自動車保険の上手なかけ方

自動車保険の本来の目的は?

自動車保険の自由化以降、それぞれの保険会社が独自の商品や特約を開発し、活発に広告展開しています。情報があまりにも多すぎて、いったいどこの会社のどんな保険を選べばよいのか、決めかねている人も多いことでしょう。また、最近の自動車保険はさまざまな特約がすでにセットされた状態で販売されているので、一般のドライバーには非常にわかりにくくなっています。

もちろん、すべてのリスクをカバーしてくれるのなら、それにこしたことはありませんが、本当に必要な補償を充実させて、保険料の無駄は省きたいと考えている人は、ここでもう一度「自動車保険」は何のためにかけるのか? ということを考え直してみるべきではないでしょうか。

そもそも自動車保険とは、事故による「損害賠償請求をされた」という状況を想定し、被害者救済が滞らないように(つまりは加害者が金銭的リスクを回避できるように)生まれたものです。万一、交通事故を起こして、他人の生命や財物に損害を与えてしまった場合、加害者はそれを償わなければならないのです。

もし、死亡事故を起こして、遺族に1億円の損害賠償をする必要がでたら、自賠責保険の支払上限である3000万円をオーバーする7000万円を自分で支払うことができますか?

また、自分の過失で高級車に衝突し、数百万円という損害賠償を請求されたら、いったいどうしますか?

こうしたときにカバーしてくれるのが、任意の「対人賠償保険」と「対物賠償保険」です。自動車保険をかけるときは、まずこの2つの賠償保険を最優先で充実させることを念頭に置くべきでしょう。

本当に必要な補償を見極める

自動車保険で第三者に対して損害賠償をするのは

  • ・対人賠償
  • ・対物賠償

となります。万が一あなたの車に友人を乗せて自動車事故を起こした場合、友人も第三者にあたることから、対人賠償で保険金が支払われます。搭乗者傷害は保険会社によっては販売停止となりましたが、あくまでも同乗者に対する御見舞い金としての性質があります。 一方、自動車保険で自分の車の修理代をカバーするのは

  • ・車両保険

となります。見積もりを取得するときには、まず第三者に対する損害賠償保険(対人や対物)を充実させ、その上で私本人に必要な人身傷害や搭乗者傷害保険、車両保険などを組み立てていけばよいでしょう、 もちろん、こういった保険や特約をつけていくと、保険料もそれにともなってどんどん高くなりますが、逆に不必要なものを削っていけば、保険料もそれだけ低く押さえられるのです。

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大