自動車保険自由化で何が変わった?

1998年から始まった保険の自由化

思い返せば、損保会社が扱う任意の自動車保険は、長年、条件が同じなら保険料もすべて横並びでした。ところが、1996年12月に日米保険協議が決着し、1998年、自動車保険が完全自由化されてからというもの、契約条件が同じでも、A社が10万円、B社が12万円…という具合に、保険料に明らかな格差が出るようになりました。

あれから10年以上が経過しましたが、テレビや新聞では、「自動車保険料が最大○○%OFF!」「走行距離に合わせた保険料でOK!」などという広告をよく目にします。「数社で見積もりを取って、他社に切り替えてみた‥‥」という人も多いのではないでしょうか?

ちなみに、自由化前は、自動車保険料率算定会(現在は損害保険料率算出機構)という団体が算出した料率をすべての保険会社が使用するよう法律で義務付けられていましたが、1999年7月1日を境にその使用義務も廃止。自動車保険料率算定会は「参考純率」を提供するだけで、各保険会社はそれを参考にするか、もしくは独自のデータによって保険料を決めてもよいことになったのです。

また、電話やインターネットによる通信販売が可能になったことや、「リスク細分型自動車保険」の導入などによって、保険料に大きな差が出るようになりました。保険料の格差だけでなく、各損保会社が様々なサービス合戦を繰り広げています。

保険の自由化によるメリットとデメリット

保険の自由化は我々の生活にどのような影響を与えたのでしょうか。メリットとデメリットについて確認をしてみました。

メリット

保険料に格差が生まれた
自由化後は、契約条件が同じでも、会社ごとに保険料やサービス内容が異なっています。 保険会社を上手に選択することで保険料を節約できたり、また、その逆もありうるのです。
優良ドライバーが評価される
保険会社によっては、免許証の色などにより、保険料に割引が適用されるような商品が登場しました。
契約の窓口や方法が広がった
保険代理店を通しての契約が主でしたが、通信販売やインターネットでの見積もり・契約など、 加入する際の選択肢が増えてきました。
サービス競争が激化
各社がさまざまなサービスを打ち出しています。我々にとっては嬉しい内容も多いので、 数社から見積もりを取り、それぞれがどんな付加価値を打ち出しているか調べておきたいものです。
新規保険会社の算入
インターネット専用の損害保険会社などが参入し、消費者の選択肢が増えた。

デメリット

商品が複雑になり、不払い問題が発生した
消費者に補償内容の選択肢が増えたが、保険金支払の体制構築がついていけず、保険金の不払い問題が発生した。

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大