自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

もし、交通事故を起こしてしまったらどうすればいい?

投稿日:

自動車の運転するという事は交通事故を起こしてしまうリスク、突発的なアクシデントに遭遇してしまうリスクは避けられません。事故現場でしなければいけない事、事故解決に役立つ自動車保険のサポートについて理解しておくと安心です。車を運転中の交通事故の対応については義務として法律で定められていますのでしっかり覚えておきましょう。

当事者がしなければいけない4つの義務

交通事故を起こした当事者は、事故直後に直ちに行わなければいけない措置について道路交通法第72条で定められています。加害者、被害者を問わず、いずれの運転者にも緊急措置義務・事故報告義務がある事を心得ておきましょう。

緊急措置義務

運転停止義務

交通事故を起こした時や、自動車が何かに衝突したと感じた時は、車を停車させ死傷者の有無、衝突物や車の破損状況を確認しましょう。

救護措置義務

車を停車させ、負傷者がいる場合は救護に努めなければいけません。必要があれば救急車を呼んだり病院へ運んだりするなどの救命措置は最優先で行いましょう。現場での応急措置が必要になることもあり得ます。当然、ひき逃げとなると救護義務違反となり処罰の対象となります。

危険防止措置義務

車の走行中に事故が起きた場合、車を緊急停車させ状況を確認しなければいけませんが、同時に第二第三の事故防止のために車を速やかに安全な場所に移動させる必要があります。事故現場は混乱する事が多いので場合によっては車の誘導なども必要です。事故車両は、後日、争いの原因になることが多いので現場から離れず、警察が来るまで路肩など通行の邪魔にならない場所で待機しましょう。また、携帯カメラなどで出来るだけ状況の写真をたくさん撮っておくなどの行為は現場証拠となりますので積極的に行いましょう。

報告義務

警察への事故報告義務

加害車両の運転手は直ちに警察へ連絡する必要があります。「直ちに」とは事故発生後にすぐに110番の連絡が必要という事ですので、現場を離れるなどしないようにしましょう。負傷者の救護が必要な場合は、現場通行者に警察への連絡をお願いしてもいいかもしれません。警察への連絡事項は主に4つになります。

  • 交通事故が発生した日時と場所
  • 死傷者の数と負傷者のキズの程度
  • 破損したものとその破損の程度
  • その事故に関わる車両の積載物と事故についてとった措置

警察への届け出は保険会社に保険金を請求する時に提出する「交通事故証明書」の取得にも必要です。

自動車保険の任意保険は事故対応サービスが頼りになる!

自動車事故を起こしてしまった、アクシデントに見舞われてしまった場合には、道路交通法第72条で定められている緊急措置をとり、警察へ連絡することが第一優先ですが、加入している自動車保険に連絡する事も忘れてはいけません。 事故当時は動転している事も多く冷静な判断ができない事や相手との交渉など慣れない対応が発生します。自動車保険の任意保険の加入があれば、事故直後から保険会社の受付の担当者が冷静に事故対応についてフォローしてくれる事がほとんどです。保険会社の示談交渉サービスを利用すれば、相手との示談交渉も代わりに行ってくれますので、事故相手と冷静に話し合う事が難しい場合なども助かります。

交通事故は治療費が高額になったり、精神的苦痛、相手への賠償など発生します。自動車事故にあってしまった時、自動車保険の任意保険への加入がない場合は、事故対応や相手との交渉などを全て自分で行わなければなりません。高額な治療費や賠償の請求などの対応を自ら行う事はとても大変でしょう。自動車保険の任意保険に加入しておく事は事故が起きた時の費用面だけでなく、相手への連絡、書類の手配など手続きにおいても保険会社が代行してくれます。しっかりとサポートしてくれるサービスがあるのも自動車保険に加入するメリットといえます。

~保険会社に連絡してから保険金が支払われるまで~

自動車保険に加入している場合、交通事故にあってしまったら契約の保険会社に連絡し専門のスタッフのアドバイスに従います。初期対応の案内に従って落ち着いて行動しましょう。事故状況の確認や物損賠償の確認など経過報告の連絡が保険会社からあります。出来るだけ多くの情報を揃えておくとよいでしょう。

示談交渉
保険金支払いまでの流れ
事故を起こしてしまってから保険金支払いまでの流れについてまとめました。事故を起こした後は気が動転したり、様々な連絡で忙しかったりしますので、事故を起こさないのが一番ではありますができれば事前に目を通し ...

続きを見る

過失割合で保険金が変わります!

自動車事故は当事者双方のどちらが不注意の度合が大きかったかを判断し責任の割合を決めます。それを「過失割合」と言い、受け取れる損害賠償額も過失割合によって決定します。過失割合は当事者が契約する保険会社同士の協議によって決定します。過去の裁判事例を基準に決定しているため、契約する保険会社によって割合が変動するといった心配はありません。

過失割合と過失相殺って何?
自動車事故が起こると、互いの不注意(過失)の程度を過去の判例を参考に判断されます。このときに判断される責任の割合のことを過失割合といいます。このページでは、過失割合についての基礎知識と過失相殺について ...

続きを見る

注意点

交通事故をおこしてしまった、巻き込まれてしまった場合などに、最初に行わなければいけない行動は道路交通法で定められていますのでしっかり覚えておきましょう。万が一、相手がいる場合には誠意ある誠実な対応で対処しましょう。自動車保険のサポートにより、よりスムーズに事故解決が出来れば自分自身の日常生活に早く戻ることができます。

自動車保険に示談交渉サービスがある場合、サービスが利用できるのは「自動車保険の契約者に過失がある」場合のみになります。相手に100%の過失があるような事故の場合は自分の加入している保険会社は損害賠償を支払う必要がないため示談交渉に参加できない決まりになっています。自分の責任がゼロの場合は自分自身で示談交渉をする事になりますので注意しましょう。そういった場合においても自分の加入している保険会社に「相談サポート」のサービスがあれば心強いです。保険会社によっても異なりますが、相談サポートサービスを利用すれば、対応方法についてアドバイスをしてくれます。「弁護士費用特約」がついている場合は弁護士に相談したり、委任したりする費用を負担してくれるので安心です。自動車保険は保険会社によって、補償内容やサービスの内容、保険料が違います。万が一の事故の時に頼りになる自動車保険に加入しておきたいですよね。たくさんある自動車保険をじっくり全て確認するのは大変です。条件を入力し一括見積もりサービスなどを利用して見積もり結果を確認したり、資料を請求してみるのもいいでしょう。

車の維持費で一番安くなるのは?
車の維持費で一番安くなるのは?

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.