自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

車を手放すことに…必要な手続きや注意点は?

投稿日:2019年8月6日 更新日:

あまり車に乗らないから維持費がもったいない、転勤で一時的に車を手放す、免許返納するので乗っていた車が不要になるなど車を手放す理由は人によって様々にあると思います。車を手放すことになったとき、どのような手続きが必要になるのでしょうか。また、何か注意点はあるのでしょうか。

車を手放す際の手続きの流れ

車を手放すことになった場合、どのような手続きで手放せばよいのか、どのような書類が必要になるのか説明します。

1.どのように手放すか決める

まずはどのように手放すかを決めましょう。個人間売買やインターネットオークションなど様々な方法も出てきましたが、車を手放す場合の代表的な方法としては以下の3つが挙げられます。

ディーラーに下取り

ディーラーへの下取りは完全に車を手放すというよりも別の車に乗り換える際に手間が省けて新しい車の購入費用がいくらか浮くというようなイメージです。車の売却から購入まで1店舗で済ませられるので手間が省けますが、車買取店などで売るよりも査定額が安くなる傾向にあります。

車買取店へ売却する

車買取店へ売却することも1つの手です。車買取店は買い取った中古車を転売することで利益を上げています。全国展開や地域密着型など様々な買取店があるので、商品を確保するためにもディーラーに下取りに出すよりも高く売れる傾向にあります。ただし、より高い価格で売るためには自分で複数の買取店を比較するという手間がかかります。

一括査定サービスを利用する

一括査定サービスは、Webサイト上で車の情報や地域などの情報を入力することで、入力情報に基づいて複数の車買取店に査定の依頼を出すことができるサービスです。各社の査定額を比較して高い金額を提示した買取店に売却することができます。自分でどこの買取店に売却すればよいのか一から探す必要がないので少ない手間で高く売ることができます。

2.売却に必要な書類を用意する

車を売却するにはいくつか必要な書類があります。取得するのに何日かかかるものもありますので前もって書類の準備をしておきましょう。

必要となる書類は以下の通りです。

普通自動車軽自動車
自動車検査証(車検証)
印鑑登録証明書
自賠責保険証明書
(軽)自動車納税証明書
印鑑実印認印可
リサイクル券
振込口座情報

3.契約・車の引き渡し

手放す車の査定を受けて査定額や内容に納得がいったら、契約に必要な書類を渡して売買契約を行いましょう。売買契約後、車両を引き渡すこととなります。実際に車両を引き渡すときまでに車内の私物は片付けておきましょう。

4.入金

一般的に車両の引き渡しから1週間程度で車の買い取り額が入金されます。大きな金額ですのできちんと入金されているか確認するようにしましょう。万が一トラブルに発展した場合はJPUC車売却消費者相談室に相談するのも一つの手です。

5.名義変更

手放した車の名義変更が行われます。その証明として、変更後の車検証のコピーが送付されます。売却した車が販売されず、廃車となる場合には処分手続き後に抹消登録証明書が送付されます。

ローンが残っていても手放せる?

まだ自動車を購入した際のローンが残っている段階でも手放すことはできるのでしょうか?結論としては、ローンが残っていても車を手放すことは可能です。

ローンが残っている場合、車の所有権が誰にあるのかが重要になります。車検証の「所有者の氏名又は名称」を確認して、この欄が自分の名前であれば自分の車なので問題なく車を手放すことができます。

所有者がディーラーやローン会社となっている場合、その車はディーラーやローン会社のものなので勝手に売却することはできません。ローンを完済して所有権を自分に移す必要があります。しかし、実務的にはローンが残っていても車を手放すことは可能です。車買取店に売却をすれば買取をしてもらった金額からローンを一括で返済することが可能です。ローンを返済しきれない場合は、足りない分を現金で支払うか新たにローンを組み直すことができます。このようにして、ローンが残っていても車を手放すことができるのです。

車を手放すタイミングはいつがいい?

