自動車保険の一括見積もり比較

保険の窓口インズウェブ

自動車保険を安くするには

未成年の自動車保険料が高い理由と節約方法

投稿日:

18歳になると車の運転免許証を取得する事が出来ます。未成年者でも車を運転する時には、交通事故のリスクに備えて自動車保険に契約する事が必要でしょう。自動車保険は若年層の自動車事故率が高いことから保険料が高く設定されています。では、そもそも未成年者は自動車保険に契約する事が出来るのでしょうか。また、年齢が低い事から高く設定されている保険料を安く抑える方法はあるのでしょうか。

未成年者は自動車保険に契約できるの?

未成年者も自動車保険に契約できますが、未成年者の自動車保険の契約には親の同意が必要な保険会社がほとんどです。また、未成年者は契約できない保険会社も少なくないようです。

自動車保険では、「契約者」と「記名被保険者」という2つの名義があります。未成年者は、契約者として自動車保険に契約する事は難しくても、両親が契約する自動車保険の記名被保険者として補償を受けられるように手続きをする事は可能です。例えば、自分が主に運転する車の契約者は両親で自分は記名被保険者として補償の備えをしておくのです。また、未成年でも婚姻歴があったり、有職者であったりすると契約が可能であったりと保険会社によって条件はさまざまなようです。

契約者
保険会社に契約の申し込みを行い、保険料を支払う、契約の当事者
記名被保険者
車を主に運転する人。保険証券などに記載されている被保険者

自動車保険に契約しておく事はとても大切な事です。運転免許証を取得して間もなかったり、運転経験が浅い方などは事故のリスクも高くなります。また、未成年者や若者は自動車事故の恐ろしさを甘く見ている傾向があり、スピードの出し過ぎや無理な運転から自動車事故につながってしまう事も多いため自動車保険の契約でしっかり事故を起こしてしまった時の賠償に備えておくことは大切です。

未成年でも自動車保険を安く契約する方法

未成年者の保険料が高くなる理由は、若年層の事故率が高いという事から事故を起こす可能性が高いという点が1つ挙げられます。2つめは、年齢条件の割引は21歳からがスタートとなっているため、割引の適用外となる事も理由の1つです。3つめに、自動車保険の等級スタートは6等級からとなるためです。しかし、条件を見直して上手に自動車保険に契約する事で保険料を抑える事が出来ますので確認しておきましょう。

未成年者の自動車保険が高い理由

  1. 若年層の事故率が高いため保険料が高く設定されているため
  2. 年齢条件の適用外となってしまうため
  3. 自動車保険の初めて契約は6等級からのスタートのため

未成年でも保険料を抑えるポイント

ほとんどの保険会社で未成年者の契約は親権者の同意が必要などの条件付きだったり、そもそも契約が出来なかったりします。未成年でも自動車保険の契約ができる保険会社では、保険料の安い車種を選択したり、運転者を本人限定にするなどで保険料を安く抑える事ができます。また、中古車のため必要ないと判断できれば、車両保険を補償の対象から外すなどの対策も保険料を安く抑えるコツと言えるでしょう。新車であれば、新車割引を利用する事も可能です。

契約ができない場合は、両親などが契約者の自動車保険で補償を受けることとなります。車を専有する場合は未成年者を記名被保険者として契約しましょう。車を家族と共有する場合は、車を主に運転する人を記名被保険者とし、運転者年齢条件を「条件なし」として全年齢補償されるようにしましょう。この場合、保険料が高くなってしまうので、運転者の限定をしたり、補償内容を見直し、必要のない補償を外すなど、検討しましょう。

また、親族と同居であれば等級を引き継ぐことが可能です。記名被保険者の名義変更を行って両親が所有していた車の記名被保険者を自分にすることによって親の等級を引き継ぐ事ができるのです。もう1つの方法としては、セカンドカーとしてセカンドカー割引を利用する事です。新規契約であれば、通常6等級からのスタートとなりますが、セカンドカー割引が適用となれば7等級からスタートできますので保険料の割引率が高くなります。ただし、セカンドカー割引にはいくつかの条件がありますので注意しましょう。

保険料の節約ポイント

  • 運転者の限定をする
  • 同居家族であれば等級の引継をする
  • セカンドカー割引を利用する
  • 保険料の安い車種を選択する
  • 新車であれば新車割引を利用する
  • 車両保険の有無を検討する

まとめ

日本では、18歳になると車の免許を取得する事が可能です。運転免許証を取得したばかりでは、運転経験が浅く事故のリスクも高くなる事が予想されます。また、若年層は、無謀な運転から事故につながることも多くあり、事故率が高いため保険料が高く設定されています。未成年者は、契約者として自動車保険に契約出来ない会社も多くあります。しかし、自動車保険の補償がないまま車を運転する事はとても危険です。両親が契約者の自動車保険に記名被保険者として運転しましょう。または、運転者年齢条件の「条件なし」で家族で車を共有するなど車を運転する時には、必ず自動車保険の補償がある状態でハンドルを握りましょう。

自動車保険の免許を取得した時、自分で契約するにしても、両親が契約者の自動車保険に記名被保険者として契約するにしても保険料は驚くほど高くなってしまいます。保険料を節約するにはいくつかのポイントがありますが、保険会社を見比べてみる事も大切です。保険料が高く設定されている分、保険料の差額においても保険会社によって大きく差が出てくることもあります。保険料の比較を行うには、一括見積もりサイトなどを利用すると便利ですので確認してみましょう。

自動車保険料を安くしたい方はこちらもチェック!!

-自動車保険を安くするには

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

自動車保険の満期日が

今すぐお見積もりを メールでお知らせします
自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

\自動車保険は比較で安くなる!/

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.