自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

基礎知識

飛び石の被害で車両保険は使える?

投稿日:

自分がどんなに安全運転を気を付けていても飛び石によってガラスが割れてしまうなどの避けられない被害に遭うことがあります。飛び石の被害に遭った場合、車両保険で補償を受けられるのでしょうか。また、使える場合は何か注意すべきことはあるのでしょうか。

飛び石被害でも車両保険は使える

飛び石によって車体やフロントガラスなどに被害を受けた場合でも車両保険を使うことができます。車両保険には一般型と補償範囲が限定されたエコノミー型とがありますが、飛び石による被害は一般型でもエコノミー型でも補償対象です。保険会社によって名称は異なる場合がありますが、飛び石は飛来中または落下中の他物との衝突に該当します。

一般エコノミー
車やバイクとの事故
(相手が判明している場合)
自転車との衝突・接触×
電柱・建物などとの衝突や接触
(単独事故)
×
あて逃げ×
転覆・墜落×
火災・爆発・台風・洪水・高潮など
盗難・いたずら・落書き
窓ガラスの損害・飛び石による損害
地震(津波や地震起因の火災含む)・噴火××

※「一般型」、「エコノミー型」という名称は保険会社によって異なります。また、詳細な補償内容についても保険会社によって異なる場合があります。詳しくは保険会社または代理店にお確かめください。

車両保険を使用する場合の注意点

飛び石による被害は車両保険を使って補償を受けることができますが、いくつか注意することがあります。車両保険を使用する場合の注意点を紹介します。

翌年度の等級が下がる

飛び石は自分の責任ではありませんが、飛び石被害で車両保険を使うと翌年度は1等級ダウンし、事故有係数適用期間が1年加算されます。つまりは翌年度の保険料が高くなり、等級が進むのも遅くなってしまいます。

保険料の値上がりを考えた場合、修理代が少額であれば保険を使わず自分で支払った方がトータルでは安くなることがあります。もし、自分で判断がつかない場合は保険会社や代理店に相談してみるとよいでしょう。

自動車保険の等級制度とは?無事故で保険料が安くなる!
自動車保険には等級制度というものがあり、保険料を決めるうえで重要な役割を果たしています。事故を起こさない人の保険料が安く、事故を起こした人の保険料が高くなるようになっています。保険料を安く抑えたいので ...

続きを見る

石を飛ばした相手に賠償してもらえないの?

飛び石被害で車両保険を使った場合、等級が下がってしまいます。それならば、石を飛ばした相手に賠償してもらえないかと考える人もいるのではないでしょうか。しかし、現実的にはどの車が石を飛ばしたのかを証明することは難しく、また、石を飛ばしてしまった車も基本的に故意に飛ばしたわけではなく、相手の過失を立証することは困難です。こうした理由から、石を飛ばした相手に賠償してもらうのは難しく、自腹で修理するか自分の車両保険を使う必要があるのです。

免責金額の設定に注意

車両保険の免責金額(自己負担額)を設定した場合、車両保険の保険金として支払われるのは修理代から免責金額を除いた金額です。例えば、免責金額を5万円としていた場合で修理代が10万円の場合は保険金として支払われるのは10万円-5万円=5万円です。修理代が5万円以下の場合は免責金額を下回るので車両保険で保険金が出ません。ただし、修理代が数万円で済むのなら等級が下がることを考えると、そもそも車両保険を使うべきかよく検討する必要があります。

自動車保険
車両保険の免責金額とは?いくらに設定する?
自動車保険に車両保険を付帯するときに決める必要があるものに「免責金額」があります。何やら硬い感じの言葉と「0-10万円」のような二つの数字が書いてあり、意味がよくわからないという方もいるのではないでし ...

続きを見る

飛び石被害を受けたらまずは保険会社に連絡

飛び石による被害を受けた場合、最終的に車両保険を使うか否かによらず、まずは保険会社に連絡を行いましょう。飛び石被害によらない部分まで修理してしまい、思っていたほど保険金が支払われないよいう事態を防ぐことができます。また、保険会社は飛び石による損害を何件もさばいていますので、修理や保険を請求をする場合の手順を教えてくれます。

修理代が思ったよりも安かった場合は、車両保険を使わずに自腹で修理するという選択も可能です。保険会社に連絡したら必ず保険を使わなければならないということはありません。車両保険を使った場合の保険料の値上がりのシミュレーションなども相談できますので、飛び石被害を受けたらまずは保険会社に連絡するのがよいでしょう。

フロントガラスの傷を放置してはいけない

保険会社への連絡や修理は面倒だし、飛び石による被害くらい…と考えてフロントガラスに入った傷やヒビを放置してはいけません。走行時の振動や風圧、寒暖差などによって傷やヒビが拡大して修理代が増えてしまう可能性があります。また、フロントガラスに傷やヒビがあると車検が通りません。その車に乗り続けるのであれば、修理したうえで車検を通す必要があります。車検のときになって修理が必要と聞いて慌てないよう、飛び石によってフロントガラスに傷やヒビができたら早めに修理をするようにしましょう。

自動車保険一括見積もりで保険料を安くしよう

飛び石被害によって車両保険を使った場合、翌年度は1等級下がって保険料が高くなってしまいます。また、車両保険をつけていない場合は自腹での修理となります。車両保険を使って保険料が上がるので安い保険会社を探したい、車両保険をつけるので保険料が安い会社を探したいという場合は自動車保険一括見積もりサービスを利用しましょう。一括見積もりサービスを利用すれば、一度に複数の保険会社に対して見積もりを請求することができます。一社一社個別に見積もりを取る必要がなく、手軽に各社の保険料を比較することが可能です。利用は無料で、見積もりを取った保険会社の中から必ず契約しなければならないということもありません。ぜひ一度利用してみてください。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

自動車保険は比較で安くなる!
自動車保険は比較で安くなる!

-基礎知識

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.