自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

自動車保険の名義変更のポイントと等級引継ぎ

投稿日:

自動車の所有者が変わった場合や、使用状況が変わった場合など、自動車保険の名義を変更する必要がある場面がいくつかあります。ただし、新規の契約ではなく、等級をそのままに名義の変更をするのにはいくつかの条件があります。自動車保険の名義変更について覚えておきたいポイントについて解説していきます。

自動車保険の名義とは

実は自動車保険には3つの名義が存在します。その3つとは、「契約者」、「記名被保険者」、「車両所有者」です。それぞれの違いについて説明していきます。

契約者」とは、保険会社に自動車保険の契約の申し込みをして保険料を支払う人のことをいいます。契約者には、保険契約時の告知義務や契約内容の変更があった場合の通知義務があり、また、契約の変更・解約などを行う権利があります。事故などを起こして保険金を請求する際には、原則として契約者の同意が必要となります。

記名被保険者」とは、契約の車を主に運転する人のことをいいます。自動車保険の補償の中心となる人で、補償範囲の中心となったり、記名被保険者の年齢や免許証の色などで保険料が決まったりします。等級を持っているのも記名被保険者です。契約者と同じように告知や通知の義務がありますが、契約者と同一である必要はありません。

車両所有者」とは、文字通り契約の車を所有している人のことです。車検証(自動車検査証)に記載されている所有者が基本ですが、ローンで車を購入した場合などで、所有者がディーラーやローン会社、リース会社となっていることがあります。そうした場合は、使用者を自動車保険の車両所有者とします。

等級の引き継ぎができる条件

自動車保険は記名被保険者が変われば、等級は再び6等級から始めなければいけません。しかし、元の記名被保険者と変更先の人の間柄によっては等級を引き継ぐことができます。ただし、事故有係数適用期間も一緒に引き継ぐことになることは覚えておいてください。

配偶者間で変更する場合

記名被保険者の名義を配偶者に変更する場合は別居・同居を問わずに等級を引き継ぐことができます。夫が単身赴任することとなり、その間、妻が車を運転するようになるという場合、記名被保険者を妻に変更しても夫の等級を引き継ぐことができます。

なお、配偶者は法的手続きをしていない内縁関係の場合でも認められます。ただし、ただ内縁関係にあると言い張るだけではだめで、保険会社に内縁関係にあることを証明する必要があります。基準は保険会社によっても異なってくるので、契約している保険会社に事前に確認してみるとよいでしょう。

配偶者以外に変更する場合

記名被保険者を配偶者以外に変更する場合、等級を引き継げるのは同居の親族に限ります。元の記名被保険者とその配偶者が別居している場合、元の記名被保険者と同居している場合でも配偶者と同居している場合でも等級を引き継ぐことができます。

親族に当てはまるのは、6親等以内の血族と3親等以内の姻族です。親等の数える際は、縦に移動し、1つ移動すると1親等増えます。例えば兄弟姉妹の場合、「自分→父母→兄弟姉妹」で2親等、いとこの場合、「自分→父母→祖父母→叔父叔母→いとこ」で4親等となります。

別居の親族には引き継げないので注意

配偶者以外に記名被保険者を変更する場合、「同居」の親族でないと等級を引き継ぐことができません。親から子供や祖父母から孫に変更する場合に、子供が進学や就職、結婚などのために別居していると等級を引き継げません。別居の予定が立っている場合は、同居しているうちに記名被保険者の名義の変更をしておく必要があります。

若い人が自動車保険を契約する場合、保険料は高くなってしまう傾向にあるので、等級を引き継がせて少しでも節約させてあげたいのであれば、同居しているうちに忘れずに名義の変更をするようにしましょう。

名義変更の様々なケース

結婚時の名義変更

結婚する前から自動車保険に加入していて、結婚によって姓が変わる場合、戸籍抄本などの公的書類を添えて、保険会社に変更の申し込みをすれば、簡単な手続きで名義の変更ができます。

旧姓のままで契約していて事故を起こした場合でも、保険の補償対象者と同一人物であると確認が取れれば補償を受けることができますが、それまでに手間がかかります。事故が起きて忙しいときに余計な手間を増やさないよう、結婚して姓が変わったら忘れずに変更の手続きを行いましょう。

親などの契約の「家族」に注意

自動車保険でいう「家族」は同居親族または別居の未婚の子です。結婚した場合、親などの自動車保険の契約の「家族」の範囲に入らなくなってしまいます。一度条件を見直してみるとよいでしょう。

離婚時の名義変更

離婚によって名義変更が必要ない場合は補償範囲の見直しをすればよいですが、名義変更が必要となる場合には注意が必要です。

自動車保険で名義を変更して等級を引き継げるのは先の説明の通り、配偶者間や同居の親族間のみです。そのため、離婚が成立した後は元配偶者や元配偶者の親族の等級を引き継ぐことができなくなってしまいます。そうした場合、新規契約となり6等級からのスタートとなります。

離婚したら「別居の未婚の子」にあたる?

離婚が成立した後、親の自動車保険で「別居の未婚の子」にあたるのでは?と考える人がいますが、残念ながら「別居の未婚の子」には該当しません。未婚とは一度も婚姻歴がないことを意味しているので、離婚して独身になっても「別居の未婚の子」には該当しないのです。

契約者死亡時の名義変更

契約者が死亡した場合、法定相続人が保険契約者となる名義変更手続きを行います。この際、金融口座の名義変更のような大変さはありません。契約者が死亡したことを証明する書類と保険会社に連絡して送られてきた書類で名義変更することができます。

契約者=記名被保険者の場合

契約者=記名被保険者の場合、配偶者や同居親族であれば等級を引き継ぐことができます。ただし、死亡時に限ったことではないのですが、補償範囲を見直すことが必要となります。例えば、父親が亡くなり、記名被保険者を子供に変更する場合を考えましょう。このとき、契約に夫婦限定が付いていた場合、夫婦限定は子供夫婦に適用されるので、これまで補償範囲に入っていた母親(父親の妻)が補償されなくなってしまいます。

必要書類は?

誰からだれに変わるのか、名義を変更するのはどの項目かなど、変更内容によって必要手続きや必要書類は異なります。契約している保険会社や代理店に確認してみるのが確実です。

等級が引き継げない場合は新規での契約となります。「車検証」と「免許証」を用意して新規契約の手続きを行いましょう。

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.