車両保険は条件次第でこんなに違う

免責金額を上げれば保険料は下がる

自動車保険料の中に占める車両保険料の割合は、意外に高いものです。どうしても予算的に無理のある人は、思い切って車両保険を切り捨てるしかありません。

自動車保険の上手なかけ方・選び方』でも説明しましたが、自動車保険の第一目的は、他人の生命やモノに対する損害賠償です。そちらを充実させているのなら、車両保険はあとまわしでもしかたないでしょう。それでもなんとか車両保険をかけておきたいという人のために、ここでは車両保険料の下げ方を紹介しておきましょう。
その方法には、大きく分けて2つあります。

まず1つめは、車両保険の免責金額を大きくすること。

もう1つは、保険でカバーできる範囲を狭くすることです。

免責金額とは、言い換えれば保険会社が「その分は払いませんよ」、つまり契約者が自己負担しなければならないということです。たとえば、修理代が50万円かかって、免責が10万円だったとします。その場合、10万円は自己負担となり、残りの40万円が保険から支払われます。ですから当然、免責金額を大きくするほど、保険料も安くなります。

しかし、車との事故で相手にも過失がある場合、相手から回収できる保険金は免責金額に充当されるので、100対0でない限り、免責分を全額負担しなければならないというケースはほとんどないようです。ちょっとややこしいですが、免責をゼロにして保険料が高くなるようなら、免責金額を10万円や15万円と高めに設定するというのもひとつのアイデアでしょう。

車両保険のカバー範囲を知っておこう

車両保険の補償は大きく2つから選択することになります。一つはほとんどの事故の損害を補償するものと、もう一つは自損事故以外の車の損害を補償するものです。違いについてそれぞれ確認をしましょう。

  自損事故 当て逃げ 相手の車
との衝突
盗難 落書き いたずら 台風 窓ガラス
洪水
火災 爆発 地震・噴火
・津波
一般車両保険 ×※2
車対車+A特約 × × ※1 ×※2
※1 いたずらに関しては保険会社の商品によっては補償対象外となっていますので注意ください。
※2 地震・噴火・津波危険車両損害特約を付帯することで、地震・噴火またはこれらによる津波によって車が全損となった場合に、補償の対象となります。保険会社の商品によっては該当特約がない場合もありますのでご注意ください。

この補償の大きな違いは、自損事故の保険金が出るか出ないか、または相手が確認できない事故の保険金がおりるかおりないかになります。一般車両保険に加入しておかないと、相手が支払能力がない場合、やられ損になる可能性もあります。

自分の愛車を守るための車両保険。後々嫌な思いをしないためにも、出来れば幅広いリスクがカバーされる一般車両保険に加入したいですね。

※補償内容は損害保険会社およびその商品等によっても異なりますので、詳細につきましては各保険会社または代理店に必ずご確認ください。

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大