同じ車を手放すのであればできるだけお得になるタイミングで手放したいところです。いつ手放すのがよいのでしょうか。

9~10月、1~3月

9~10月、1~3月は車を買う人が多い時期です。それゆえ、車を売るときも高く買い取ってもらえる傾向にあります。特に3月は新生活や転職などに向けて車を買う人が多くいます。この3月に向けて在庫を確保するために、1~2月は特に高く売れるようです。

車検の前

車検は、新車を購入して3年目、それ以後は2年ごとに受ける必要があります。車検を受けると5万円以上、多い場合は10万円以上かかることもあります。車を手放すのに高額な出費は避けたいところです。車検を受ける年はそのまま車検を受けるのか手放してしまうのか考える一つのタイミングといえます。

自動車税の課税前

自動車税は4月1日時点の車の所有者に課税されます。車を手放すのであれば課税対象となる4月1日より前に手放すようにするのがお得です。ぎりぎりで売却を開始すると手続きの関係で4月1日に間に合わない可能性があるので、2月末~3月上旬には手続きを行うようにしましょう。ちょうど車が高く売れる時期でもあります。

車を手放したくなった時

車を手放したくなった時が手放し時です。車に乗れば乗るほど車の査定額は下がっていきます。車を手放すことを決めているのであれば車の価値が落ちないうちに査定依頼を出してしまうのも一つの手でしょう。

車を手放す場合の注意点

自動車保険の中断手続きを忘れずにしよう

車を手放した後に忘れてはいけないのが自動車保険の中断手続きです。自動車保険を中断することによって保険料を支払うことなく、等級を10年間保存しておくことができます。一度車を手放したからといって、二度と車を保有しないとは限りません。10年間もあれば何かしら車が必要となる事情が出てくる可能性があります。また、免許返納するので二度と車を運転しないという場合でも、同居親族であれば中断証明書を利用して高い等級を引き継ぐことも可能です。

車に乗っている間に無事故で進めてきた等級があるのであれば、再度車に乗るようになった時にまた6等級からスタートして高い保険料を払わなくて済むように中断手続きを忘れずに行っておきましょう。また、再開時は別の保険会社でも等級を引き継いで開始できるので、再開することがあれば自動車保険一括見積もりサービスを利用して保険料が安い保険会社を探しましょう。

自動車保険を中断ってできるの?中断証明書の手続きと発行について
等級の数字が大きくなるほど割引率が高くなる自動車保険。コツコツ積み上げてきた等級も自動車保険の任意保険を解約するとリセットされてしまいます。さまざまなライフイベントの中で引越しや留学、海外転勤などさま ...

続きを見る

マイカーがない生活のシミュレーションをしておこう

車を手放した後の生活について事前にシミュレーションしておきましょう。徒歩や自転車、公共交通機関での移動は不便ではないか、レンタカーやカーシェアは利用できるのか、親族や友人・知人の車に乗せてもらうことはできるのか、2台を1台に減らす場合は誰がいつ車に乗るのかなどを事前に想定しておくことが大切です。また、公共交通機関やレンタカー・カーシェアの利用頻度によっては車を持っていた場合の維持費とそれほど変わらないということになるかもしれません。マイカーがない生活が不便ですぐに買い直すということにならないよう、事前にしっかりとシミュレーションしておきましょう。

車を手放すなら高く買い取ってもらおう

車を手放す理由は人それぞれにあると思います。しかし、手放す車はできるだけ高く買い取ってもらいたいという気持ちは皆変わらないと思います。車を高く買い取ってもらうには一括査定サービスを利用することをおすすめします。複数の車買取店の査定額を比較できるので高い金額で買い取ってもらいやすいです。査定額が数十万円変わることもあるので、車を手放すという場合はぜひ一括査定サービスを利用してみましょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\愛車を一番高く売れるのは?/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.