれる仕組みです。

7. マイカーローンの返済を開始する

多くの場合、マイカーローン契約の翌月から、返済額の口座引き落としが始まります。指定された引き落とし日までに、口座へ返済額を必ず用意しておくようにしてください。

ローン返済と自動車保険料などの支払いが確実にできる計画を考えよう

マイカーローンの審査基準は原則非公開ですが、審査において重視されるポイントは年収や年齢、勤務形態など、ある程度決まっています。審査に通るには、仮審査を複数の会社に申し込んで借入可能額を確認したり、頭金をある程度用意したりすることで可能性が高くなります。毎月のローン返済計画は、無理のない範囲で設定するのがおすすめです。

ただ、審査に通って車を購入できても、発生するのはローンの返済だけではありません。車検費用や税金のほか、燃料代などの維持費がかかります。ローン返済や維持費の支払いを継続的にするためには、計画性が重要です。維持費を抑えるための策として、自動車保険の見直しも検討してみましょう。

自動車保険の保険料やサービス内容を複数の保険会社で比較・検討する際には、インズウェブの「自動車保険一括見積もりサービス」が便利です。複数社の見積もりが一度に取れるので、比較・検討がしやすくなります。ぜひ、「自動車保険一括見積もりサービス」をお試しください。

マチカフェドリンク(120円)プレゼント中!!

自動車保険は比較で安くなる!

キャンペーン概要をご確認ください。

個人情報不要!自動車保険料相場Check!

3つの質問で簡単に自動車保険料相場が分かります!
まずは手軽に相場を知りたいという方はぜひ利用してみてください!

LINEで確認したい方はこちら

友だち追加

テレマティクス保険特集

テレマティクス保険特集

(注)当ページは自動車保険に関する一般的な内容を記載しています。個別の保険会社に関する内容は各保険会社様へお問い合わせください。

この記事の感想や自動車保険に関する質問などをX(Twitter)のDMより募集しています!
※一括見積もりサービスのご利用に関するご質問や、保険商品や保険会社に関するお問い合わせはこちらでは受付できません!

インズウェブSNS公式アカウント

  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • LINE
  • youtube
  • pinterest
  • note
  • Twitter
  • facebook
  • instagram
  • tiktok
  • youtube
  • pinterest
  • note
\インズウェブのお得情報を発信!/友だち追加

記事が参考になったらシェアお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。(保険の窓口インズウェブとは

-車保険選びのポイント
-

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.

\自動車保険は比較で安くなる!/

このボタンから限定!マチカフェドリンク(120円)×2プレゼント中!
キャンペーン概要を必ずご確認ください

マチカフェドリンク(120円)×2プレゼント中!
キャンペーン概要を必ずご確認ください