自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

外車の自動車保険料は高いって本当?

投稿日:

「外車は自動車保険料が高い」というイメージがありますが実際のところどうなのでしょうか。外車は国産車と比べて自動車保険料が高いというのは本当か、税金など他の維持費についてはどうなのか、といった疑問に対して答えます。

外車だから保険料が高い?

外車は自動車保険料が高いイメージがあると思います。また、そのイメージはある程度は正しいです。しかし、間違えてはいけないのは、外車だからという理由で自動車保険料が高くなっているのではないということです。

自動車保険料は国産車でも外車でも変わらず、車の型式ごとの事故実績に基づいた「型式別料率クラス」によって決められています。事故の統計データから、事故が多く保険金が多く支払われる車は保険料が高く、逆に保険金があまり支払われない車は保険料が安くなるようになっているのです。型式別料率クラスは1~17の17クラス(2020年1月1日以降始期、それまでは1~9の9クラス)に分かれていて、リスクが低い車ほど料率クラスの数字が小さく、保険料が安くなっています。

外車の場合、国産大衆車と比べて車両保険の料率クラスが高い傾向にあります。そのため、自動車保険に車両保険をつけた場合、「外車は自動車保険料が高い」というイメージ通りになります。また、国産車であってもいわゆる「スポーツカー」などは、外車と同じく車両保険の料率クラスが高くなっています。

プリウス(ZVW30)との比較

外車の車両保険の料率クラスが実際に高いのか、トヨタのプリウス(ZVW30)と比較してみましょう。型式別料率クラスは損害保険料率算出機構によるものを使います。なお、各保険会社は損害保険料率算出機構が提供する料率クラスをそのまま使うとは限りません。実際に適用される料率クラスは契約する保険会社にご確認ください。

型式別料率クラス(保険始期2020年1月1日~12月31日)
トヨタ プリウス
(ZVW30)
BMW 1シリーズ
(1A16)
フォルクスワーゲン up!
(AACHY)
対人賠償責任保険964
対物賠償責任保険974
搭乗者傷害保険1077
車両保険8137

上表の通り、BMW1シリーズ(1A16)の車両保険の料率クラスはプリウス(ZVW30)よりも大きくなっています。ただし、その他の補償内容についてはBMW1シリーズ(1A16)の方が料率クラスが小さいです。また、フォルクスワーゲンのup!(AACHY)は車両保険の料率クラスもプリウスより小さい7となっています。車両保険の料率クラス7というのは、トヨタのアクア(NHP10)と同じクラスです。このことから、「外車=保険料が高い」とはならないことが分かると思います。

車両保険の料率クラスが高くなる理由

外車は車両保険の料率クラスが高い傾向にあります。これは、修理費用が高いことに理由があります。外車の場合、国産車と比べて日本での流通量が少なく、海外から部品を輸入しなければならないので部品代が高くなります。日本へと輸出される車が比較的高価なモデルで、それに伴い部品も高くなることも原因です。

また、工賃についても高くなる傾向にあります。外車は流通量が少ないため、修理ができる業者も少なくなります。また、正規のディーラーに修理を依頼することも多く、その分修理費用も高くなりやすいです。

こうした理由から、外車の車両保険の料率クラスは高くなる傾向にあります。

他の維持費は高い?

外車の自動車保険以外の維持費は国産車と比べて高いのでしょうか。各維持費について紹介します。

税金

車の維持費としてかかる税金には自動車税と自動車重量税があります(ガソリン関係を除く)。自動車税は総排気量によって、自動車重量税は車両重量によって税額が変わるようになっているので、外車だからといって税金が高くなるということはありません。外車は税金が高いというイメージを持っている人がいるかもしれませんが、それは外車といって思い浮かべるのがベンツやBMWなどの排気量や重量が大きい車だからです。外車であっても小型車であれば排気量が少なく重量が小さいので税金は多くはかかりません。

車検代

車検代は国産車と比べて高くなる場合があります。車検にかかる費用のうち、自賠責保険料、検査登録印紙代は国産車でも外車でも金額は変わりません。また、自動車重量税は上で紹介したとおりです。重量が大きい車であれば税金が高く、小さい車であれば安くなります。外車だから高くなるということはありません。

しかし、整備が必要となった場合、外車は国産車よりも高額となってきます。車両保険の料率クラスが高くなる理由と同じように、部品が国産車よりも高くつくために整備代が高くなってしまいます。結果として、車検時に支払う税金や自賠責保険は変わらなくても車検代が高くなってしまうのです。

燃料代

外車はすべて国産車よりもガソリン代が高くつく、というわけではありませんが、高い傾向にはあります。理由としては、外車は基本的にレギュラーではなくハイオク指定だからです。なぜハイオクかというと、ヨーロッパで主に使われるガソリンのオクタン価が日本のレギュラーガソリンのオクタン価よりも高いからです。オクタン価が低いガソリンを入れてしまうとノッキングの原因となったり、エンジン本来のパワーを出しにくくなったりします。そのため、オクタン価が高いハイオク指定となっており、外車のガソリン代が高くなる原因となっています。

まとめ

外車の自動車保険料は高い、というのは車両保険の料率クラスが高い傾向にあるためです。しかし、料率クラスは型式ごとに統計データから算出しているので、外車だから高いということはありません。外車でも国産車並みの保険料である場合もありますし、逆に国産車でも保険料がかなり高くなることもあります。

その他維持費についても国産車と比べてすべて高いというわけではありませんが、修理代や燃料代など高くついてしまうものがあります。維持費を安く抑えたいのであれば、自動車保険を複数社比較して安いところと契約するなどの工夫をするとよいでしょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.