自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

全損時に車両保険で受け取れる保険金は?

投稿日:

自動車保険の車両保険では契約の車の損害に対して保険金を受け取ることができます。もし、全損となってしまった場合、車両保険で保険金はいくら受け取れるのでしょうか。また、全損判定でも修理可能な場合、修理して乗り続けることはできるのでしょうか。

そもそも「全損」とは?

自動車保険において、全損には「物理的全損」と「経済的全損」の2種類があります。おそらく、皆さんが「全損」と聞いて思い浮かべるのは「物理的全損」の方だと思います。それでは、「経済的全損」とはどのような状態なのでしょうか。それぞれについてどのような状態なのか紹介します。

物理的全損とは

「物理的全損」とは、事故等で車が大破して修理不可能なほどの損害を受けた状態のことをいいます。一般に「全損」と聞いて思い浮かべるような状態が物理的全損です。

経済的全損とは

「経済的全損」とは、車の修理費用が車の時価額を上回ってしまった状態のことをいいます。この場合、まだ修理して走行することができるのに全損として判定されることになります。

車両保険では保険金は車の時価額までしか支払われません。例えば、車の時価額が50万円で修理費用が70万円かかるときは、修理可能ではありますが修理費用が時価額を上回っているので「全損」と判定されます。

盗難に遭い見つからない場合も全損

自動車が盗難被害に遭い、見つからない場合も全損として扱われます。車両保険は一般型と補償を限定したエコノミー型が用意されていることが多いですが、基本的にエコノミー型でも盗難被害の補償を受けることができます。

盗難事故にあわないためには
自動車の盗難認知件数は2003年をピークとして5分の1以下に減ってはいますがいまだに数多くおこっています。自動車の盗難事故に遭わないためにはどうすればよいのでしょうか。その対応策についていくつか紹介し ...

続きを見る

全損の場合、保険金はいくら受け取れる?

物理的全損、経済的全損のいずれの場合でも、全損時には車両免責金額にかかわらず契約時に設定した車両保険金額の額が支払われます。車両保険金額は車の時価相当額で設定することになります。

疑問を抱く女性
車両保険金額とは?いくらに設定するのがいいの?
自動車保険で車両保険もつける場合、「車両保険金額」という言葉が出てきます。保険に詳しい人なら特に問題なく進めるのですが、よくわからない人にとっては意味を把握するのもいくらが適切なのかもわからないと思い ...

続きを見る

車の時価額は何を参考に決めている?

全損時に受け取れる車両保険の金額を左右する車の時価額は、多くの場合、オートガイド社が毎月発行している「オートガイド自動車価格月報」(通称:レッドブック)に掲載されている価格を参考に決められています。

レッドブックは業界(自動車・損保・法曹・官公庁など)向けに60年以上発行されている専門誌で、型式などの別に中古車価格が 下取・卸売・小売価格に分かれて掲載されています。

車両保険以外の保険金

車両保険以外にも全損時に保険金が支払われるような特約があります。そのような特約を契約に含めていた場合、車両保険以外にも保険金が支払われます。

全損時諸費用特約

自動車事故によって車が全損になってしまった場合、車両保険から支払われる保険金とは別に諸費用として保険金が支払われます。多くの場合、支払われる保険金は車両保険金額の10%の額(20万円限度)となっています。

車両超過修理費用特約

車両事故により修理費用が車両保険金額を上回る場合、車両保険金額に一定の金額を加えた額を限度に、実際の修理費が車両保険金として支払われます。限度額については保険会社によって異なりますが、30万円や50万円といった金額です。

保険金を受け取れる条件として、実際に修理することがあるので車の買い替え費用の足しに使うことはできません。

修理して乗り続けることはできる?

愛着のある車が経済的全損の判定を受けた場合、差額の修理費用を払ってもその車を修理して乗り続けたいという場合があるかもしれません。その場合で注意が必要なのは、全損で保険会社から保険金額全額を受け取った場合、車の所有権は保険会社に移るということです。

経済的全損の判定を受けてもその車両を修理して乗り続けたいという場合や盗難された車が見つかったらその車に再び乗りたいという場合は保険会社に相談するようにしましょう。

地震や噴火、津波での全損は補償されない

一般型の車両保険をかけていて全損となっても保険金が支払われない場合があります。それは、地震や噴火、これらによる津波によって全損となった場合です。これらの自然災害は一度に極めて巨額な損害が発生することがあり、適切な保険料の設定ができないので各社ともに免責となっています。

一部の保険会社では、地震・噴火・津波によって車が全損になった場合に一時金の支払いを受けられる特約があります。地震・噴火・津波に対する備えも必要だと感じるのならこうした特約が存在する保険会社を検討してみるのもよいでしょう。

なお、この特約での全損がどのような状態を指すのかは別途約款で定められています。全損にならないと一時金の支払いを受けられないので、気になる場合はどのような状態を全損とするのか確認しておくとよいでしょう。

車両保険を含めて保険料を安くするなら一括見積もり

一般に、補償を手厚くするほど保険料は高くなります。車両保険やその他特約をつけたいけど保険料はできるだけ安くしたいという場合は、自動車保険の一括見積もりサービスを利用するとよいでしょう。一度の情報の入力で複数社の自動車保険の見積もりを取ることができて、各社の保険料や補償内容を手軽に比較できます。同じ補償内容でも保険料を安くできたり、同じ保険料で補償を充実させたりできる場合もありますので、ぜひ一度自動車保険の一括見積もりを利用してみましょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

自動車保険は比較で安くなる!
自動車保険は比較で安くなる!

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険は比較で安くなる!

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.