自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

自動車保険を安くするには

車にあまり乗らない人の自動車保険節約方法

投稿日:

週末に乗るだけというような車にあまり乗らないという場合、自動車保険の保険料はできる限り安くしたいと思うのではないでしょうか。しかし、自動車保険に詳しくないとなかなか保険料を安くする方法は分からないものです。そうした方のために、自動車保険料を安くする方法を紹介します。

自動車保険に入らないのはNG

いくら保険料が無駄に感じるからといって自動車保険に入らないのはNGです。車に乗る頻度が少なくても絶対に事故に遭わないということはありません。事故を起こしてしまった場合、数億円もの賠償責任を負うことも考えられます。

交通事故の死亡・後遺症賠償額の高額ランキング
裁判例に見られる交通事故の死亡・後遺症賠償額の高額ランキングトップ30の集計をまとめました。 最高額は、平成23年11月1日に判決(横浜地裁)が出た人身総損害額5億843万円の事案で、平成22年に発表 ...

続きを見る

また、事故を起こさないという絶対の自信があったとしても被害者側として事故の当事者となる可能性は否定できません。車同士の事故の場合、多くのケースで自分側にも過失が認定されます。そうした場合、相手の損害額について自分の過失割合分について賠償する必要があります。

資産を何十億も持っていて賠償額がいくらであっても問題なく払えるという場合は自動車保険に入らなくても問題ないかもしれませんが、そうでない場合は必ず自動車保険に入るようにしましょう。

自動車保険料を安くする方法

車にあまり乗らない人の自動車保険料を安くするための方法を紹介します。

補償内容を見直す

自動車保険は補償内容が手厚くなるほど保険料も高くなります。必要以上の補償内容となっていないか契約内容を見直しましょう。いくつか代表的な項目について見直しのポイントを紹介します。

人身傷害保険の保険金額を見直す

人身傷害保険とは、自動車事故による自身や同乗者のケガの治療費(実費)や後遺障害による逸失利益などを過失相殺による減額無しに補償する保険です。自身のケガに対して有用な補償ではありますが、医療保険などに別途加入しているのであれば必要以上の保険金額に設定する必要はありません。1億円などの金額も設定できますが、3000万円や5000万円といった金額でも十分でしょう。

人身傷害保険とは
自動車事故で自分や同乗者が死傷した際の補償として中心とした働きをするのが人身傷害保険です。過失割合に関係なく実際に生じた損害を補償します。 人身傷害保険は補償範囲の違いで2タイプあるのが一般的です。こ ...

続きを見る

搭乗者傷害保険を外すことを検討する

搭乗者傷害保険についても自身のケガなどに対する補償として役立ちますが、人身傷害保険があれば必ずしも必要な補償ではありません。昔は自動車保険の主要な補償の一つでしたが、人身傷害保険が普及した現在では人身傷害の上乗せの補償というような位置づけとなっています。保険料を安くしたいのであれば搭乗者傷害保険を外すことも検討しましょう。

搭乗者傷害保険は必要?
「搭乗者」とは、運転者を含む自動車に乗っている人のことを言います。搭乗者と間違えやすい「同乗者」は運転者以外で同じ自動車に乗っている人のことを意味します。「搭乗者傷害保険」は保険契約の対象の自動車に搭 ...

続きを見る

補償範囲を限定する

車に乗る人が決まっているのであれば運転者限定や運転者年齢条件で補償範囲を限定することで保険料を安くすることができます。運転者限定は本人限定や本人・配偶者限定などがあり、補償する人の範囲が狭いほど保険料が安くなります。運転者年齢条件は、21歳以上補償、26歳以上補償などがあり、最若年齢が高いほど保険料は安くなります。これは事故率が高い若年層を補償範囲から外すからです。昔契約したまま条件を見直していないという場合は条件が現状に合っているのか確認して、もし合っていなければ適切な内容で補償範囲を限定しましょう。

自動車保険は運転者の限定で安くなる
自動車保険料を節約する方法の一つに、自動車保険に「運転者限定特約」をつけることがあります。だれが運転してもよい状態から運転する人を限定することでリスクを減らし、結果として保険料を安くすることができるの ...

