人身傷害補償保険

過失割合に関係なく契約者の損害を補償

インズウェブの利用者でも9割以上の方が付帯するようになった人身傷害。いったいどのような補償なのでしょうか。人身傷害を説明するときによく使われる例が『人間版の車両保険』というものです。例えばこのような事故。

[例]
Aさんが居眠り運転をして、相手に追突。運転者本人が大怪我をする。

このような事故の場合、相手には過失がないため、治療費実費に関しては自分で賄うしかありません。この治療費を出すのが人身傷害なのです。
また、次のような事例でも利用されます。

[例]
Bさんが交差点内で出合い頭に衝突。相手が無保険。相手は請求したお金の支払能力がないため、自賠責保険の補償を超えた後、相手の過失部分を自腹で支払うことに。
交差点で出合い頭に衝突

人身傷害は自分の治療費を過失割合関係なしに支払ってくれます。相手が無保険だったり、過失割合でもめるような事案の場合、治療費の支払でもめることなく、安心して治療が受けられます。 また、人身傷害は車に乗っている時だけではなく、歩行中なども担保されます。

人身傷害で補償されるようなケース
・保険の対象となる車に乗って、事故に遭いケガをした場合
・他人の車に乗って事故に遭いケガをした場合
・歩いていて自動車事故に巻き込まれケガをした場合
・自転車やエレベーターなどの交通乗用具と言われるものに搭乗中にケガをした場合
・犯罪被害に遭いケガをした場合

保険会社が提供している商品によって、担保する・しないの違いがありますので、比較検討時にはこのような違いについても検討ください。

※補償内容は損害保険会社およびその商品等によっても異なりますので、詳細につきましては各保険会社または代理店に必ずご確認ください。
インズウェブ利用者動向(人身傷害補償保険金額

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大