続きを見る

運転者の年齢条件って何?
10代、20代は他の年代と比べて事故の当事者となる確率が高いことが統計データよりわかっています。運転者の年齢条件で自動車保険の補償の範囲に入る下限の年齢をあげることによって、事故を起こす確率が小さくな ...

続きを見る

車両保険料を安くする

自動車保険に車両保険をつけると保険料が大きく上がります。保険料を安くするために補償範囲が限定されたエコノミー型での契約や免責金額を高くすることも検討しましょう。また、中古車の場合や購入してから何年もたっている場合はそもそも車両保険が必要なのかも考えてみましょう。

車両保険の保険料を安くするには
対象の車両にもよりますが、自動車保険は車両保険の有無で保険料が大きく変わります。車両保険は必要だけど保険料を下げたいという場合はここで紹介する内容をもとに保険料を下げることができないか考えてみてくださ ...

続きを見る

走行距離によって保険料が変わる保険会社と契約する

保険会社によっては年間の走行距離に応じて保険料が変わる自動車保険を提供しています。車にあまり乗らないという方は走行距離も少ないはずなのでこうした自動車保険に加入すれば保険料を安く抑えることができます。仮に自動車に多く乗る年があった場合でもその年あるいは翌年の保険料がそれに応じて高くなりますが、補償がなくなったり薄くなったりするわけではありません。車にあまり乗らない人は走行距離に応じて保険料が変わる自動車保険を検討してみましょう。

自動車保険は走行距離が短い方が安い
自動車保険の保険料はリスクが小さい(保険会社にとって保険金を支払う可能性が低い)ほど安くなります。車を多く運転すれば事故に遭う可能性が高くなるので多くの保険会社では、年間走行距離が少ないほど保険料を安 ...

続きを見る

ネット自動車保険に加入する

代理店を通して申し込む代理店型自動車保険ではなく、インターネットなどから申し込むネット自動車保険を検討してみましょう。ネット自動車保険はダイレクト自動車保険、通販型自動車保険などとも呼ばれています。ネット自動車保険は間に代理店を挟まない分、代理店手数料などを削減することができます。また、ネット自動車保険の多くは上で紹介した保険料が走行距離に応じて変わるようになっています。対面で相談できる代理店の担当者がいないということをあまりデメリットに感じないのであればネット自動車保険も検討してみましょう。

パソコンを見て悩むカップル
ネット自動車保険はなぜ安い?デメリットは何かある?
テレビCMなどでもネット自動車保険の広告をよく見かけるようになってきました。ネット自動車保険は「ダイレクト型」、「通販型」などとも呼ばれますが、「代理店型」の自動車保険よりも保険料が安いことが特徴です ...

続きを見る

年に数回しか乗らないという場合は?

年に数回しか乗らないという場合は、レンタカーやカーシェアリングを利用したり親や友人から車を借りたりした方が維持費は安くなります。レンタカーやカーシェアリングを近くで利用できないという場合や親や友人から車を借りることは難しいという場合は仕方がないですが、そうでない場合は思い切って車を手放すことも検討してみましょう。親や友人の車を借りて運転するという場合は1日自動車保険を利用するとよいでしょう。なお、1日自動車保険は本人や配偶者が所有する車は対象とならないのでご注意ください。

まとめ

車にあまり乗らないという場合は可能な限り車に関する維持費は下げたいはずです。自動車保険料を安くするためには、補償内容を見直す、走行距離に応じて保険料が変わる自動車保険を契約する、ネット自動車保険を契約するといった方法が考えられます。どの保険会社がよいのか分からないという場合は自動車保険一括見積もりサービスを利用してみましょう。車の情報や運転者の情報などを入力することで複数の保険会社の見積もりを一度に取ることができます。各保険会社の見積もり結果を比較してみて納得のいく補償内容・保険料の保険会社と契約するのがよいでしょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

-自動車保険を安くするには

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.